2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.11.03 (Tue)

ミッドナイト☆ヴァージン 第35話紹介

 さて、今日はこのブログの中で完全に、私の自己満足でのみ成立しているミッドナイト☆ヴァージンの第35話の紹介です。
 更新されたのは予定より1日遅れの10/31でした。
 スタッフの方々は少しでも面白くしようとギリギリまで頑張っているのですから、このへんは私としては全然許容範囲内です。

 私のこの拙い紹介でも、ミッドナイト☆ヴァージンを読み始めてくれた人もいます。
 そういうのを聞くと、やはり励みになります。

 では、ミッドナイト☆ヴァージン第35話の紹介を始めます。


【More・・・】

第35話 『羽化』

 ミッシェルと珠の対戦を、生徒会主計局長の瀬戸真琴は、留守を預かる生徒会地下中枢部・コントロールルームのモニターで見ています。
 瀬戸真琴については紹介していませんでしたが、キャラクター紹介では次のように記されています。

 何十億円と言われる学園の財政を取り仕切っている。
 計算が得意でてきぱきと事務仕事をこなし、世話焼きな性格のせいか、よく「おばさんっぽい」と言われる。
 小田桐かすみ(生徒会副会長)とはルームメイト。
 総合商社の令嬢であり、父親の出張で中国沿海部で過ごしたことがある。


 ヴァージンランクは14位と、他の主な生徒会スタッフに比べて低いですが、実務派といったところでしょうか。
 そこへ、翡翠翠と知念朋美が生徒会エリアに侵入してきました。
 生徒会長・麻生静をはじめとする主要スタッフがミッシェルと珠の対決を直接見ている隙をついての行動です。
 当然、真琴には止められるはずもありません。
 朋美は自らの能力『ナイロン・ニューロン』で地下区画を探りますが、局所的な情報しか得られません。
 そこで、朋美は大技『蜘蛛糸梓弦(くものいとあずさのゆみきり)』を発動します。
 そして、生徒会スタッフの真琴も知らない隠しコマンドによって、さらに地下深くの階層へ下りていきます。
 MV_35_1.jpg
  ▲ 『蜘蛛糸梓弦』を発動する朋美とその背中を支える翠、それを見つめる真琴

 一方、ミッシェルと珠の戦いは、ミッシェルが珠を圧倒します。
 宙に浮かび、遠隔攻撃を行うミッシェルに対して、接近戦を得意とする珠はなす術がありません。
 ボクシングで例えるなら、インファイターがアウトボクサーにいいように距離を取られて、自分のボクシングをさせてもらえないという状態でしょうか。
 誰の目にも勝敗は明らかでしたが、珠がミッシェルに向かって駆け出します。
 今まで恐怖心で三段までしか駆け上がれなかった空気の階段を、負けたくないという気持ちからグングンと駆け上ります。
 そして、ついにミッシェルに攻撃できる距離まで詰め寄ります。
 MV_35_2.jpg
  ▲ 限界を超えて戦う珠とミッシェル
 
 このとき、この戦いを見ていた生徒会長・麻生静が呟きます。

 「溢れちゃった。オーバーロード、しちゃった・・・・・・残念だけど二人とも」

 果たして、これは何を意味するのでしょうか?

 そして、場面は翠たちへと戻ります。
 翠たちはついに地下区画のある部屋のドアの前に到着しました。
 そして、ドアは苦もなく開きますが、そこには誰もいません・・・。

 というところで、第35話は終わりました。

 次回はついに第三章「少女騎士たちの黄昏」編の最終回です。
 タイトルは「右腕のシナリオ」です。
 どのような結末が待っているのか興味は尽きません。

 では、このへんで失礼ます。
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り作品 - ジャンル : 小説・文学

13:12  |  M☆V  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiaibl.blog88.fc2.com/tb.php/73-64830e75

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。