2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.02.07 (Sat)

セガチュー「危機の核」感想もどき

 立春も過ぎ、暦の上では春を迎えましたが、まだまだ寒い日が続く今日この頃。
 年が明けて1ヶ月ちょっとだというのに、世間ではえらい事件や出来事が立て続けに起きています。
 そんな慌ただしい現実から逃避している本ブログも今回で今年6回目の更新となりました。
 本当に継続できるのか不安でしたが、ここまでは何とか順調といったところでしょうか。

 では、果てしなく周回遅れとなっているセガチュー感想を始めます。

【More・・・】

 前回、クリスタルが攻撃を放ったところで終わりましたが・・・。
 危機の核_001
 お約束どおりに倒されたベリジアさん。
 最初に一方的に攻撃してたのに、主人公(または主人公の味方)の反撃の一撃で負けてしまうというバトル漫画の王道パターンです。
 ここまでパターンにはまっていると、清々しさを感じてしまいます。

 クリスタルとの力の差を認め、己の過去を語り出すベリジア。
 危機の核_002
 ここでようやく「双子宣言」がきました。
 たぶん、クリスタルとベリジアは二卵性でしょうかね?
 ベリジアは母親似、クリスタルは父親似でしょうか?。
 しかし、前回のクリスタルの「双子の姉」のくだりはなんだったのでしょう。
  ①クリスタルのうっかり → わ、私だって間違えることはありますわ・・・
  ②クリスタルの悲劇補正 → ただの姉より、双子の姉の方が悲しさが倍増ですわ!
  ③作者様のうっかり → こんな単純なミスを・・・く、くやしいっ・・・

 さらに過去を語るベリジア。
 危機の核_003
 生まれつき心臓に欠陥があり、継承問題で混乱をしないために存在を消され、隔離されたベリジア。
 だけど、クリスタルに万が一のことがあって、王位を継承できなくなったときはどうするつもりだったんでしょうか?

 そして、まったく関係ありませんが、私の場合は似たような設定として思い浮かぶのは次の兄弟です。
 危機の核_番外
 知っている人もいるかと思いますが、車田正美先生の「リングにかけろ」のキャラクターで、左が兄の剣崎順、右が弟の影道殉です。
 剣崎家は財閥で「後継者は二人も必要ない」というしきたりにより、弟の殉は生まれてすぐに養子に出されてしまいました。
 でも、漫画を読んでみると弟の方が人格者のような気がします。

 話を元に戻します。
 「失敗作なんだ」と泣くベリジア。
 危機の核_004
 その前にいろいろ言ってますが・・・
 ベリジア「王家の血筋を引いているのに」 → クリスタル「私も引いてますが」
 ベリジア「キラーなのに」 → クリスタル「私もキラーですが」
 ベリジア「こんなにも強いのに」 → クリスタル「いや、お前全然よえーし・・・」
 といったところですね。

 エフェレフが目指している高みの尊さを語るベリジア。
 危機の核_005
 さりげなく「私たち」と自分を含めようとするベリジア。
 だから、あんたは生まれてすぐに王位継承から外されたという現実を受け止めろ。

 そして、なぜかクリスタルに説教じみた発言をするベリジア。
 危機の核_006
 クリスタルに「目指すことができる権利」はあるのに、「立ち止まる権利」はないとか言ってますが、あんたに人の権利について、あーだこーだと言う権利はないと思います。

 そして、「私に出来ることはこれだけだ・・・」と妖しく微笑むベリジア。
 危機の核_007
 クリスタル「うわっ、コイツの目つきやべえ・・・」

 己を剣で貫くベリジア。
 危機の核_008
 天丼キターーーーーーーーーーーーー!
 この「天丼」はお笑い用語の方で、「同じギャグやボケを2回繰り返すことによって笑いをとる手法。由来は、天丼に海老が2本乗っているところから」だそうです。
 母親と同じことをやって受け狙いに走るベリジアさんです。

 しかし、ぶっ倒れるベリジア。
 危機の核_009
 おいおい、母親は倒れなかったぞ・・・。

 ダメダメなベリジアの回想シーンが始まります。
 危機の核_010
 ママは今、どこにいるの? → クリスタルの中にいます。
 私の育てたお花を見せてあげたいです。 → もう無理です。
 これがちょうど1000通目の手紙 → 手紙にナンバリングでもしてたのか?

 天丼が失敗したベリジアさんは、今度はクリスタルに同情し懇願を始めます。
 危機の核_012
 もしかして、ベリジアってかまってちゃんですか?

 「私の誇りや夢・・・・・・全部あげるから・・・」と言うベリジア。
 しかし、クリスタルの表情が微妙です。
 危機の核_013
 「なんで、こんなのが姉なわけ?超ウザいんだけど・・・」

 結局、ウザいベリジアを吸収したクリスタル。
 危機の核_014
 しかし、クリスタルは後ろ向きが似あいますな。
 普通、背中で語るのは男なのですが、そういう意味ではクリスタルは男前なのかも。
 クリスタルの後ろ向きの立ち姿は次のように以前にもありましたね。
 危機の核_番外2

 場面は変わって、かぼちー登場
 危機の核_015

 かぼちーと話しているのは・・・
 危機の核_016
 前々回ベリジアに斬られた元老院のおっさんでした。
 しかし、どうやって助かったのでしょうか?
 ベリジアに斬り倒されて間もなくあの部屋はベリジアの攻撃でメチャクチャになってるはずなのに・・・。

 そんな私の「?」をスルーして、おっさんが見せたのは・・・
 危機の核_017
 うぎゃああああーーーー! 誰得だよ!?

 私の叫びを無視して話を進めるおっさんとかぼちー。
 おっさんから望みをかなえてやると言われたかぼちーは・・・。
 危機の核_018
 今や定番となった悪顔を披露します。

 そして、おっさんからの問いかけに答えるかぼちー。
 危機の核_019
 どうやら、おっさんもかぼちーのシナリオについては完全に把握はしていないようです。
 こうなると、ベリジアの存在も怪しくなります。

 今回はここまでです。
 えー、ベリジアについてボロクソに書いてますが、私はこういうツッコミどころのあるキャラは感想(?)を書くのが楽なので大好きです。
 次回の更新予定は来週の土曜です。

 では、失礼します。
スポンサーサイト
20:23  |  セガチュー感想  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2015年02月08日(日) 07:14 |   |  【コメント編集】

●承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2016年10月31日(月) 22:03 |   |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiaibl.blog88.fc2.com/tb.php/623-e0d93df3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。