2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.01.25 (Sun)

セガチュー「ガラスの犬と野心と欲望」感想もどき

 気を抜きまくってたら2週間が経過していました・・・。
 そろそろ感想を書こうと思いながらも、なかなかモチベーションが上がらず、結構時間が取れると思っていた入院生活もまとまった時間が取れず、溜まりまくった感想の数に溜め息をついていたらこのザマですよ・・・。

 こちらは先週の木曜日に一般病棟から療養病棟へ移動しました。
 別に私の体調が変わったわけではなく、当初より希望していた療養病棟に空きができたので移動したという感じです。

 さて、セガチューの感想ですが、こちらがサボっている間に本編は第4部が終わり第5部に突入しています。
 で、私の感想は第4部の第12話「新世紀のクリエイター達へ」までしか書いていません。
 「2年前の話の感想を書いても需要はないよなぁ」とか、「第5部から再開というのもなんかあれだよなぁ」などと考えては迷い、迷っては考えという感じでグダグダしましたが、第4部の第13話から感想を書くことに決めました。
 果たして本編に追いつくのがいつかはわかりませんが、頑張ってみようと思います。

 では、読みたい人だけお読みください。


【More・・・】

 コンシューム大陸のジブラキデル島にミゴル達コンシューム大陸攻略部隊が上陸します。

 ガラスの犬と野望と欲望_001

 コンシューム大陸攻略部隊とテジロフ達が勢揃・・・あれ、バルザックがいない!?
 前回パクノスの気迫にのまれたショックから回復していないのか、はたまた単に留守居役を命じられたのか?
 まあ、たいしたことではないので次に進みます。
 それより気になったのは「偉業の始まりだった」とありますが、あのミゴルに偉業ができるのか疑問・・・というか無理な気がします。

 そこへ、医療部隊と補給部隊が続々と到着します。
ガラスの犬と野望と欲望_002

 そして、その中にいたのは・・・!

ガラスの犬と野望と欲望_003

 死んだはずのトリッシャでした(いや、死んでねーよ)。
 ポンヤサの事故で「2分間で5人に応急処置を施す」という無双をしたと私が勝手に決めつけたトリッシャですよ。
 意識不明となったはずですが・・・。
 まあ、この段階ではあのトリッシャかどうかはわかりませんけど。

 そして、彼女がトリッシャなのかを真っ先に確認しなければならないはずのミゴルはというと・・・。

ガラスの犬と野望と欲望_004

 ただ驚いているだけです。
 トリッシャはミゴルに最も影響を与えた人だと思うんですが、そのトリッシャとそっくりな女性を見たら駆け寄って確かめようとしませんか?
 現実では無理かもしれませんが、漫画やアニメやドラマや映画なら駆け寄る展開だろうに(セガチューは漫画だし・・・)。
 これから医療部隊が多数送られてきて、トリッシャが離れた場所に配置されてしまったら会えない可能性もあるのに・・・。
 所詮ミゴルはこんな奴ということか・・・。

 そして場面はニンテルドに移ります。
 ジブラキデル島にゾルディア軍が上陸したという情報を知らせるファーエ。

 ガラスの犬と野望と欲望_005

 本編では次週あたりにかなりのピンチに陥りそうなファーエですが、この時点ではまだ安全です。

 ガラスの犬と野望と欲望_006

 その知らせを聞いたゼリグは「想定内」と特に驚くこともありません。
 しかし、スロヴィア王国がゾルディアに味方したのは意外だったようです。
 まあ、外交なんてテーブルの上では握手をして、テーブルの下では蹴り合いをしているようなものだし、大きい戦争はなくてもコンシューム大陸はまだきな臭いですし、裏切りなんて日常茶飯事でしょうね。

 ガラスの犬と野望と欲望_007

 そして、この無駄にカッコいい(?)決めポーズ。
 はいはい、あんたはカッコいいですよ(棒)


 そして、今度はゾルディア帝国に舞台は移り、時間も数カ月遡ります。
 そこには、引きこもりニートと化したクリスタルがいました。

 ガラスの犬と野望と欲望_008

 親友に裏切られてゾルディア帝国に連れて来られて、無理にCDキラーに改造されたのだから仕方がないかもしれませんが・・・。
 下着姿のままっていうのはよくないと思うの。
 仮にも一国の王女なのだから身だしなみは最低限でも整えないといかんでしょ。
 ネット社会だったら、下着姿が拡散されまくってるだろうな。
 しかし、クリスタルの食事を運ぶ兵士にとっては堪らないでしょうな。
 案外、食事を運ぶ役目はすごい競争率だったりして。

 食事を取らず、吸収もしないクリスタルに対して元老院は・・・
 
 ガラスの犬と野望と欲望_010

 すごく自信満々です。
 そして。元老院たちの前にやって来たのは・・・

 ガラスの犬と野望と欲望_011

 エストリア国の魔女かぼちーでした。
 というか後ろのタコはペットなんでしょうか?
 かぼちーの異常なまでの低姿勢も気になるけど、タコの方が気になってしまう・・・

 ガラスの犬と野望と欲望_012

 そんな私の気持ちを華麗にスルーして話を進める元老院とかぼちー。
 シナリオとは何でしょうか?
 それよりタコが気になる・・・。

 ガラスの犬と野望と欲望_013

 そして、成功報酬(?)について切り出すかぼちー。
 それよりタコの方が(ry

 ガラスの犬と野望と欲望_014

 承諾する元老院。
 すると、かぼちーは・・・

 ガラスの犬と野望と欲望_015

 こちらの期待を裏切らないワル顔キタ―ーーーーー!

 今回はここまでです。

 かぼちーのシナリオとは?
 クリスタルは吸収をするのか?
 タコの正体は明らかになるのか?
 そして、次の感想の更新はいつなのか?

 それでは失礼します。
 
スポンサーサイト
16:00  |  セガチュー感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiaibl.blog88.fc2.com/tb.php/620-1946b70a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。