2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.09.30 (Sun)

セガチュー「明日すぎるね」感想もどき

 土曜に無印で3戦ほどしましたが1勝2敗でした。
 だからどうしたということもないのですけどね。
 そして、今日起きて確認したところセガチューが更新されてました。
 しかも、表紙を含めて28ページも・・・。
 感想を書く身としては半分くらいの物量にして欲しいです。
 でも、感想を書かないとゆにたんの感想が読めないので、頑張って感想を書きます。

【More・・・】

 今回のタイトルは 「明日すぎるね」 です。
 前回は不気味な家電製兵に乗って襲ってきた悪の軍団(?)ゾルディア軍の前に正義の味方(?)のヴァイズが現れたところで終わりました。

 そして、睨み合うヴァイズとミゴル。
 明日すぎるね_01
 ミゴルにいまいち感情移入できない私はヴァイズを応援してしまいます。
 パターン的には先に仕掛けた方がやられる可能性が高いのですが・・・

 で、先に仕掛けたのはヴァイズでした・・・。
 明日すぎるね_02
 これでヴァイズに負けフラグが立ちました。
 歴史的にはゾルディア無双となるので仕方ないのでしょうが・・・。

 そんなことお構いなしに竜咬斬(かぶりつき)を放つヴァイズ。
 明日すぎるね_03
 ああ、負けフラグを立てないで・・・。

 さらに、ファイヤーバブルまで放ちまくるヴァイズ・・・。
 明日すぎるね_04
 願いも空しく、十分にフラグは立ちまくりました・・・。

 一方、ヴァイズの攻撃に驚くゾルディア勢。
 明日すぎるね_06
 普通に解釈すればヴァイズの思わぬ強さにちょっと焦っているというとこでしょう。
 しかし、一方でこういう見方もできます。

 「こいつ、味方の艦の上なのにオレたち以上にメチャクチャしてやがる・・・」

 しかし、ヴァイズの攻撃に対して無傷なミゴル。
 明日すぎるね_05
 本来ならヴァイズが焦るシーンなのですが、「あれっ」で済ましてしまうヴァイズ。
 イベイザーも言ってましたが、ホントにやる気が感じられません。
 自由すぎるぞ、お前・・・。

 ヴァイズの強さを認めたミゴルが本気になります。
 明日すぎるね_08
 どうやらミゴルはここまで本気ではなかったようです。
 しかし、これはドラゴンボール的には敵側の展開です。
 ヴァイズが不利なのでしょうが、ゾルディアの悪役ポジションは盤石のようです。

 そして、ミゴルが本気になったのを喜ぶバルアック。
 明日すぎるね_09
 バルザックがミゴルを 「CDキラー適合率No.1」 と言ってます。
 私は 「CDキラー」 とは 「人の命を吸収したCDを付けてキラーとなった人間」 と理解しているので、ここは 「CD適合率」 でいいんじゃないかと思うんですけど・・・。
 まあ、コミュ障揃いのゾルディア軍ですから、こんなことを言っても 「こまけえことはいいんだよ」 で済まされそうです・・・・・・。

 そんな私の疑問などいつもどおりにスルーしてミゴルが反撃をします。
 明日すぎるね_10
 前回、バルザックにやり過ぎるなと言っておいてそれ以上の攻撃をしたミゴルですが、今回はそれよりも遥かに破壊力がある攻撃です。
 漫画の中では触れられていませんが・・・

 さっきのヴァイズの攻撃とこのミゴルの攻撃に巻き込まれたバナル軍の兵がいたと思います・・・。

 さて、ミゴルの攻撃を受けたヴァイズはいかに?
 明日すぎるね_11
 バブルプリズンで防いていました。
 「ふ~・・・あぶない・・・」 と言うヴァイズですが、バナル軍の兵にとっては 「危ないのはこっちだよ!」 と言いたいでしょうね。
 でも、ミゴルの本気の攻撃を防いだバブルプリズンの強度は相当のものです。

 お互いの攻撃を防いで再び睨み合う二人ですが・・・
 なんか横槍が入ります。
 明日すぎるね_13
 この場面で横槍を入れるというか、入れられる人間はアイツしかいません。

 電化製兵に乗ったテジロフの登場です。
 明日すぎるね_12
 しかし、人気投票5連覇のテジロフが乗ってもカッコよく見えない・・・、

 テジロフの仲裁でヴァイズとミゴルの闘いは終わり、バナル軍との戦いはゾルディアの勝利となりました。
 結局、戦艦同士の戦いはなくゾルディアのCDキラーの力で押し切ってしまいました。
 まあ、戦艦同士の戦いを描いても盛り上がりませんけどね。

 あと、ミゴルのはからいでバナル軍の兵で希望する者はゾルディア軍に合流し、コンシューム攻略部隊の別部隊として活動するとのことですが・・・。

 え、それいいの!?

 いくら攻める場所が同じとは言え。違う国の軍隊なんだから 「コンシューム大陸行きたい人は手を挙げて」 的に決められるようなものではないと思うのですが。
 それと、希望しなかった人はどうなったんでしょうか?
 そのままバナルへ帰還させたんでしょうか?
 この件について、ゾルディアとバナルとの間で話し合いは行われたのでしょうか?
 ゾルディア軍に合流したバナルの兵士が国に帰った時に処罰されないのでしょうか?

 みんなを幸せにしたいミゴルは彼らを幸せにできるのでしょうか?

 戦いの後、ツェリスがミゴルの判断を気にしてミゴルに確認します。
 明日すぎるね_14
 どうやらこの部隊の実質的なリーダーはミゴルのようです。
 まあ、ツェリスは15歳なので部隊の指揮は厳しいでしょう。
 ただ、上官を殴ったミゴルを指揮官にするのも問題なので、ツェリスを名目上の指揮官にしたといったところでしょうか?

 そんなツェリスにミゴルが答えます。
 明日すぎるね_15
 「みんな分ってくれると思っているよ」
 その根拠のない希望的な観測はなんなんだ!?

 「ボクは戦争がしたいわけじゃない」
 あなた、ゾルディア軍の少佐ですよね?
 そして、コンシューム攻略部隊の実質的リーダーですよね?
 艦隊を率いて兵器たくさん積んでますよね?
 戦争したくないなら軍を辞めるべきではないでしょうか?

 「新しい大地でみんなが幸せに暮らせる国を作りたい」
 新しい大地と言っても人がたくさん住んで、国があるんですけど・・・。
 そこに国を作るってことは侵略するしかないと思うんですけど・・・。
 侵略する以上、戦争は不可避だと思うんですけど、前の発言と矛盾しませんか・・・。

 そして、以前は専門外だった機械については勉強して家電製兵を整備できる腕前にはなっているようです。
 トリッシャの件があるので、贖罪としての意味があるのかもしれません。
 でも、コンシューム攻略部隊に家電製兵の整備兵っているよね?
 あなたのその行為は下手をすると整備兵を信用していないって思われますよ。

 一方、場面は変わってテジロフとヴァイズ。
 明日すぎるね_17
 この後は、テジロフがいろいろと説明するのですが長いので、三つほどピックアップします。

 1)コンシューム攻略部隊には全部そろってる
 明日すぎるね_19
 国の規模は確かに大きいです。
 戦闘力も家電製兵やCDキラーなどコンシューム大陸のどの国よりも勝っています。
 人材・・・は兵士と言うことならCDキラーがいますけど・・・。
 人格者と言う意味における人材はいません!

 2)ミゴル少佐について
 明日すぎるね_21
 この前にミゴルに 「マルクスに似たような何かを持ってる」 とテジロフは言ってます。
 そして、この発言です。
 悪いやつではなく、素質もあるけど、「中身」 が成熟していない。
 今までのミゴルを見てれば的確な表現でしょう。
 まあ、あれで中身が成熟してたら救いようがないと思います。

 3)何も響いてこない
 明日すぎるね_20
 コンシューム攻略部隊の人間の信念、目的、動機がテジロフには響かないようです。
 では、逆に響いた例を見てみましょう。

 ≪例1.セグア王国 ギアさんの場合≫
 明日すぎるね_23

 ≪例2.イコルパ村 プルルさんの場合≫
 明日すぎるね_24

 ≪例3.ニンテルド帝国 ゼリグさんの場合≫
 明日すぎるね_25

 果たして、コンシューム攻略部隊はテジロフの心を響かせることができるのでしょうか?

 ということで、今回はここまでです。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

18:02  |  セガチュー感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiaibl.blog88.fc2.com/tb.php/600-7cc8447e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。