2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.09.05 (Wed)

セガチュー「感謝 後編」感想もどき

 ゆにたんブログで火曜にセガチュー更新があると書いてあったので、今日の昼に確認してみたら確かに更新されてましたされてました(ゆにたんのストーカー機能は本当に便利です)。
 しかも30ページでした・・・。
 私の感想は内容の薄さをカバーするために画像を貼って誤魔化しているので、ページ数が多いと感想を書く気力が一気に削がれます・・・。
 これは 「貴様のイタイ感想なんか見たくもない!」 という作者様の意思表示でしょうか?

 そんなことを思いながらも追記から今回の感想です。

【More・・・】

 今回のタイトルは 「感謝 後編」 です(前回が前編だったので当然でしょう)
 内容的には私も含めたほとんどの読者の想像通りに次のような展開でした。

 ポンヤサで事故または事件発生
     ↓
 トリッシャの身に不幸
     ↓
 レヒアルの無情な言葉もしくは行動
     ↓
 ミゴルがキレてレヒアルを殴打
     ↓
 ミゴルはコンシューム大陸侵略部隊へ異動

 このように内容は予想どおりでしたが、いろいろと調べた結果(時間がなかったので、たいしたことはないのですが・・・)今回の主役はトリッシャでした。
 作中ではさらりと流されてますが、私は トリッシャ無双 だと思いました。

 ポンヤサの人たちとゾルディア軍の交渉は座礁し、一部の労働者が家電製兵を使わずに作業を続けますが、炭鉱はすでに人間だけでは作業ができるような環境ではなくなっていました。
 感謝後_01
 交渉は座礁とありますが、前回のレヒアルの態度を見れば実際には 交渉ではなくヤクザまがいの脅迫 だったのでしょう。

 そして、起きた大惨事。
 感謝後_02
 一酸化中毒とありますが、これは一酸化炭素中毒でしょう(あとで修正されるかもしれませんが)。

 そして、次のページでいきなりトリッシャさん退場とそれに言葉もないミゴル。
 感謝後_03
 というかミゴルは監視が任務だったはずですよね。
 だったら、炭鉱夫が無茶な作業をしないように監視するのも任務ですよね?
 そして、事故が起きたらパニックにならないように指示するよね普通?
 なんの装備もしていないトリッシャが事故現場に入ろうとしたら止めるよね普通?
 それとも家電製兵を使った作業じゃないから監視はしなくていいという上司の命令でもあったんですか?

 助かった人たち(?)がトリッシャの行動を語ります。
 感謝後_04
 ここで語られたトリッシャの行動を少し真面目に検証したいと思います。
 まず、一酸化炭素中毒になるとどうなってしまうのかというと・・・。

 一酸化炭素中毒
 トリッシャは死んではいないので、空気中における一酸化炭素濃度が 0.08% の環境で応急処置をしたと想像できます。

 次に「死体の多くは応急処置が施されていた」とありますが、「多く」とはどの程度なのでしょうか?
 「多く」の類語として「大部分」があります、
 「大部分」を調べるとその類語として「大抵」、「ほぼ」、「ほとんど」があります。
 これらの言葉が全体の何パーセント程度を意味するのかは人によって様々でしょうが、「大抵」は 60%、「ほとんど」は 80%、「ほぼ」は 90% もしくは 99% 程度と考えている人がいるようですし、私もそんなものかなと思っています。
 かなり幅がありますがここでは 「多く=75%」 としましょう。

 今回の事故では420人が死亡しているので、75% だと315人ということになります。
 ということはトリッシャは2時間で失神する環境下で315人に応急処置を施したことになります。
 これは 2分間で5人に応急処置を施した ことになります。

 で、一酸化炭素中毒になった場合の処置はというと・・・。
 応急処置
 換気できる環境ではないので1は無理ですね。
 暖房器具は使っていないと思うのでと2は意味ないですね。
 ということで、トリッシャは315人もの人を新鮮な空気がある場所(地上?)に連れ出したわけですね。
 ・・・・・・いや、これ普通に考えて絶対に無理だろ・・・・・・。
 しかし、「応急処置が施されていた」という証言があるので信じない訳にはいきません。
 ということで、

 トリッシャSUGEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE~!

 ここまで無双を発揮できたのも、自分の意見で家電製兵を導入してしまったという背景があるからでしょう。
 感謝後_05
 しかし、町の人たちがそのへんをちゃんと理解してくれていて多少は救われます。
 私は町の人たちからトリッシャが責められるんじゃないかと思っていましたから。

 そんなトリッシャの行動と気持ちを察して涙を流すミゴル。
 感謝後_06
 「本当にみんなのことを第一に思ってる人だったんですね・・・」
 うん、確実に君よりは遥かに思っていたと断言できるよ。

 そして、そんな事故なんか知ったことかといわんばかりのレヒアル大佐。
 感謝後_07
 こいつの頭の中にあるのはボーナスだけだな・・・。

 そんなレヒアル大佐の言葉など全く耳に入っていないミゴルは自分にできることは何かを自問自答します。
 感謝後_08

 そして、思いついたのは・・・。
 感謝後_09
 ただの「ごめんなさい!」でした・・・。
 ミゴルの気持ちは分からなくもありませんが、責任者でもないミゴルが謝っても意味ないですよね。
 それに世の中にはやっていいことと悪いことがあって、やって悪いことには謝って済む問題と済まない問題があって、今回の件はポンヤサの人たちにとっては明らかに後者なんですよね。

 ミゴルの行動に当然キレるレヒアル。
 感謝後_10
 レヒアルがミゴルに殴られるのはわかっているので、このへんは手短に済ませてほしいです。

 さらにキレまくるレヒアル。
 感謝後_11
 結果はわかってんだからそんなにねばるなよ・・・。
 ていうか、ミゴルも早く殴れよ・・・。

 私の願いもむなしく、さらに吠えまくるレヒアル。
 感謝後_12
 わかったからお前(レヒアル)は早く殴られろ!
 そして、お前(ミゴル)はマジで早く殴れ!
 それから作者様、歯並びの悪い口元をアップにしないでください・・・。

 ついに怒りが爆発してレヒアルを殴るミゴル。
 感謝後_13
 やっと殴りました・・・。
 普通ならトリッシャがああいう状態になった直後に部屋に殴りこんでフルボッコにしてもいいレベルなんですけどね。
 狂獣という割にはおとなしすぎる感じがします。

 当然、他の兵に制止させられるミゴル。
 感謝後_14

 そして、本隊から外されコンシューム大陸攻略部隊に配置替えとなります。
 感謝後_15
 やっぱり、コンシューム大陸攻略部隊って問題児ばっかりの 独立愚連隊 だったんですね・・・。

 そんなミゴルの前に宣言通り(?)ミゴルより偉くなったツェリスが現れます。
 感謝後_16
 このへんは3年後なんでしょうか?
 それとも2年後なんでしょうか?
 家電製兵の保証期間が何年か分りませんが、いくらコネがあると言っても1年で軍隊に入って中佐というのはリアルな話無理があります。
 また、戦争の準備もあると思うので3年後というのも考えにくいです。
 ということで、私的には2年後くらいかなと思っています。

 あんなことがあってもゾルディアの技術に誇りを持っていると言うミゴル。
 感謝後_17

 感謝後_18
 「みんなの役に立ちたかった」
 え、なんで過去形なの!?
 まさか、第4部はミゴルの回想でしたっていうオチですか、作者様!?

 ということで今回の感想は終わりです。
 時間がないのでかなり手を抜いたらイタさ加減が5割ほど増した感じです。

 来週は海戦勃発のようです。

 果たして、第4部はミゴルの壮大な回想なのか?
 クルクルパーになってしまったトリッシャの再登場はあるのか?
 実に興味尽きない展開です。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

23:25  |  セガチュー感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiaibl.blog88.fc2.com/tb.php/595-870cbcbd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。