2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.04.14 (Thu)

はじめようマイ・キングダム ~プレイ記録 : 新仕様対応?~

 明日は私が主催するコンクエの大会ですが、事前申し込みは 1 名です。
 新年度が始まったので飲み会などで参加できないのか、大会自体に興味がないのかわかりません。
 どうなるのでしょうか・・・。

 そんなときなのに、今日はマイ・キングダムのプレイ記録です。
 猛獣退治の仕様が変更されたので、それに対応した(つもりの)配置に変更しました。

 今回の記事は、「はじめようマイ・キングダム ~プレイ記録 : まったりプレイ中~」 と併せて読んでいただけると理解できると思います。



【More・・・】

 まずは現在の私の国の状況から説明します。

1.国の状況
 現在の私の国の状況は次のとおりです。

 ・国名変更?
  現在の国の名前と経験値は次のとおりです。

  意思表示

  国名を変更したというよりは、マイミクの皆さんに対する私の猛獣退治に対する意思表示です。
  猛獣退治の仕様変更により、マイミクの猛獣を退治していいのか、いけないのか悩む機会が増えました。
  以前の記事で猛獣退治はOKと書きましたが、国の名前としてあらためて 「猛獣退治OK」 であることを表しました。
  ただし、あくまでも正式な国名は Calm Kingdom です。


 ・人口と戦力
  現在の人口と戦力は次のとおりです。

  人口と戦力

  人口は相変わらず 1 万人に足りません。
  そもそも店が少ないので、就労人口が 6000 人未満で足りてしまいます。
  戦力は一時期 41 万を超えていましたが、兵士の育成をやめたのでこのここまで減少しました。
  私なりに決めた猛獣退治のルールに従って猛獣退治をしていますが、1 日当たり 5000 ~ 6000 の割合で戦力が減っています。


 ・コインと資源
  現在のコインと資源は次のとおりです。

  現在の資源

  コインについては十分です。
  ハッピーコインはこの前の配置換えで 54 枚使ってしまったのと、花見イベントで桜餅屋を買ったのでここまで減りました・・・。
  資源は石材が不足していますが、これは新規に歯医者を 4 軒、邸宅を 12 軒建てて、レベルアップさせたために消費したためです。


 ・猛獣退治について
  次はいろいろと問題のある猛獣退治についてです。
  上でもちょっと触れましたが、猛獣退治に対しては自分なりのルールを決めて行っています。
  ただ、これは私が勝手に決めたルールなので、独善的な部分もあると思います。
  そのルールとは次のようなものです。

  1) 猛獣退治OKを明言しているマイミクの猛獣はすべて退治します。
   私のマイミクの方々の中には、国名を変更して 「猛獣退治OK」 と明言している人が何人かいらっしゃいます。
   また、普段メッセなどで 「猛獣狩ってもいいですよ」 と言ってくれている人も何人かいるので、そこでは遠慮なく猛獣を退治しています。

  2) 猛獣退治NGを明言しているマイミクの猛獣は退治しません。
   逆に、「猛獣退治NG」 と明言しているところの猛獣は退治しません。
   ただ残念なことに、NG宣言しても猛獣を退治されるという人もいるようです・・・。
   人によって国の状況は違うので、その人の意思は尊重すべきだと思うんですけどね。
   しかしながら、私のマイミクの中でNG宣言をしている人は 0 です。
   NG宣言しても退治されるから無駄と判断しているためでしょうか?

  3) 意思表示がないマイミクの猛獣は 1 匹だけ退治します。
   一番判断に迷うところで、大部分のマイミクがここに属します。
   今回の仕様変更で猛獣は共有する感じになりました。
   人によって重視しているものが違うので、退治し過ぎると迷惑となってしまいます。
   したがって、1 匹だけ退治させていただいています。


 ・トレードについて
  11 日よりトレード機能が実装されました。
  コインで資源(食料、木材、石材)を買ったり、資源を売ってコインを獲得することができます。
  私の国は上で紹介したように石材が不足しているので、石材を輸入しています。
  ただし、まったりとやりたいので 24 時間を選択しています。


2.配置計画
 ・配置案と国の景観
  例によって、配置替えをする前に配置計画案を練りました。
  これをやるのは非常に楽しいのですが、やるたびに自分が 「痛い人」 のように思えてなりません。
  そのうち憲法とか発布するんじゃないかとハラハラしています・・・ (そこまでやったら人生後戻りできない気がします)。
  ただし、今回は一気に変えるのではなくて徐々に変えていきました。
  で、その配置計画は次のとおりです。

  配置計画_20110414

  上の配置計画図の緑の箇所は自然装飾、黄色は人工装飾です。
  そして、国はこんな感じです。

  現在の王国_新仕様対応


 ・配置替えのポイント
 今回の配置替えのポイントは兵士の育成休止と農家・屋敷の撤去です。

  ≪兵士育成の休止≫
   猛獣退治の仕様変更に伴い、猛獣を退治する機会が減りました。
   そのため、兵士を育成する必要がなくなったので、兵舎を倉庫にしまいました。
   これにより、兵舎があったエリアが空いたので、今回の配置換えで最も変更が加わったエリアとなりました。
   ただ、あくまでも休止であって、中止でも終了でもありません。

  ≪農家と屋敷の撤去≫
   兵士を育成しないため、食料も消費しなくなったので農地をしまいました。
   そして、邸宅を建てたかったので、農家と屋敷をすべて撤去し、邸宅を建設しました。
   農家と屋敷を一気に撤去したことで、一時期は国の人口が上限を超えていましたが、最終的には私の国作りの中では、最も人口上限が高くなりました。


3.妄想と言う名の解説
 さて、「厨二病」 と言われても返す言葉がないコーナーの開始です。
 脳ミソをフル回転させて妄想した設定に基づき、国の解説をしていきます。

 ・国の区分け
  国を次のように A ~ O のエリアに区分けします。

  配置計画_20110414_2

  A.幸福地区 (Happy Square)
   前回の幸福通り(Happy Avenue)の 4 軒(高級肉屋、果物市場、フラワーマーケット、おもちゃ百貨店)を四隅に配置し、セントウラク・パーク(Sentoh-Rax Park)にあった恋人のレストランと花壇を移動させました。
   幸福の意味は前回と同様に、このエリアの店がハッピーコインでないと建てられないからです。
   本来ならスペースを有効に使って、もっと店を置くべきでしょうが、遊びがあったほうが好きなのでほかの空きスペースには装飾を配置しました。

  B.セントウラク・パーク (Sentoh-Rax Park)
   前回と同様に、国民のリラクゼーションのためのエリアです。
   恋人のレストランと花壇が幸福地区に移動したので、その空いたスペースに桜の木を 2 本、ローズガーデンを 3 軒、馬場を 3 つ配置しました。
   また、最高級礼服屋を 2 軒追加しています。

   さて、花見の季節となり、国の西(ここでは海側が北という設定です)にある桜の木が唯一の花見スポットなのですが、その近くには猛獣が現れます。
   私は国王として国民を守る義務があります。
   しかし、危険だからと言って国民が花見をできなくしてしまっては不満も募るでしょうし、危険を承知で花見を強行する人も出ないとは限りません。
   ジョアンナに相談したところ、桜の花びらから同じ桜の木を作ることができるとのことでした。
   そこで花びら 1200 枚を集めて、桜の木を 2 本作って新たな花見スポットを用意しました。
   現代のクローン技術のようなものですが、どちらかと言うと錬金術の要素が強いです。
   なお、作られた桜の木は枯れないので、その気になれば年中花見ができます。

   ローズガーデンは今までと同様にバラの観賞だけでなく、バラのエキスを皇室浴場のお湯に混ぜて美肌効果を促進させています。

   馬場は兵士を育成しなくなったため、騎兵用の馬を乗馬用として国民に開放しています。
   定期的に乗馬教室も開催されていて、子供たちと仔馬のふれあいの場も設けられてます。

  C.住宅街 (Residential Area)
   以前は農家と農地があった地区ですが、今は邸宅が建ち並んでいます。
   農家と屋敷でやや住宅のレベルに差があり、それによる差別も多少ありましたが、邸宅に統一することにより、全国民は平等てあることを意識づけるようにしました。
   そのために、国の石材は底を尽きかけましたが、国民の心をひとつにまとめられるなら安いものです。

  D.文具通り (Stationery Avenue)
   最高級文具店が建ち並ぶ通りです。
   以前は医学通り(Medicine Avenue)にありましたが、新たに 4 軒建てられたので、一つの通りとして扱われるようになりました。
   前回も説明しましたが、これらの文具店は様々な分野の書籍も扱っており、学問を志す人たちが多く集う通りです。

  E.宝石通り (Jewelry Avenue)
   ここは以前と変更ありません。

  F.陶器通り (Earthenware Avenue)
   最高級画材店の増設および幸福地区の造成により、芸術通り(Art Avenue)からこちらに移動しました。
   花器専門店では以前と同様に、花器のみならず陶器全般も製作しており、陶芸家の育成も行っています。

  G.自由地区 (Free Area)
   その名前が示す通り、自由に配置するエリアです。
   現在は石材が不足しているので、採石場を建てていますが、国の状況によって建物を替えるようにします。
   資源が十分に集まったら、店を配置してもいいでしょう。

  H.芸術通り (Art Avenue)
   通りの名前は変わりませんが、最高級画材店に統一されました。
   最高級画材店には、以前と変わらず芸術家を志す人が集まります。

  I.魔術通り (Magic Avenue)
   ここは以前と変わりません。
   ここで何が行われているか不明でしたが、今回の桜の木の一件で錬金術の研究をしていることが判明しました。
   しかし、謎の多い通りであることは変わりません。

  J.買い物通り (Shopping Avenue)
   ここも以前と同じです。

  K.歯医者通り (Dentist Avenue)
   新たに歯科医院を 4 件建てたのに伴い、通りの名前を変更しました。
   「健康を保つにはよく食べること、そのためには丈夫な歯が必要」 をモットーに、全力を注いでいます。

  L.鉄鋼通り (Steel Avenue)
   城の西側からこちらに移動しました。
   兵士を育成しなくなったので、ここで作られる鉄はほとんどが国民の生活に利用されます。

  M.北通り (North Street)
   城の北側を東西に貫いている通りです。

  N.南通り (South Street)
   城の南側を東西に貫いている通りです。

  O.外周 (Circumference)
   城の外周道路です。
   ここも以前と変わりません。
   前回は説明し忘れましたが、城の四方に冒険者協会が建っています。
   冒険者協会は当初は冒険者のみを利用対象としていましたが、猛獣が出るようになったため、利用対象を一般の旅人まで広げました。
   今では、ホテルと酒場の役目も果たしています。


 ・猛獣退治は友好国にお任せ
  私の国では友好国(マイミク)に猛獣退治を全面的に解禁していますが、その理由を説明しましょう。
  この世界では、友好国の店を手伝うことができます。
  手伝うためには友好国に行かなければなりません。
  しかし、今は猛獣が出現するため、必要最小限の護衛をつける必要があります。
  今まではそれでよかったので、自国にも十分な戦力を残しておくことができました。
  ですが、現在は各国で花見会談が開かれ、国の要人が友好国を訪問する機会が増えました。
  すると当然のことながら。護衛を増強しなければなりません。
  私の国は友好国が 200 ヶ国以上あるので、それぞれの警護を増強すると、自国の猛獣を退治するのに必要な戦力を十分維持できません。
  ただ、幸いなことに私の国を訪れる友好国の要人も警護のために兵士を連れてきます。
  そこで、友好国に自国の猛獣退治を依頼することにしました。
  友好国も守るべき要人が猛獣に襲われては、責任問題になるためその依頼を承諾してくれました。
  このような経緯で、私の国の猛獣は友好国に退治してもらっています。


 今回は痛さが倍に・・・いや自乗されてますね・・・。
 長々と妄言してしまい申し訳ありません。

 大きな仕様変更がない限り、しばらくはこの配置でやっていきます。
 では失礼します。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

19:34  |  マイ・キングダム/プレイ日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiaibl.blog88.fc2.com/tb.php/496-9ff74989

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。