2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.21 (Mon)

はじめようマイ・キングダム ~プレイ記録 : まったりプレイ中~

 今日は久々にマイ・キングダムのプレイ記録です。
 今月の初めにめでたく(?)レベルがカンストしました。
 つまり、これ以上は経験値が増えないということで、現在はまったりとプレイしています。
 カンストしてしまったら、やることがなくなって放置してしまいそうですが、この手のゲームには配置を替えるという楽しみ方があります。
 私もカンストするまでは景観度外視でやっていましたが、カンストしたのを契機に配置換えをしてみました。



【More・・・】

1.国の状況
 今日、初めて起動したときの私の国の状況は次のとおりです。

 国の状況

 人口は相変わらず少ないです。
 いまだに1万人に達していません (人口の上限は1万を超えているんですけどね・・・)。
 ただ、店を隙間なく埋めていないので、そんなにたくさん人口は必要ないです。

 戦力は 23 万を超えました。
 「そんなに増やしてどうするの?」 と思いますが、前回追加されたストーリーで、戦力が5万あったにもかかわらず、ジョシュアに 「戦力に不安がある」 と言われたスコットがムキになって増やしているという設定です。
 ジョシュアも自分の発言が発端なので、止めたいけども止められないという状況です。

 コインは 1600 万枚を超えました。
 マイミクの皆さんの中にはコインが不足して、思うように店が建てられない人もいらっしゃるようです。
 ODAのように資金援助ができたらいいんですけどね。

 ハッピーコインは今回の配置換えで、私としてはかなり浪費しました。
 そのへんは後で説明します。


2.配置計画
 例によって、配置替えをする前に配置計画案を練りました。
 私の場合はどうしても 「道路」 にこだわってしまいます。
 人が暮らす以上、道路は必要ですし。
 断っておきますが、これは私のこだわりであって、皆さんの配置に口を出すつもりはありません。
 そんなことをしたら内政干渉になってしまいます。

 で、いろいろ考えた結果、次のような配置を立案しました。

 現在の配置図

 上の配置計画図の緑の箇所は自然装飾、黄色は人工装飾です。
 この配置計画に従って、再配置した国はこんな感じです。

 現在の配置

 注)上の画像は配置換えをした直後のものなので、配置計画案と若干異なっている店があります。


3.配置替えのポイント
 今回の配置替えのポイントは次の2つです。

 1) 装飾建物の撤去
  装飾建物をすべて倉庫にしまいました。
  4 × 4 で場所を取り過ぎるというのが最大の理由です。
  今までも装飾建物せいで、配置がうまくいかなかったりしていましたし。
  この前追加された豊作の女神像は建てた後に、速攻で倉庫にしまいました。
  人口の上限アップや魔法を使う際には必要ですが、人口の上限アップは他の装飾でも十分できますし、魔法も今はそれほど必要ないです。

 2) 店を後ろに配置
  過去の配置替えでは、採石場、製材所、訓練所を国の後ろに、店を前の方に配置していました。
  国の領土がせまいときはそれでもよかったのですが、現在の 40 × 40 では縮小表示にしても、国の前の方が表示しきれません。
  そうすると、私の国を訪れたマイミクが店を手伝おうとすると、どうしてもゲーム画面をスクロールしなければなりません。
  そこで、今回は店を後ろに配置して、なるべくスクロールさせずに空いている店が確認できるようにしたつもりです (一部の店はあえて前の方に配置していますが・・・)。
  店の配置も上背がある花器専門店などは奥の方に配置して、ほかの店が隠れないようにしています。


4.妄想と言う名の解説
 では、私が都合よく脳内で設定した妄想とともに、国の解説をしていきます。
 マイ・キングダムではどちらが北かわかりませんが、私は海側を北と想定しています。

 1) 城の前方(南側)
 国の南側は次の3つのエリアから構成されています。

 国の南側

 A.騎兵地区 (Cavalryman Square)
  文字どおり騎兵を育成するエリアです。
  精鋭騎兵訓練所が周囲を囲い、その内側では馬を育てています。
  騎兵が育成できるようになってから、「馬はどうやって調達しているんだろう」 と思っていましたが、カンストするまではその疑問をあえてスルーしていました。
  そして、今回の配置換えで次のような脳内設定をしました。

  今までは野生の馬を捕まえて、それを調教して乗り捨てていたが、それでは効率が悪いということで、スコットが国内で馬を育てることを提言。
  しかし、馬の調教には1区画につき 6 ハッピーコインが必要で、この配置では 54 ハッピーコインが必要となるため、ジョシュアが反対します。
  ただ、前回のストーリーの経緯もあるため、ジョシュアは強くは反対できず、スコットの意見が採用され、国内で馬を育てることになりました。

 B.セントウラク・パーク (Sentoh-Rax Park)
  国民のリラクゼーションのためのエリアです。
  国の発展に貢献してくれている国民や兵を癒すために、皇室浴場を四方に配置しています。
  左右の皇室浴場の間にはローズガーデン、入口付近には花壇とラベンダーを配置しています。
  定期的に、ローズガーデンで育てているバラのエキスを皇室浴場に混ぜることもしています。
  このバラのエキスは美肌効果があるということで、その日は国内の女性たちが我先にとやってきます。
  ニーナやジョアンナもお忍びでやってくるほどの人気です。
  このエリアには、恋人のレストランと恋人のカフェがありますが、恋人同士でなくても利用はできます。
  ただし、恋人同士で入店すると割引などの優待を受けることができます。
  夫婦の場合はこの優待は受けられませんが、結婚記念日のような節目の日は優待を受けられます。

  公園の名前の由来は、銭湯 に リラクゼーションをくっつけた造語です。
  そのネーミングセンスは国民の間では不評です・・・。
  国内唯一の公園なので、国民は単に 「パーク」 と呼んでいます。

 C.農業地区 (Farm Square)
  20 軒の農家がぐるりと農地を囲んでいます。
  歩兵育成のときには不要であった農地ですが、騎兵を育てると狩猟だけでは食料をまかなうのが厳しいとの理由から、農業が復活しました。
  今までのような、1軒の農家が農地1区画を管理するのではなく、集団で管理する手法が採られています。


 2) 城の左右(東西)
 次に城の東西の地区について説明します。

 国の東西

 D.鉄鋼通り (Steel Avenue)
  名が示すとおり、通りの左右には製鉄所が並んでいます。
  ここで作られる鉄は、騎兵の武具だけでなく、農具や日常生活品にも利用されます。

 E.宝石通り (Jewelry Avenue)
  厳密に 「通り」 と言えるかは微妙ですが、宝石商店に面しているのでそう呼ばれています。
  宝石商店では単に宝飾品の製作、販売だけでなく、珍しい宝石や指輪 (竜殺しの指輪など) の展示も行われます。

 F.幸福通り (Happy Avenue)
  高級肉屋、果物市場、フラワーマーケット、おもちゃ百貨店が並んだ通りです。
  幸福の由来は、これらの店がハッピーコインでないと建てられないからです。
  決して、この通りを通ると幸せになるというようなことではありません。
  城側の通りを 「内通り」、もう一方を 「外通り」 とも呼んでいます。

 G.住宅街 (Residential Area)
  豪華屋敷が建ち並ぶエリアです。
  この地区に住んでいる人は裕福なので、パーティドレスや高級な服を注文する機会が多いため、真ん中に最高級礼服屋があります。


 3) 城の後方(北側)
 次は国の北側の説明です。

 国の北側

 H.芸術通り (Art Avenue)
  通りの西側に花器専門店、東側に最高級画材店が並んでいます。
  花器専門店では花器のみならず、陶器全般も製作しており、陶芸家の育成もしています。
  最高級画材店には、未来の画家や彫刻家を目指す人たちが集まります。
  店内にはアトリエやギャラリーなどもあり、不定期ですが作品の発表会も開かれます。

 I.魔術通り (Magic Avenue)
  通りの東西に魔術総本店が並んでいます。
  ここで何が行われているかは一切不明です。
  統括責任者はジョアンナです。
  この国の経済的な発展に大きく寄与しています。

 J.買い物通り (Shopping Avenue)
  通りの東西に百貨店が建ち並ぶ、この国最大のショッピングモールです。
  ここに来れば、生活に必要なものはすべて揃います。
  店は 8 軒ありますが、共倒れすることなく、各店が競い合って活気にあふれた通りです。

 K.医学通り (Medicine Avenue)
  通りの西側に歯科医院、東側に最高級文具店が並びます。
  歯科医院では当然虫歯の治療をしますが、年に2回虫歯の検診が行われます。
  「健康を保つにはよく食べること、そのためには丈夫な歯が必要」 という信念に基づき、虫歯撲滅に日夜奮闘しています。
  最高級文具店には文具だけでなく書籍も扱っています。
  通りの名前は 「医学」 となっていますが、医学に限らず様々な分野の本があります。

 L.研究所通り (Laboratory Avenue)
  通りの東西に魔法研究所が並んでいます。
  以前は引く手あまただった魔法研究所ですが、今では手伝う人も少なくなりました。
  ただ、この国の黎明期に貢献してくれた店なので、昔を知る国民からは感謝と敬意が払われています。


 4) 2つの通りと城の外周
 最後は国の東西の通りと、城の外周についての説明です。

 二大通りと外周路

 M.北通り (North Street)
  城の北側を東西に貫いている通りです。
  ただし、中央に装飾があるのでまっすぐ突っ切ることはできません。
  今回の配置換えで国の南北を貫く通りが作れなかったので、東西を貫く通りはどうしても欲しかったので作りました。

 N.南通り (South Street)
  城の南側を東西に貫いている通りです。
  北通りと同じなので省略します。

 O.外周 (Circumference)
  城の外周道路です。南北の外周道路は南通りと北通りに接していて区別がつきにくいですが、ちゃんと区別されています。
  特に名前はなく、「外周」 と呼ばれています。


 どーでもいいことを長々と説明してしまいました。
 ここまで、私の妄想に付き合ってくれた皆さんに心から感謝いたします。

 カンストしましたが、国の風景も春になったので近々新しいストーリーが追加されるかもしれませんね。

 では、このへんで失礼します。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

19:11  |  マイ・キングダム/プレイ日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiaibl.blog88.fc2.com/tb.php/484-8055839c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。