2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.01.09 (Sun)

はじめようマイ・キングダム ~プレイ記録 : LV15 になったので~

 今日は 「はじめようマイ・キングダム」 プレイ記録です。
 マイミクの国を訪問すると、人によって国の作り方に違いがあって非常に興味深いです。

 そして、昨日 (と言っても日付は変わっていましたが) レベル15になりました。
 レベル15になったら大幅に国を整備しようと思っていたので、レベルアップと同時に始めましたが、1時間以上かかりました・・・。

 今回は私の国作りを紹介します。



【More・・・】

1.レベルアップ前の状態
 レベル15になる前、つまりレベル14のときの私の国の配置は次のような感じでした。

 私の王国_LV14

 私のマイミクでレベルが私と同じくらいの人たちの国は店や家が密集していることが多いのですが、私はスペースを持たせたいと考えていたので、それほど密集はしていないと思います。


2.整備計画案作成
 私なりにこういう風にしたいという考えはありましたが、何も考えずにやってしまうと 「あれ? こんなはずじゃなかったのに・・・」 と言うことにもなりかねません。
 そこで、整備計画案なるものを作成しました。
 たかがゲームにそこまでやるとは、大バカ以外のなにものでもありません・・・。
 作成した整備計画案は次のようなものです。

 王国整備計画


3.整備計画案に従って配置換え
 そして、遂に待ちに待ったレベルアップを迎えたので、嬉々として国の大幅な配置替えを開始しましたが、思いほか建物の移動などに苦労 (立ち退き要求に断固拒否する店や家があったものと、勝手に脳内で妄想してました) しましたが、なんとか次のように配置換えが完了しました。

 私の王国_LV15

 自画自賛ではありませんが、かなり私好みの国になりました。
 それでは、簡単な説明でもしましょうかね。


4.国の説明(妄想含む)
 ≪城の周辺≫
        城の周辺

  ありきたりな感じがしないでもありませんが、城は国の象徴ですし、前後左右に入口があるため中心に配置しました。
  それぞれの入口の前を花壇で装飾しています。
  これはミッションで作った花壇が気に入ったので、早い段階から城の四方に花壇を作ろうと決めていました。
  花壇で囲むことにより、城の威圧的な感じが和らいで、国民に親しまれています。


 ≪外周道路≫
        外周道路

  国を囲んでいるこの道路を利用して、年に一回マラソン大会が行われます。
  大会の優勝者には豪華な賞品と金一封が授与されます。
  この大会のために日々の鍛錬を欠かさない人たちまでいます。
  国の前方の外周道路の両端には展望台があります。
  これは外敵を警戒するだけではなく、国内に異常がないかを監視しています。


 ≪ホテルとビアホール≫
        ホテルとビアホール

  国の後ろは砂浜なので、海から王国にやってくる人はいないと考え、残りの三方向にホテルとビアホールを配置しました。
  遠くの国から来た人たちが、すぐに休めるようにという配慮です。
  ビアホールは仕事を終えたあとにちょっと一杯ひっかけたりします。
  ホテルにもバーはありますが、こちらの雰囲気が好きという人もいます。
  ビアホールは、昼は喫茶店として営業をしています。


 ≪魔法街≫
        魔法街

  この国の経済を担う場所です。
  特に魔法診療所は、はるか昔にこの世界を支配していた大帝国で流通していた幻の硬貨 「ハッピーコイン」 がなければ建てられないという貴重な存在です。
  魔法診療所や魔法商店は不思議な技やアイテムがあり、その秘密を探求するためにほかの国から来る人が後を絶ちません。


  ≪製材所と石切り工房≫
        製材所と石切り工房

  魔法街の後ろにあるのが製材所です。
  木材の少ないのが、この国の泣き所の一つです。
  以前は2軒だったのを今回の整備で4軒に増やしましたが、まだまだ木材が足りません。
  国の最奥にあるのが石切り工房です。
  採石所がないので、まだ細々とした運営ですが、ゆくゆくは国を支える存在になるはずです。


 ≪仕立屋と工房≫
        仕立屋と工房

  仕立屋は国の人たちの洋服を作り、工房は日常品を製作します。
  魔法街が生み出す利益には遠く及びませんが、国民の誰もがその重要さを理解しています。
  国の縁の下の力持ち的な存在です。


 ≪農業地区≫
        農業地区

  国民の胃袋を支える大事な場所です。
  農家の努力によって、現在の王国の食料は充分です。
  農地は学校の学生たちの農業実習にも使われ、食料を作る大切さと苦労を学ぶ場となっています。


 ≪住宅街≫
        住宅街

  手前の民家には魔法街以外の店で働いている人たちが住み、奥の豪邸には魔法街で働いている人が住んでいます。
  豪邸に住む人たちは裕福な暮らしをしていますが、それゆえに負う義務もあります。
  民家に住む人たちと豪邸に住む人たちとの間にトラブルはありません。


 ≪学術施設≫
        学術施設

  国の未来を担う若者たちが通う学校と、誰もが利用できる図書館があります。
  学校では、ショーンによる 「処世術」、ジョシュアによる 「在庫管理学」、ニーナによる 「礼儀作法講座」(女生徒限定)など、城から特別講師が来て授業を行うこともあります。
  一番人気は、ジョアンナによる 「魔法学入門」 です。
  人口も増えてきたので、学校を増やす計画もあります。


 ≪食品店≫
        食品店

  高給菓子店が3軒ありますが、手ごろな値段のものもあります。
  学校の隣にある店は、女生徒に人気です。
  肉屋はこの国で1軒しかありません。
  肉はこの国では高級食材なので、豪邸に住む人たちが主な顧客となります。


 ≪文化街≫
        特殊建物

  オペラハウスでは演奏会や演劇などが行われます。
  大聖堂では週に一度ミサが行われ、国民は皆ミサに参列します。
  幸福の神殿は商売繁盛を祈願する人たちがお参りをします。
 、バビロンの空中庭園は子宝を願う夫婦が訪れます。


 ≪ストレージ≫
        ストレージ

  緊急倉庫です。
  災害などに見舞われたときに、すぐ食料を配れるようになっています。
  しかし、王が勢いで建てた建物なので、取り壊しも検討されています。


 えーと・・・、最後の方は勝手な妄想です。
 本当にすみません。
 でも、こんな風にいろいろと想像しながらプレイすると面白さが増す性分なので。

 以上、「はじめようマイ・キングダム」のプレイ記録でした。
 では、このへんで失礼します。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

19:34  |  マイ・キングダム/プレイ日記  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●タイトル

素晴らしいデザイン性ですね!
ストーリーもこれで一本投稿できるんじゃないかってくらい考えられてますねw

しかし構成お疲れ様です~
この記事書くに当たってもわざわざ表を作ったのですねw
双翼 |  2011年01月10日(月) 14:22 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiaibl.blog88.fc2.com/tb.php/451-3f875b4a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。