2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.09.07 (Tue)

人気(?)戦術発表! ~私的英雄考察番外編~

 ご存知の方もいると思いますが、保坂さんが第2回FNBL制限大会の告知をされました。
 今週の金曜なので、事前レポの準備をしておかなければなりません。

 さて、本日はお約束どおり、先月の対戦で相手が採用した戦術カードのランキングを紹介します。
 まあ、TOP4はわかりきっているので、興味は5位以下の順位になります。

 では、早速始めましょう。



【More・・・】

1.戦術カードランキング
 採用数が多い順にTOP10まで紹介します。
 なお、対戦で確認したものなので、必ずしも正確な順位ではないことを、お断りしておきます。
 括弧内の数字は採用確認数です。


 1位 挑発 (145)
  024_挑発

  まずは、移動御三家からと順当な出だしです。
  アンブッシュや戦術的撤退はドローしても、相手が引きこもった場合は使えずに、手札に腐る場合もありますが、相手を前におびき出すこのカードは他の2枚に比べて使う機会は多いでしょう。


 2位 発見された遺跡 (117)
  037_発見された遺跡

  ほかの移動御三家を僅差でかわしました。
  即効ドローとしては最大4枚までドローできるので、ドロー戦術カードとしては最強です。
  4枚ドローできるなら、大洪水覚悟でもドローしたいです。


 3位 アンブッシュ (116)
  023_アンプッシュ

  移動御三家2番手はこのカードです。
  自陣内の空いているマスならどこでも移動できるワープカードです。
  ギリギリまで温存するか、早めに使って速攻で押し切るか、使い方は人それぞれです。


 4位 戦術的撤退 (114)
  026_戦術的撤退

  採用確認数が 100 を超えたのはここまでです。
  先月の対戦では騎兵デッキと何回か対戦しまsたが、戦術的撤退は騎兵には使えないですね。
  そのへんで、挑発、アンブッシュよりも差が出てしまったのかもしれません。


 5位 パリィ (76)
  013_パリィ

  カードの効果が即ドローから次ターンに1ドローとなったため、防御するためというよりは少しでも早くデッキを掘り下げるために使う人が増えた感じです。
  最初のターンにユニットを布陣して、すぐにパリィを使う相手はかなりいました。


 6位 会心の一撃 (65)
  011_会心の一撃

  これもパリィ同様に即ドロー効果が消えました。
  パリィと採用数に大きな差はありませんが、公開されたデッキで確認したところでは、パリィを入れている人の方が多かったです。
  ATK+1 のドローより、DEF+2 のドローの方がいいという判断でしょうか。


 7位 迅速な配置転換 (54)
  042_迅速な配置転換

  ようやく新戦術からランクイン。
  第四の移動戦術といえるほど、見かけるようになりました。
  行動はできないので、射兵に使っても意味ありませんが、攻撃力が高い斧兵や安定している剣兵とは相性がいいカードです。


 8位 現地の案内人 (37)
  028_現地の案内人

  食料が5以上ないと使えなくなったのは大きいです。
  初手にギア+案内人というコンボができなくなったので、普通に食料を追加していく場合は、中盤に使うことになります。
  この変更がなければ、もっと上にランクされた可能性もあります。


 9位 緊急招集 (31)
  050_緊急召集

  ちょっと変わったドロー効果ですが、ユニットが欲しいときには運を天に託して使いたくなるカードです。
  このカードの食糧版として兵站線があります。
  この2枚は途中までは接戦を演じていました。
  結局、兵站線は12位でした。


 10位 情報収集 (26)
  036_情報収集

  食料を -1 しますが、即2枚ドローできます。
  食料事故の場合はかなりのリスクを伴いますが、終盤の切り札として温存してもいいかもしれません。
  ウィニーデッキには必ず入っていると言っていいカードです。


2.採用カードの傾向
 戦術カードのTOP10を紹介しましたが、移動系とドロー系が5枚ずつで、強化系は入りませんでした。
 会心の一撃やパリィは ATK 強化、 DEF 強化できますが、ドロー目的で使うケースも多いので、ここではドロー系に分類します。
 強化系では、ゲリラ戦術の11位が最高でした。
 やはり、バトルラインの性質上、制圧するために移動戦術は必要ですし、その移動戦術や強化戦術をドローするためにドロー効果カードが必要なのでしょう。
 コンクエストで、戦術がどのようになるのかわかりませんが、システム自体が変わらないのであれば、今後も移動系、ドロー系が優先されると思います。


3.確認できなかった戦術
 昨日と同様に、先月の対戦で一度も採用が確認できなかった戦術を紹介します。

 017_魔法の鎧 031_馬防柵 032_ぬかるんだ大地 038_暗殺

 044_ブーストダッシュ 052_大判振る舞い 053_騎士戦法 055_マジックソード

 魔法の鎧とマジックソードは以前は見かけましたが、現在ではそれほどではありません。
 馬防柵とぬかるんだ大地は、対戦を始めてから一度も見たことがありません。
 まあ、私があまり騎兵を使わないので、入っていても使う機会はないと思います。
 暗殺は先月の対戦で使用されましたが、地味に傷つきます。
 ブーストダッシュは以前に決められてからは警戒するようにしました。
 大判振る舞いはドローカードとして、食料を2枚捨てるだけの価値があるのか疑問です。
 騎士戦法はドロー効果があれば、使われたのではないかと思います。


 こんなところで、採用された戦術カードについては以上です。
 明日は対戦時間について書こうと思います。

 では、失礼します。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

12:00  |  私的英雄考察  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●タイトル

まあトップ4は順当ですね。
私も大抵のデッキにはその4枚は入れてますし。
魔兵強化戦術は他ので補える(ゲリラ戦術とか)から使わない人が増えたのかな?
まあ魔兵デッキは他に入れたい戦術が多いですからね。
騎兵メタ戦術はめったに見ない分使われるとショックが大きいです。
大盤振る舞いは…このまま消えてしまうのでしょうか。
レゲー好き |  2010年09月07日(火) 13:52 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiaibl.blog88.fc2.com/tb.php/375-82f8c002

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。