2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.08.20 (Fri)

第1回FNBL制限大会 事前レポート

 「制限」・・・それは一種の足枷・・・
 これはよりスリリングな戦いを求める主催者の気まぐれなのか?
 しかし、英雄に制限はかけられても、イマジネーションに制限はない!
 制限に飲み込まれるか?
 イマジネーションで打ち破るか?
 不可能を可能とするかは己次第!
 集いし者たちの真価が問われること疑いなし!


 第1回FNBL制限大会!!

 今宵、新たなFNBLが始動する!


 というわけで、本日は保坂さん主催の第1回FNBL制限大会が行われます。
 現在のところ参加申し込み者は13名ですが、当日飛び入りが最低でも3名ほどいると思うので、最終的には16~18名ほどになるのではないでしょうか?

 FNBLとしては初めての制限大会となります(BattleLine ドラフト大会がありましたけど・・・)。
 果たして、大会を制するのは誰なのか?
 そんな大会の事前レポートを始めます。



【More・・・】

1.決勝トーナメントのボーダーライン
 今回の大会は、スイス式トーナメント3回戦を行い、その上位4名が決勝トーナメントに進むという形です。
 では、決勝トーナメントに進むボーダーラインについて確認しましょう。

 参加者が8名の場合は引き分けがなければ、次のようになります。

 第1回FNBL制限大会

 上の場合なら、3戦全勝が1名、2勝1敗が3名なので、2勝1敗以上の4名が素直に決勝トーナメントに進みます。
 今回は13名です。当日に3名の飛び入りがあると仮定すると、8名のグループがもう1つできます。

 すると、3戦全勝が2名、2勝1敗が6名となるので、2勝1敗の中でソロコフの高い人が決勝トーナメントに進むことになります。
 まあ、このへんは説明するまでもなく、皆さんもおわかりのことでしょう。

 では、2勝1敗で決勝トーナメントに進むにはどうすればいいのでしょうか?
 以前に書いた、第9回FNBL事前レポートの「5.ポイント獲得のボーダーライン」を参考にします。

 入賞ボーダーライン1

 FNBLでは4回戦まで行っているので、単純に比較はできないかもしれませんが、早い段階で2勝した方が有利なようです。
 つまり、決勝トーナメントに進むためには、1回戦と2回戦に勝って2勝を挙げた方が可能性は大きいということです。
 逆を言えば、1回戦で負けたら決勝トーナメント進出の可能性は限りなくゼロになるということです。


2、優勝予想
 参加者の顔ぶれは非常に豪華です(私は除いてください)。
 保坂さんの主催大会で優勝した人が7名(FNBL優勝経験者6名、BattleLineドラフト大会優勝者1名)と、実に過半数を占めています。
 そんな参加者の中から優勝を予想するのは難しいのですが、FNBL、battleLineドラフト大会、マスターズトーナメントでの対戦成績をまとめてみました(エキシビションは除きました)。

    参加者の過去の対戦成績

 全体的にみると、FSSさん、Lapisさん、マオさんで優勝が争われそうです。
 この3名の対戦成績は次のようになっています。

  FSS さん VS Lapis さん : 3勝3敗1分
  FSS さん VS マオさん  : マオさんの3勝1敗
  Lapis さん VS マオさん : Lapis さんの2勝

 何とも言えませんが、FSS さんとしてはマオさんとは当たりたくない、マオさんとしては Lapis さんと当たりたくないという感じでしょうか?
 あと、game さんが他の参加者との対戦成績が7勝1敗なのですが、game さんは、FSS さん、Lapis さん、マオさんとの対戦がないのが気になるところです。
 あとは、初参加の Jaco さんとかじナさんが未知数なので、台風の目になるかもしれません。


3.デッキ予想
 この大会では英雄にポイントが割り振られており、合計ポイントが 30 点以下になるようにしないといけません。
 FNBL 2nd Season の上位入賞者のデッキとマスターズトーナメント '10 参加者のデッキで公開されたものは 65 ですが、この 30 点以内の条件を満たしたデッキは、第8回大会で準優勝した GAJU さんのデッキ 「ちょっとひとくせ」 (下のデッキを参照)だけです。

 GAJUさんのデッキ_8th_FNBL_2nd

 上のデッキの英雄の合計点は 27 です。

 そして、昨日のメッセでは次のような意見もありました。

 「合計10点デッキが出てくる」 (某最強への道を歩む人)
 「ゼリグを使えと言っているとしか思えない」 (某自称18歳美少女の人)

 さらに、某絶対王者様は自身のブログで、次のように述べています。

 「組んでデッキを見てから、制限無しと変わらないよね?と思うレベルのものも可能でした。」

 とにかく、今までのFNBLとは違うデッキで対戦が行われることは間違いなさそうです。
 果たして、どんなデッキが大会を制するのか、非常に興味深いです。


4.組み合わせ予想
 さて、初戦の組み合わせ予想ですが、今までのFNBLでの組み合わせパターンが多いので、そのすべてを紹介するのは不可能です(時間的な意味で・・・)。
 さらには、昨日のメッセで FSS さんが 「部屋立てできなくなった」 と言っていたので、そのへんの考慮もしなければならなくなったので、シンプルに次の方法で予想して見たいと思います。

 【今回の組み合わせ条件】
  ・ 部屋立て不可の人は部屋立て可で参加申し込みが早い人と組み合わせる。
  ・ 部屋立て不可の人の人は参加申し込み順が早い順に組み合わせる。

 ≪FSS さんが部屋立て不可の場合≫
   初戦組み合わせ予想その1

 ≪FSS さんが部屋立て可の場合≫
   初戦組み合わせ予想その2

 FSS さんの部屋立ての状況で影響を受けるのは、ere さん、Jaco さん、GAJU さん、game さん、ケンボーさんでしょうか?
 ただし、飛び入り参加の人の中で部屋立て不可の人がいれば、この組み合わせも変わってくるでしょう。
 しかし、この予想だといきなり Lapis さんとマオさんが対戦することになりますね・・・。


5.参加者リスト
 今回も失礼を顧みずにやらせていただきました。
 参加者の敬称は省略させていただきました。
 参加申し込み順に紹介します。

 参加者リスト_01

 参加者リスト_02

 参加者リスト_03

 参加者リスト_04

 参加者リスト_05

 参加者リスト_06

 参加者リスト_07

 参加者リスト_08

 参加者リスト_09

 参加者リスト_10

 参加者リスト_11

 参加者リスト_12

 参加者リスト_13


 こんなところで。事前レポートを終わります。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

18:18  |  FNBL制限大会  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiaibl.blog88.fc2.com/tb.php/357-ad01b5dc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。