2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.07.25 (Sun)

私的英雄考(5)

 本日も私的英雄考察です。
 このシリーズについては、私なりに目的があって始めたものです。
 その目的は他愛もないものなので、このシリーズの最後あたりに述べたいと思います。


自分が採用した英雄から見た考察
 今までは、対戦相手が使用した英雄やフライデー・ナイト・バトルラインの参加者が採用した英雄で考察をしてきましたが、今回は私が採用してきた英雄で考察をしてみたいと思います。
 一応、お断りしておきますが、まともな考察は期待しないでください。

 なお、対象とするデッキはネタ的に作ったデッキは除きます。
 ネタかどうかの判断は私の主観なので、ほかの方々から見たら 「これネタだろう」 と思われるものもあるかもしれません。

 では、使用した時期別に振り返っていきます。


1.バトルフォーメーション以前
 この時期に使用していたデッキで採用した英雄は次のとおりです。

 【槍で突きまくり隊 Ver 2.0】 槍デッキ
  槍デッキ_BF前

 【剣で斬りまくり隊 Ver 2.0】 剣デッキ
  剣デッキ_BF前

 【斧で砕きまくり隊 Ver 1.0】 斧デッキ
  斧デッキ_BF前

 【みんなで力を合わせ隊 Ver 1.0】 ウィニーデッキ
  ウィニーデッキ_BF前

 【姐さんたちに告白し隊 Ver 2.0】 女性デッキ
  女性デッキ_BF前


 バトルフォーメーション前なので、ネルとルナの評価は今よりも高かったです。
 こうして見ると、この時期は 「ネル・ゼリグ・デッドラン三点セット時代」 ですね・・・。
 この時期は勝率 60 %を目指していたので、こういうチョイスになったんでしょうね。
 あとはプレイングの拙さ (今も拙いのですが・・・) を補うために、強カードを使っていたとも言えそうです。


2.バトルエボリューション以前
 バトルフォーメーションが追加され、勝率も 60 %を超えたので、採用英雄を組み替えました。

 【槍で突きまくり隊 Ver 3.0】 槍デッキ
  槍デッキ_BE前

 【剣で斬りまくり隊 Ver 3.0】 剣デッキ
  剣デッキ_BE前

 【斧で砕きまくり隊 Ver 2.0】 斧デッキ
  斧デッキ_BE前

 【みんなで力を合わせ隊 Ver 2.0】 ウィニーデッキ
  ウィニーデッキ_BE前

 【兵種なんて! Ver 1.0】 無兵種デッキ
  無兵種デッキ_BE前

 【Women Team A】 女性デッキ
  女性デッキ_BE前


 この時期は 「さようならネル時代」 でしょうか。
 バトルフォーメーションの追加で、ネルのドロー能力が弱体化しました。
 まあ、ドロー能力が弱くなったとは言え、コストも3から0になったので、ウィニーデッキなどには十分戦力として使えましたが、全てのデッキからネルを除きました。
 基本的にはネルを抜いた分、別の英雄に差し替えた感じですが、斧デッキはそれまで全く使っていなかったパトリーを入れ、ホーディットをフォスタに替えました。
 女性デッキはネルの代わりにラムセス、そして、布陣したら食料ー1となるルナをクローディアにチェンジしました。
 ネルを抜いたことで、槍デッキ、剣デッキ、ウィニーデッキの平均評価点は下がりましたが、パトリーを加えた斧デッキは変わらず、ラムセス、クローディアに入れ替えた女性デッキでは平均評価点が上がりました。
 また、初めて組んだ無兵種デッキも平均評価点 7.0 と私のデッキとしては高いですね。


3.バトルエボリューション以降
 そして、現在の対戦で使用しているデッキで採用している英雄です。
 すでに私的英雄考(1)で紹介していますが、ここではバトルエボリューション以降で組んだデッキ(斧槍ハイブリッドと覚醒デッキ)以外を紹介します。

 【槍で突きまくり隊 Ver 4.0】 槍デッキ
  槍デッキ_BE後_1

 【槍で突きまくり隊 Ver 4.0+】 槍デッキ
  槍デッキ_BE後_2

 【剣で斬りまくり隊 Ver 4.0】 剣デッキ
  剣デッキ_BE後

 【斧で砕きまくり隊 Ver 3.0】 斧デッキ
  斧デッキ_BE後

 【兵種なんて! Ver 2.0】 無兵種デッキ
  無兵種デッキ_BE後

 【Women Team B】 女性デッキ
  女性デッキ_BE後


 現在は 「脱・旧ゼリグ過渡期時代」 です。
 過渡期としているのは、槍デッキの一つに旧ゼリグを使っているからです。
 バトルエボリューション追加の頃は、対戦を初めて1年以上経過していました。
 そこでふと思ったのが 「旧ゼリグ使いすぎじゃないか?」 ということです。
 そこで、槍デッキ以外から旧ゼリグを抜きました。
 これによって、以前のように挑発を軽々しく使えなくなったので、多少は私のプレイングも変わるかなと思いました(実際に変わったかどうかは実感できていません)。
 斧デッキから旧ゼリグを抜いたことによって、敵ユニットを一列に並ばせて、パトリー+スプリントで制圧するというコンボは使えなくなりました。
 旧ゼリグ以外では、女性デッキからピリカと旧トーファイを抜きました。
 唯一旧ゼリグを使っている槍デッキも、先月から旧ゼリグ抜きのデッキを追加して対戦をしています。
 旧ゼリグ、ピリカ、旧トーファイを抜いたことで、平均評価点が 0.2 ~ 0.8 下がりました。


 私はブログの中で、「勝ち負けにこだわらずに、対戦を楽しむ」 ことを重要視していると何回か書いた記憶があります。
 以前に書いた「デッキ構築に関する拘りのようなもの」 も基本的にこの考えに基づいています (今、あらためて読むと説明不足は否めませんけど・・・)。
 しかし、こうやって私自身の採用英雄を評価して見ると、私も強い英雄に頼っていたことを感じます。
 「対戦を楽しむ」 というのを実践できるようになったのは、バトルエボリューション以降のようですが、まだまだ本当の意味で 「対戦を楽しむ」 ことができているのかはわかりません。

 誤解がないように言っておきますが、対戦の楽しみ方は人それぞれです。
 ここで言う 「対戦を楽しむ」 というのは私の考えに基づいたものにすぎないので、他の方々に強制するものではありません。

 今日の私的英雄考察は以上です。
 では、失礼します。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

15:15  |  私的英雄考察  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiaibl.blog88.fc2.com/tb.php/331-f8bde6c2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。