2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.25 (Fri)

第7回FNBL事前レポート

 あるところに、バトルラインが強くなりたいと願う若者がいました。
 若者は師匠の下で厳しい修行に明け暮れる毎日を過ごしていました。
 修行のおかげで、若者はめきめきと実力をつけていきます。
 しかし、若者には常にある疑問を抱いていました。
 厳しい修行が終わった直後、若者は意を決して師匠に尋ねます。

 若者 : つ、強いって・・・強いってなんですか?
 師匠 : ・・・・・・・・・
 若者 : なん・・・ですか・・・?
 師匠 : 知りたいか?
 若者 : (頷く)
 師匠 : ならば闘ってこい。あの大会で勝って来い!
      さすれば自ずと答えは出るじゃろう。
 若者 : そう・・・ですよね。ボクもそう思ってました。

 翌日、若者は旅立って行きます。

 若者 : あの大会で闘い抜けば・・・勝てれば・・・
      ずっと追い続けてきた答えが出る!

 あの大会とは 第7回FNBL!!

 今回は有名なボクシング漫画 「はじめの一歩」 のワンシーンからパクリました。
 森川先生ごめんなさい・・・。

 というわけで、今回も栄えあるFNBLの事前レポートを担当することになりました。
 私はなかなか勝てませんが、強い方と思い切り対戦できるこの大会は楽しいですよ。

 では、さっそく事前レポートの始まりです。


1.優勝予想
 次の3点から優勝者を予想すると面白いかもしれません。

 1-1.優勝経験
  現在のところ参加者の中で優勝しているのはマオさんと雛鳥りむさんだけです。
  しかも、優勝回数は2回ずつとまったくの互角です。
  マオさんは奇数回には滅法強いので今回は期待大ですね。
  雛鳥りむさんは前回優勝しているので連覇がかかっています。
  FNBLでは連覇はないので、そう考えると奇数回に強いマオさん有利か?

 1-2.安定感
  今回の参加者でFNBLに4回以上参加し、そのすべてでポイントを獲得した方々です。
  参加申請順に紹介します。

  まずは、WILさん。
  7位→6位→5位→3位と着実に参加するたびに順位を上げてます。
  この安定感は侮れませんね。
  
  次にFSSさん。
  参加した5回の大会で2位が3回とこちらも安定感抜群です。
  優勝経験者のマオさんと雛鳥りむさんを抑えてMVPランキング1位です。

  この2人が優勝に絡んでくると面白いですね。

 1-3.勝率
  今回の参加者でFNBLに4回以上参加し、勝率が60%以上の方々です。

  1位 おちゃさん   73.3%
  2位 雛鳥りむさん  72.0%
  3位 FSSさん    71.4%
  4位 小恋さん    62.5%
  4位 WILさん    62.5%

  優勝経験者の雛鳥りむさんと安定度のあるFSSさんとWILさんがいます。
  しかし、これらの猛者を退けて、1位になったおちゃさんにも注目ですよ。
  小恋さんも期待が持てますね。
  「今回の参加者」という枠を外すと、かに。さんが1位なのですが・・・。
  果たして当日参加をしてくるか?

  昨日のBLCのメッセでの意見は・・・

   「りむさんマオさんFSSさんで固く取れるなw」
   「今回のマオさんは怖いよねー」
   「WILさんが準優勝と予想」
   「大穴でレゲーw」
   「MVPランキング見てるとさっきの三連単だとオッズ低すぎるな」
   「じゃあ大胆予想で、飛び入りの人が優勝!」
   「「フリーズ王子」「千の名を持つ男」「遅れてくる人」の三人で」

  などなど・・・
  好き勝手に予想してます。
  さて、みなさんの予想はどうでしょうか?


2.使用デッキ予想
 新エキスパンジョンが出てかなり経つので、参加する方々も十分新カードの使い方をマスターしていると思います。
 まあ、デッキ予想はできませんというのが本音です(予想できないなら、こんな項目いらねえじゃんというご意見はごもっともです)。
 前回の傾向を見て変える人もいますし、ネタに走る人もいますから。
 とにかく、今回も強いデッキ、楽しいデッキがたくさんあるのでしょう。

 対戦するのが今から楽しみです。


3.緒戦組み合わせ予想
 保坂さんのブログでは参加者15名となっていますが、私がある確かな関係筋から入手した情報によれば、参加者は少なくとも18名です。
 そこで、緒戦組み合わせを予想してみましょう。

 第1回から第5回までの組み合わせ方法の場合は次のようになります。

 FNBL_1st_1.jpg

 そうすると、マオさん VS 雛鳥りむさん という注目カードがいきなり実現!?

 第6回の組み合わせ方法なら次のようになります。

 FNBL_1st_2.jpg

 この場合の最大の注目カードは、WILさん VS FSSさん でしょうね。

 参加人数や、今日の参加者の集まり具合によって変わると思いますし、保坂さんが今回も組み合わせ方法を変えてくるかもしれません。
 私も参加する立場としてではなく、観戦者の立場で今から組み合わせが待ち遠しいです。 



【More・・・】

4.おまけ
 前回、声を大にして謝罪したにも関わらず、またやってしまいました・・・。
 同じ過ちを繰り返すのは人の性なのでしょうか・・・?
 とりあえず (とりあえずかよ!) 謝ります!

 「本当にごめんなさい!!!!」


7th_FNBL_Entry_List.jpg
 エントリー順に紹介します。
 なお、参加者の敬称は省略させていただきましたのでご了承願います。
 大会数の下にあるのは上段が順位、下段が獲得ポイントです。
7th_FNBL_Entry_1.jpg

7th_FNBL_Entry_2.jpg

7th_FNBL_Entry_003.jpg

7th_FNBL_Entry_4.jpg

7th_FNBL_Entry_5.jpg

7th_FNBL_Entry_06.jpg

 以上、第7回FNBL事前レポートでした。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

14:28  |  FNBL 1st Season  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiaibl.blog88.fc2.com/tb.php/33-7d0f1b24

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。