2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.07.19 (Mon)

私的英雄考(3)

 ハーレムナイト・バトルライン主催の関係で2日ほど対戦できませんでしたが、今日から対戦を再開します。
 大会レポートとして、優勝したカツマさんが 「第5回HNBL結果報告~前編~」 を書かれています。後編も大変楽しみです。


 さて、本日は私的英雄考の3回目ですが、今回の記事はレゲー好きさんがご自身のブログの 「人のデッキを見るのは楽しいな」 の中で、私の私的英雄絞殺について触れています。
 その中の人気がある英雄に関する記述で、「ん?ネルやプルルは入らないのか~ちょっと意外(特にプルル)」 というのがあったので、そのへんについて書いてみようかと思います。


評価点ごとに見る人気度
 人気度=採用度と考えてもらって差支えないと思います。
 このシリーズで参考にさせていただいている雛鳥りむさんの評価点ごとに英雄の人気度を見ていきましょう。

1.評価点 8.5 のカードの人気度
 雛鳥りむさんがバトルラインのカードの中で最高点としている点数です。
 これに該当するカードは英雄では3枚ですが、その人気度は次のとおりです。

 評価点8_5

 いずれも上位にランクされていますが、クリスタル槍の人気が群を抜いています。
 旧テジロフはそのスキルゆえに相手の布陣に影響を与えますが、戦闘力6と考える(ATKは考慮しません)と旧ミョムト、旧トーファイもいるので、採用率が低く(十分高いですけど・・・)なったのでしょうか。
 プルルは確かに以前より見かけなくなりました。
 「プルル=使うのが難しい」 とか 「上級者向けのユニット」 というイメージもあるせいでしょうか。
 まあ、確かに相手がプルルを布陣すると、相手の考える時間が長くなりますね。
 私は 「下手な考え休むに似たり」 というタイプなので、玉砕覚悟でつっこみます・・・。


2.評価点 8.0 のカードの人気度
 該当するカードは2枚で、ここに旧ゼリグがいます。

 評価点8_0

 今月もトップなので、途中から始めたため暫定評価となる4月も含めて4ヶ月連続1位はゆるぎないと思います。
 その陰に隠れてしまいがちですが、旧トーファイもTOP10圏内を狙える英雄です。
 5月と6月は旧テジロフより採用数が多かったことを考えると、相手の戦術を無効にする方が得策と考えている人が多いということでしょうかね。
 まあ、旧テジロフと旧トーファイの両方をデッキに入れている人もますけどね。


3.評価点 7.5 のカードの人気度
 一応、このシリーズで私が強い英雄としている境界線です。
 該当するカードは5枚です。

 評価点7_5

 5枚のうち4枚がTOP10の常連です。
 そんな中、サターナの人気が低いですね。
 ほかの4枚がデッキタイプを選ばないのに対して、どうしても斧槍ハイブリッドにしなければならないということが原因でしょうか?
 私はサターナ入りのデッキを1つ対戦で使用していますが、サターナを布陣すると早めに潰しにくるので、相手にとっては厄介なユニットと認識はされているようです。
 俊足にする条件もデッドランやサキラを使えば2体で満たせます。
 個人的に評価が低すぎる英雄のような気がします。


4.評価点 7.0 のカードの人気度
 強い英雄には一歩及びませんが、それでもTOP10の常連や、もう少しでTOP10という英雄が属するクラスです。

 評価点7_0

 その中でも、ワンドローのネル、挑発のワンドラ、食料ブーストのパクノスが人気です。
 次いで、コピー能力の旧カーヴァイ、敵を倒せば倒すほど手がつけられなくなるセブーナが続きます。
 セブーナは新英雄の中でも安定して採用されているので、他の方々の評価も高いと言えますね。
 あとは、指揮官英雄では最高評価のウィルラとファーエがいますが、人気度は同じくらいですね。
 剣兵はウィルラによって安定さを増しますし、槍も旧ファーエによってより強固になります。


5.評価点 6.5 のカードの人気度
 このへんになるとデッキタイプによって、採用される英雄にばらつきが出てくる感じです。

 評価点6_5

 その中で、カイムラーの人気が高いです。
 槍デッキにも入りますし、射撃3を持っているので、射兵以外の射撃スキル持ち英雄で固めたデッキに採用されるなど、採用されるデッキタイプが他の英雄より多いことが理由かもしれませんね。
 もう少しランクを下げると、ATKブーストのイットク、案内人のフォスタもよく採用されていると言っていいでしょう。
 キチョウは5月はTOP10に入ったものの6月は大幅にランクダウンしたので、評価にはもう少し時間がかかるかもしれませんね。
 ほかにも触れたい英雄はいますが、長くなるのでこのへんで終わります。


6.評価点 6.0 のカードの人気度
 このクラスになると、なかなか採用されないか、月によって採用度に差があるカードで占められます。

 評価点6_0

 そんな中を安定して採用されているのがワジュンです。
 採用度は30位台ですが、波がありません(今月はどうかわかりませんけどね)。
 強化対象が無属性の英雄のみという特殊な指揮官ユニットとも言えますが、彼女を使う人は結構います。


7.評価点 5.5 のカードの人気度
 強いけれども使うには難しい英雄が属しているといったところでしょうか?

 評価点5_5

 この中ではマルクスが6月はトップになっていますが、これは限定版のテジロフの採用数を加えたからです。
 コストが軽く、疑似俊足もちのマナは剣デッキによく採用されていました。
 新ミョムトはパトリーとのコンボで利用する人が多いです。
 その煽りを食らった形で、バルガの採用度は落ちましたね。
 あとは、一人コンビネーションのデッドランの採用も思いのほか高かったです。
 一人コンビネーションという点ではアダマスもいますが、アダマスより採用した人は多かったです。


8.評価点 5 以下のカードの人気度
 評価点 5 以下のカードをまとめました。
 このへんになると対戦で見かけるのが珍しいレベルになります。

 評価点5以下

 しかし、何気にパルテノスを使う人が多いのにビックリします。
 4月は途中からの結果なので除外すれば、採用する人は少ないながらも安定していると言えるのではないでしょうか?


 本日の私的英雄考察はこんな感じです。
 この結果から、私とは違った考え方をする人もいると思います。
 それに、これは私が対戦した際の結果であって、人によっては差異が出るでしょう。
 まあ、参考程度に見ていただければと思います。

 では、このへんで失礼します。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

15:46  |  私的英雄考察  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiaibl.blog88.fc2.com/tb.php/325-7681bdc2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

みんなと同じじゃ嫌な人の為のデッキ

ふーむ、ブログを模様替えしたものの書くことがない…。 バトルラインの方もデッキがマンネリ化しつつあるし、コンクエストまではネタ探し...
2010/07/24(土) 00:09:07 | バトルライン最強への道…渋滞中

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。