2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.07.13 (Tue)

私的英雄考(1)

 本日は私なりに拙い英雄考察みたいなものをしてみようと思います。

 その前に、リンク追加のお知らせです。
 追加したのは、ノロ猫さんの 「ノロ猫のねこまんま日記 =^・ω・^=」 です。

 私よりも早くブログを始めていて、以前より拝見させていただいていました。
 対戦したらリンクをお願いしようと思っていましたが、時間が合わないのか、現在まで対戦ができていません。
 一昨日(?)より、ブログランキングに参加されたのを機にリンクをお願いして、快諾していただきました。
 バトルラインの方ではオンラインとくじだけで戦い抜く企画 「バトルライン放浪記」 をやっています。
 また、バトルライン以外のゲームもやられていますので、興味のある方は見てください。


 それでは、本題に入ります。


【More・・・】

1.強い英雄
 バトルラインの英雄カードは一般兵より優秀です。
 例えば、自由闘士ロックはコスト2ですが、一般兵のコスト3の斧兵・ミスリルアックスと同じスペックですし、青鮫D・フォーグもコスト2でありながら、一般兵のコスト3の槍兵・装甲槍兵とスペックは同じです。
 英雄なので1枚しか使えませんが、コストという概念がある以上コストが低いだけでもメリットはあると思います。
 また、犠牲を払うものの、コスト1で戦闘力7の究極女王クリスタル(槍)、移動範囲が広い絶対勇者ミョムト(旧)などのようなハイスペックの英雄もいます。

 では、バトルラインにおいて強い英雄ってなんでしょうか?
 戦闘力が高いというのも、文字通り 「強さ」 を表していますが、バトルラインは英雄だけで戦うゲームではありません。
 自身の戦闘力は低くても、ほかのユニットを使って、対戦を有利に展開できる英雄も 「強い」 と言えるでしょう。

 そのへんは、雛鳥りむさんの次のカード考察を見るとわかります。

  全カード評点表 Ver2.01.03
  バトルエボリューション 英雄考察
  バトルエボリューション一般兵考察
  バトルエボリューション戦術、修正カード考察
  ver3.00.03考察

 もちろん、上記の考察は雛鳥りむさんのものなので、人によっては評価が異なるカードもあると思います。
 また、こういう記事を書くのであれば、私自身がカードの点数化を行うべきでしょうが、残念ながら私にはそういう素養がありません。
 ただ、雛鳥りむさんの考察は、単に戦闘力の高さだけで、ユニットを評価していません。
 従って今回だけでなく、今後も参考にさせていただくことにします。

 雛鳥りむさんの評価の分類は次のようになっています。

  ・バランスブレイカー、入れない理由がないクラス (10点)
  ・強カード、戦況を一気に有利にできるよクラス (9点、8.5点)
  ・どんなデッキに入れても損はないクラス (8点、7.5点)
  ・デッキ次第では是非入れたいクラス (7点、6.5点)
  ・一工夫してこそ真価を発揮するぜクラス (6点、5.5点)
  ・デッキに入れるには後一押し足りないクラス (5点、4.5点)
  ・入れる枠がもったいないよクラス (4点、3.5点)
  ・コスト1減ってもいれるか悩むクラス (3点、2.5点)
  ・使えないがゆえにいとおしいクラス (2点)
  ・存在意義が不明だぜクラス (1点)

 雛鳥りむさんの評価では、10点と9点のカードはありません。
 これは、雛鳥りむさんがバトルラインだけでなく、他のゲームも経験されているので、それらと比較してバトルラインには、ゲームバランスを崩すような壊れカードはないとしているためでしょう。
 こうして見ると、強いカード(ここでは英雄に限定します)というのは、「どんなデッキに入れても損はないクラス」、つまり、7.5点以上の英雄と言えるのではないでしょうか。


2.対戦相手の採用頻度の高い英雄の評価点
 次に、廃人の記録(9)廃人の記録(10)で紹介している、対戦相手が採用している英雄のTOP5の評価点を確認します。
 一応、参考までに途中から集計を始めた4月と7月のもの(昨日までの集計)も紹介します。

 【4月】
  全ての謎を解くものゼリグ(旧) (8点)
  究極女王クリスタル(槍) (8.5点)
  絶対勇者ミョムト(旧) (7.5点)
  トレジャーハンター・レイダ (7.5点)
  戦神ワンドラ (7点)

 【5月】
  全ての謎を解くものゼリグ(旧) (8点)
  戦神ワンドラ (7点)
  トレジャーハンター・レイダ (7.5点)
  究極女王クリスタル(槍) (8.5点)
  伝説の捕食者パクノス (7点)

 【6月】
  全ての謎を解くものゼリグ(旧) (8点)
  究極女王クリスタル(槍) (8.5点)
  トレジャーハンター・レイダ (7.5点)
  絶対勇者ミョムト(旧) (7.5点)
  伝説の捕食者パクノス (7点)

 【7月】 注)パトリーとワンドラは採用数が同じです
  全ての謎を解くものゼリグ(旧) (8点)
  究極女王クリスタル(槍) (8.5点)
  トレジャーハンター・レイダ (7.5点)
  絶対勇者ミョムト(旧) (7.5点)
  勇者の馬パトリー (7.5点)
  戦神ワンドラ (7点)

 各月の採用英雄TOP5の平均点数は、4月が 7.7点、5月が 7.6点、6月が 7.7点、7月が 7.7点となります。
 見ればわかるとおり、「どんなデッキに入れても損はないクラス」 の英雄が多く採用されていることが分かります。
 まあ、実際にこの5人の英雄を全て採用しているデッキは少ないです。
 このへんは、次回の考察で詳しく見ていきたいと思います。


3.自分のデッキの採用英雄の評価点
 次に、私が現在対戦で使用している英雄の評価点を見てみましょう。

 【槍デッキ1】
   全ての謎を解くものゼリグ(旧) (8点)
   「ミス・リセット」ファーエ(旧) (7点)
   戦神ワンドラ (7点)
   裸の騎士カイムラー (6.5点)
   拾い武器のデッドラン (5.5点)
   平均評価点 6.8点

 【槍デッキ2】
   「ミス・リセット」ファーエ(旧) (7点)
   戦神ワンドラ (7点)
   拾い武器のデッドラン (5.5点)
   天下無双のミクニ (5点)
   青鮫D・フォーグ (6点)
   平均評価点 6.1点
   注)青鮫D・フォーグの点数は便宜上、装甲槍兵と同じにしました。

 【剣デッキ】
   戦狂のオルス(旧) (4.5点)
   究極女王クリスタル(剣) (7点)
   世界樹の守人マナ (5.5点)
   絶対勇者ミョムト(旧) (7.5点)
   内なる仮面ジークムント (6.5点)
   平均評価点 6.1点

 【斧デッキ】
   無限の戦士カーヴァイ(新) (6点)
   勇者の馬パトリー (7.5点)
   のろわれし兄弟ヴァイズ (6.5点)
   吸精主アイア (5.5点)
   ニンテルド空軍フォスタ (6.5点)
   平均評価点 6.4点

 【斧槍デッキ1】
   「ミス・リセット」ファーエ(旧) (7点)
   戦神ワンドラ (7点)
   魅惑の肢体ディアドラ (5.5点)
   拾い武器のデッドラン (5.5点)
   八極燕隠流サキラ (6.5点)
   平均評価点 6.3点

 【斧槍デッキ2】
   無限の戦士カーヴァイ(新) (6点)
   のろわれし兄弟ヴァイズ (6.5点)
   吸精主アイア (5.5点)
   セグアの若き女王サターナ (7.5点)
   八極燕隠流サキラ (6.5点)
   平均評価点 6.4点

 【女性デッキ】
   セグア副将軍ラムセス (7点)
   無限の戦士カーヴァイ(新) (6点)
   世界樹の守人マナ (5.5点)
   戦神ワンドラ (7点)
   八極燕隠流サキラ (6.5点)
   平均評価点 6.4点

 【無兵種デッキ】
   青い音速ギア (6.5点)
   全ての謎を解くものゼリグ(新) (6.5点)
   トレジャーハンター・レイダ (7.5点)
   ガリィ・レジェンダ (5.5点)
   進化する英雄セブーナ (7点)
   平均評価点 6.6点

 【覚醒デッキ】
   神の落し物テジロフ(新) (7点)
   戦狂のオルス(新) (6.5点)
   無限の戦士カーヴァイ(新) (6点)
   蒼い流星ロクマ (7点)
   八極燕隠流サキラ (6.5点)
   平均評価点 6.6点

 強い英雄も採用していますが、全体的には 「デッキ次第では是非入れたいクラス」 と 「一工夫してこそ真価を発揮するぜクラス」 の英雄を採用しています。
 こうして見ると、自分のこだわりに合った英雄選択をしていると言えそうです。
 組んだデッキの構成が適切であるかどうかは別の話しですけどね・・・。


 全然、考察になっていませんが、これが私の限界ということでご勘弁願います。
 では、今日はこのへんで失礼します。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

15:36  |  私的英雄考察  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●No title

D・フォーグはコスト的に装甲槍兵と同じにならないでしょう。
でも英雄枠を使うという点も考慮しないとですな。
ブログでカード考察やってる人が多いのでよく参考にしてます。
レゲー好き |  2010年07月13日(火) 21:04 |  URL |  【コメント編集】

●対戦ありがとうございました

部屋立てようかなと思っていたらケーアイさんの名前が見えたので入ってみました。まさかこんなに早く機会が来るとは・・・
一応さっきのは主人公英雄と+男の娘と女性一般兵で組んでみたデッキでした。対戦ありがとうございました。またの機会によろしくお願いします!
ノロ猫 |  2010年07月13日(火) 22:10 |  URL |  【コメント編集】

●No title

>レゲー好きさん
 コメントありがとうございます。
 D・フォーグについては曖昧でした。
 りむさんの考察でロックとミスリルアックスが同じ点数だったので、D・フォーグに関しては装甲槍兵と同じ評価点にしました。
 ただ、斧兵と槍兵の違いもあるので、もっと厳密に評価すべきだったかも・・・。
 あと、2枚入れられる一般兵と1枚しか入れられない英雄を一緒に考えたのも良くなかったですね。
 貴重な意見をありがとうございました。

>ノロ猫さん
 こちらこそ対戦ありがとうございました。
 こちらもこんなに早く対戦できるとは思っていませんでした。
 こちらが使用したのは、覚醒デッキでした。
 また機会があれば、対戦をお願いします。
ケーアイ |  2010年07月13日(火) 22:29 |  URL |  【コメント編集】

マジで考察になってねえよ
他人の評価したものを集計してるだけじゃねーか
少しは自分なりの英雄の評価を入れろよ
i-to |  2010年12月12日(日) 07:35 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiaibl.blog88.fc2.com/tb.php/319-23c78689

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。