2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.07.01 (Thu)

宝くじに当たるより・・・

 今さらですが、一昨日のサッカーW杯の日本代表の試合は非常に残念でした。
 トーナメントのため、どちらかが勝ち上がらなければならないので、PK戦となりましたが、南米のチームに互角の戦いをした選手たちは素晴らしかったです。
 PK戦は運みたいなものだと私は思っていますので、外した駒野選手を責める気は毛頭ありません。
 ワールドカップでは、名選手でさえPKを外しています。
 例えば、1986年メキシコ大会の準々決勝・ブラジルVSフランスでは、ジーコ、ソクラテス、プラティニが外しています。
 あと有名なところでは、1994年アメリカ大会の決勝戦・ブラジルVSイタリアでのロベルト・バッジョでしょう。
 ベスト4という目標は達成できませんでしたが、選手たちの健闘は称賛に値すると思います。


 さて、今日の本題です。
 昨日の記事で、少し触れましたが先月の28日に開発の高橋コータさんと対戦する機会がありました。
 そのときに用いたデッキと、対戦の様子を記憶している範囲で紹介します。
 高橋さん、勝手にこんなことをしてすみません。



【More・・・】

 実は、あの日は10日ぶりに対戦を行ったのですが、最初の対戦からひどいうっかりプレイが続き、我ながら呆れてしまいました。
 高橋さんと対戦したのは、その日の7戦目です。
 高橋さんの方では、私のデッキを 「変則斧槍デッキ」 としていますが、私が使用したデッキはこちらです。

       使用したデッキ

 すでに、ブログで公開している女性デッキです。
 一応、一般兵は剣兵、斧兵、槍兵を均等に入れてあります(サージェントも覚醒すれば剣兵になります)。
 ウルフヘズナルは好きなユニットなので、このデッキのコンセプトから外れるけど1枚挿しです。
 英雄は剣兵からはマナ、槍兵からはワンドラ、斧兵からは新カーヴァイ(覚醒すれば)、斧槍兵種持ちのサキラ、そして、第二の戦術的撤退としてラムセスを採用しています。
 攻め手は高橋さんも推察されているように、バリエーションスクラムもしくはコンビネーション、フリーファイトによる突貫制圧と、強行軍によるすり抜けです。

 対戦では、初手に強行軍があったので、なんとか戦闘力3のユニットで駆け抜けたかったのですが、そうそう思うようにユニットは来ませんでした・・・。
 要所をうまく止められて、かなり難儀な対戦となります。

 高橋さんがブログでミスと言及している2ターン前からの布陣を次に示します。

      高橋さん_1

 自陣にこちらのユニットがまだ布陣されていましたが、ここでは関係ないので明記しません・・・というか何を布陣していたか忘れました・・・。
 上の布陣のときに、戦術的撤退とフリーファイトが手札にありました。
 ガイアを前進させても尖兵で相打ちにされるので、ここで使用することを決断しました。
 あと、クロスボウを止められるユニットがなかったので、マナで倒して次にカウンターを取れる位置をキープしよう考えました。
 その結果として、下のような布陣になりました。

      高橋さん_2

 マナは倒されるのを前提、覚醒ガイアも倒されtて、新ミョムトが残ることを覚悟していました。
 しかし、高橋さんのミスにより、新ミョムトと覚醒ガイアは相打ちとなります。
 高橋さんはマノスとエリールナイトを布陣し、メンアットアームズを次のターンで倒す算段に出ます。

      高橋さん_3

 このとき、私はエリールナイトを戦闘力2、ATC+2だと勘違いして、どうしようかとかなり悩みました。
 しかし、マノスを避けてATC+2されるのは嫌なので、ここでフリーファイトを使うことにしました (左に移動してもやられちゃいますしね)。
 そして、ターン終了時は次の状態になります。
 このとき、私はここから攻め直す方法を考えていました。

     高橋さん_4

 実際には、エリールナイトは戦闘力2、ATC+1でメンアットアームズを倒せないため、高橋さんは投了されました。
 しかし、決して実力で勝った訳ではありません。
 最後もフリーファイトがなければ、危なかったわけですし、パトリーや槍クリスタルが布陣されなかったのも助かりました。
 本当に運が味方しただけです。
 幸い、この対戦ではうっかりプレイはしませんでしたし・・・たぶん・・・。

 そんなわけで、高橋さんはかなり持ち上げてくれていますが、実際にはほんのわずかのツキがこちらに傾いただけです。
 対戦した後に高橋さんの記事に気付いたので、SSは取れなかったのが残念です。

 しかし、こういうイベント(?)的なことには縁がない人間なので、今回の対戦は宝くじが当たるより嬉しかったです (少しオーバーかな・・・?)。

 最後に、高橋さん、対戦ありがとうございました!
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

12:00  |  プレイ日記・雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiaibl.blog88.fc2.com/tb.php/307-559891b3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。