2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.14 (Mon)

フィーリング・バトルライン(戦術編) ~その1~

 本日はフィーリング・バトルラインです。
 今回から戦術編に入ります。

 まずは、ファイヤーストームから突貫突撃までです。


1.確認結果一覧
 まずは、先攻・後攻でのドローの確認をした結果です。

戦術確認結果その1

 【平均ドローターン数とは?】
  5回試してそのカードをドローしたターンの平均値です。
  ただし、目的のカードがドローできなかった場合は、最終ドローターン以降もカードをドローし続けたと仮定して、最後にそのカードをドローするターン数(先攻なら35ターン、後攻なら36ターン)を適用しています。

 【ドロー率とは?】
  5回の間に目的のカードをドローした確率です。
  たとえば、5回中3回ドローできた場合は、ドロー率は60%となります。


 ドローできたのは100回中、先攻で62回、後攻で68回でした。
 やや、後攻の方がドローできているようですが、まだ戦術は残っているので、どうなるかはわかりません。


2.ドローするターン数
 ドローしたターン数についての結果は次のようになりました。

各ターンにおけるドロー回数(戦術その1・先攻) 各ターンにおけるドロー回数(戦術その1・後攻)

 初手でドローする回数が多いのは変わりませんね。
 まあ、初手でデッキ全体の約4分の1のカードを引くので、当たり前でしょうか。


3.ドロー率とその回数
 ドロー率の回数は次のようになりました。

ドロー率と回数(戦術その1・先攻) ドロー率と回数(戦術その1・後攻)

 後攻の方がドローできているので、こういう結果になりますね。
 ただ、戦術20枚中3枚で100%と言うのは、良すぎる気もします。


4.相性のいい戦術? ~その1~
 さて、今回の確認で私と相性いい戦術は次のようになります。
 優先順位はこれまでと同じく、ドロー率→平均ドローターン数です。

戦術との相性その1(先攻) 戦術との相性その1(後攻)

 後攻で槍スクラム4が、今までの最高記録の 4.4 を上回る 4.0 を記録したのも束の間で、矢ぶすまが先攻で 2.6 という驚異的なターン数をたたき出しました。
 まあ、理論上は先攻で 1.0、後攻で 2.0 という値が出る可能性もありますが、この記録を残りのカードで上回るのは厳しいでしょう。
 今回の確認では、槍スクラム4、ファイヤースト―ム、パリィとの相性が先攻と後攻の両方でいいようです。

 今回のフィーリング・バトルラインはここまでです。
 では、失礼します。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

13:18  |  フィーリング・バトルライン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiaibl.blog88.fc2.com/tb.php/289-fe09d4c6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。