2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.03 (Thu)

フィーリング・バトルライン(英雄編) ~その3~

 保坂さん主催の第8回フライデー・ナイト・バトルライン 2nd Season の告知がされました。
 私は微妙な状況です(開始時間までに大会用チャットに入室できない可能性があります)。
 リザーバーが必要な場合は協力したいと思います。
 昼は時間が空いているので、事前レポートは書きます。


 さて、タイトルにあるように、本日はフィーリング・バトルラインの英雄編の第3弾です。
 なんだかんだで、このシリーズも10回目ですね。

 今回は風来坊パルテノスから、チーフ・ハイロウまでです。
 この検証が一番緊張しました。
 その理由はア○ゴが含まれているからです。


1.確認結果一覧
 まずは、先攻後攻での各英雄のドローの確認した結果です。
 英雄確認結果その3

 【平均ドローターン数とは?】
  5回試してそのカードをドローしたターンの平均値です。
  ただし、目的のカードがドローできなかった場合は、最終ドローターン以降もカードをドローし続けたと仮定して、最後にそのカードをドローするターン数(先攻なら35ターン、後攻なら36ターン)を適用しています。

 【ドロー率とは?】
  5回の間に目的のカードをドローした確率です。
  たとえば、5回中3回ドローできた場合は、ドロー率は60%となります。


 前回までとの累計(プラチナボックスの英雄も含みます)では、、315回中190回、先攻でドローできたのは120回、後攻では202回でした。
 先攻で60%、後攻で65%ですから、やや後攻の方がドローできています。
 そして、気になるア○ゴは先攻で60%、後攻で80%という結果でした。
 ちょっとドローしすぎです・・・。

 では、次に 「ドローするターン」 と 「ドロー率とその回数」 を見てみましょう。


2.ドローするターン数
 カードをドローしたターン数についてまとめたところ、次のようになりました。
 ちなみに、前回の結果と累計しています。

各ターンにおけるドロー回数(英雄その1~3・先攻) 各ターンにおけるドロー回数(英雄その1~3・後攻)

 初手ドローの独走状態です。
 そのせいで、他のターンはそれほど差がないように見えますが、先攻の方がそれぞれのターンで均等にドローできています。
 後攻では初手以外のターンで、ドロー回数に10以上の差がついているターンがあります。


3.ドロー率とその回数
 次に、今までの結果も含めてドロー率の回数をまとめました。

ドロー率と回数(英雄その1~3・先攻) ドロー率と回数(英雄その1~3・後攻)

 先攻の方は、前回までと同様に60%を中心に均等に分布していますが、後攻の方はより偏ってきた感いいです。
 残りの英雄の数を考えると、この傾向のままいきそうです。


4.相性のいい英雄? ~その3~
 さて、今回の確認で私と相性いい英雄は次のようになります。
 優先順位は前回と同じく、ドロー率→平均ドローターン数です。

英雄との相性その3(先攻) 英雄との相性その3(後攻)

 今回は先攻はドロー率80%、60%、40%が5つずつと見事に均等になりました。
 後攻はドロー率100%が2つ、80%が7つと半数以上がドロー率が良いという結果でした。

 残る英雄はあと30です。
 果たしてどんな結果がでることやら・・・?

 フィーリング・バトルラインの英雄編の第3弾はこんな結果でした。 
 では、今日はこのへんで失礼します。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

12:50  |  フィーリング・バトルライン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiaibl.blog88.fc2.com/tb.php/278-1632e9b8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。