2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.16 (Sun)

フィーリング・バトルライン(一般兵・騎兵編)

 本日は予告通りフィーリング・バトルラインです。
 いつもの始まりのパターンは前回で終わりにしました。
 あまりにもパクリ続けるのは失礼ですから。

 目的のカードがドローできたときの喜びと、ドローできなかったときの虚しさが、どんな対戦よりも味わえるこのシリーズですが、今日は一般兵の騎兵との相性を報告します。


1.確認結果一覧
 まずは、一般兵の騎兵17種について調査した結果です。

 騎兵確認結果

 【平均ドローターン数とは?】
  5回試してそのカードをドローしたターンの平均値です。
  ただし、目的のカードがドローできなかった場合は、最終ドローターン以降もカードをドローし続けたと仮定して、最後にそのカードをドローするターン数(先攻なら35ターン、後攻なら36ターン)を適用しています。

 【ドロー率とは?】
  5回の間に目的のカードをドローした確率です。
  たとえば、5回中3回ドローできた場合は、ドロー率は60%となります。


 騎兵は85回中、先攻で54回、後攻で52回ドローできたので、どちらも60%以上ドローできました。

 では、次に 「ドローするターン」 と 「ドロー率とその回数」 を見てみましょう。


2.ドローするターン数
 カードをドローしたターン数についてまとめたところ、次のようになりました。

各ターンにおけるドロー回数(騎兵・先攻) 各ターンにおけるドロー回数(騎兵・後攻)

 後攻のときは初手でドローする確率が今までと同様に高かったのですが、先攻のときは初手が最も多いものの、他のターンとの差がありませんでした。
 先攻のときは各ターンで平均的にドローできています。
 まあ、単なる偶然だと思います。


3.ドロー率とその回数
 次に、ドロー率の回数についてまとめてみました。

ドロー率と回数(騎兵・先攻) ドロー率と回数(騎兵・後攻)

 先攻のほうは60%中心に平均的ですが、後攻はドローがいいものと悪いものに分かれた感じです。


4.相性のいい騎兵?
 さて、私と相性いい騎兵は次のようになります。
 優先順位は前回と同じく、ドロー率→平均ドローターン数です。

騎兵との相性(先攻) 騎兵との相性(後攻)

 ドロー率100%が先攻で3つ、後攻で1つでました。
 斧兵ほどではありませんが、このドロー率は高いと言っていいでしょう。
 あまり騎兵は使わないのですが、使ってみてもいいかもしれませんが、スロヴィア・ドラグーンはともかく、エリートランサー、ジャウドス、カタフラクトはどうでしょうか・・・。

 さて、次も私がほとんど使わない魔兵です。
 魔兵は召喚が使えるので、魔兵との相性が悪いと召喚が使えない(?)ということになります。
 さて、どんな結果になることやら。

 今日はこんなところです。
 では、失礼します。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

13:22  |  フィーリング・バトルライン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiaibl.blog88.fc2.com/tb.php/260-81ba57b8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。