2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.07 (Fri)

フィーリング・バトルライン(一般兵・剣兵編)

 昨日まで、物量的に重い記事が続いたので、今日はあっさりと終わらせる予定でした。
 しかし、もう1件検証依頼があったことを思い出したので、その内容を確認してみました。
 私の名誉のために、検証依頼内容をノーカットで紹介します。

 ☆★☆★☆ 検証依頼 ☆★☆★☆
 やぁ!!ケーアイさんファンクラブ会長ゆにたんだよ!!
 ゆにたんはどんなデッキでも相手になんか言う事はないので
 対戦時は遠慮なく食糧40枚デッキにするといいとおもいます☆

 んで親愛なるケーアイさんに検証を依頼してみます☆
 その内容とは!!

 ケーアイさんと最も相性のいいユニットを検証してみて!!
 ルールは簡単、全ユニットの出現ターンを5試合分はかって
 平均出現ターンをランキングにして教えてください☆
 ちゃんと枚数は1枚にしてね!!
 ってことでよろしくですぅ
 ※日本語が分からなかったらゆにたんに直接訊くか
 ○ンさんに翻訳をお願いするといいと思います。
 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 え~と・・・これ検証ですか?
 単なる運試しのような気がする・・・。
 しかし、この依頼に対する私の返信コメントは・・・。

 ☆★☆★☆ 返信コメント ☆★☆★☆
 ゆにたんさん、コメントありがとございます。
 おもしろい検証依頼ありがとうございます。
 いい暇つぶしになりそうなので、確認したいと思います。
 結果発表はいつになるかわかりませんが、必ずやりますからね。
 では~。
 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 ・・・・・・・・・やるって言っちゃいました。
 言ってしまったことなのでやりますよ。やればいいんでしょ。

 だけど、カード枚数が多いので、一度に発表するのは大変なので区切りのいいところまで終わったら、随時報告することにします。
 ということで、今回は一般兵・剣兵編です。
 たいした内容ではないので、これより先は読む必要ないと思いますよ。

 一応、警告したからね!


【More・・・】

 やぁ、ケーアイのテリトリーへようこそ。
 いきなりだけど帰ったほうがいいんじゃないかな?
 これは、痛い奴による、痛い奴の為の、痛い記事だぜ。

 ・まともな内容などない
 ・見にくさは世界でトップレベル、しかも直すつもりなど毛頭ない。
 ・この記事はネタとか冗談で出来てる。
 ・書いてる奴はこんな奴

 ということで、某有名ブログのパクリオマージュから始めます。


1.確認結果一覧
 まずは、一般兵の剣兵24種について調査した結果です。

 剣兵確認結果_2

 剣兵確認結果_1

 平均ターン数とは、5回試してそのカードをドローしたターンの平均値です。
 しかし、カードは先攻なら19ターン、後攻なら20ターンまでしかドローできません(最初の頃は、ルール制限なしで最終ドローターン以降もカードをドローして対戦するモードがあったんですけどね)。
 すると当然、カードをドローしないケースも出てきます。
 その場合は、最終ドローターン以降もカードをドローし続けたと仮定して、最後にそのカードをドローするターン数(先攻なら35ターン、後攻なら36ターン)を適用しました。
 ドロー率は、5回の間に目的のカードをドローした確率です。

 剣兵24種について5回ずつ試すので、合計120回行うことになります。
 今回の結果では120回中カードをドローできなかったのは、先攻時は50回、後攻時は41回でしたから、カードを1枚しか入れてなくても、60%近い確率で最終ドローターンまでにドローできていることになりますね。
 ただ、これだと見ずらいので、もう少し分析してみましょう。


2.ドローするターン数
 次に、カードをドローしたターン数について、下のようにまとめてみました。

 各ターンにおけるドロー回数(後攻)  各ターンにおけるドロー回数(先攻)

 先攻、後攻とも初手で目的のカードをドローした回数が多いです。
 それ以外のターンでは、ほぼ同じ回数でドローしています。
 初手でのドローが多いのは意外と思われる方もいると思いますが、初手は最初に配られる手札5枚を含んでいるので、2枚のドローも含めて7枚のカードがあるわけですから、この結果は当然かもしれません。
 あ、ちなみにこれは確率論的な根拠はありません。
 私の勝手な想像です。


3.ドロー率とその回数
 次に、ドロー率の回数についてまとめてみました。

 ドロー率と回数(後攻) ドロー率と回数(先攻)

 先攻の場合は、60%を中心に均等にドローしていますが、後攻の場合は60%と80%に偏っているのがわかります。
 「だからなんだ?」 と言われても困りますけどね。


4.相性のいい剣兵?
 さて、私と相性いい剣兵は次のようになります。
 一応、優先順位はドロー率→平均ドローターン数の順です。

剣兵との相性(先攻) 剣兵との相性(後攻)

 後攻の方は問題ありませんが、先攻の方はドロー率と平均ドローターン数の間に問題がありますね。
 たとえば、ソードガーディアンはドロー率は60%で平均ドローター数は 28.2 です。
 つまり、ドローしたとしても終盤でのドローが多かったわけです。
 それに対して、赤たてがみの突撃兵は、ドロー率は40%とソードガーディアンに劣りますが、平均ドローターンは 18.6 です。
 これは、ドローする確率は低いが、ドローした場合は早いターンでドローができていることを意味します。


4.おわりに
 次はいつになるかわかりませんが、斧兵について報告します。
 斧兵も24種あるんですよね・・・。
 ちなみに、この確認作業は3枚のカードについて確認するのに、約1時間かかります。

 自分もやってみようと思っている人に忠告しておきます。
 この作業をするときは、次のことを肝に銘じておいてください。

  ・何も考えてはいけない
  ・何も思ってはいけない
  ・立ち止まってはいけない
  ・振り返ってはいけない

 ですが、正直こう思いました。

 ファーエ(アイアムBOY)

 こんな内容で、すみませんでした。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

14:45  |  フィーリング・バトルライン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●No title

ゆにたんの名誉のためにいっとくと、一応英雄だけでいいって
譲歩したのに、こんなマゾ…いや、丁寧な検証にしたの
ケーアイさんだからね…うん…おつかれさまでした…
次も楽しみにしてますよ!!
みんなのあいどる☆ゆにたん |  2010年05月07日(金) 23:22 |  URL |  【コメント編集】

●No title

ゆにたんさん、コメントありがとうございます。
英雄との相性を調べても、それと組むユニットや戦術の相性が悪かったら意味ないですからね~。
まあ、検証だけして、「はい、終わり」 にはしたくないので、しっかりとやらせていただきますよ。
たまに八つ当たりするかもしれないけど、そのときは許してね(笑)
ケーアイ |  2010年05月09日(日) 17:34 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiaibl.blog88.fc2.com/tb.php/251-af321083

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。