2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.05 (Wed)

第4回小恋たんの「作って ☆○○デッキ★」

 いまゆしさん主催の第1回 Glorious Saturday の予選の対戦の詳細を昨日追加しました。
 ファーエ視点(?)で仕上げてみましたがどうでしょうか?
 第5回FNBL大会レポートのような真面目な説明がお好みの方にとっては 「ふざけすぎだ!」 と憤慨されるかもしれません。
 私としては手間的にはそれほど変わりませんので、前の形式に戻せという意見が多ければ戻します。

 さて、大会関連の記事を優先したので、乗り遅れ感が漂いますが、第4回小恋たんの「作って ☆○○デッキ★」に参加します。

 今回のお題は 「戦が奇数(1・3・5・7)のユニット禁止」 です。

 今回も使用できるカードとできないカードをまとめてみました。
 すでにデッキを公開なさっている方もいらっしゃるので、不要かと思いましたが、これから作ろうと言う人もいるかもしれないので、とりあえず載せます。
 は今回の企画で使えないカードです。

 ≪ 一般兵・剣兵≫
 第4回小恋たん企画剣兵制限
 ※) ソードガーディアンは迷いましたが、元の戦闘力が4なので使用可としました。

 ≪ 一般兵・斧兵≫
 第4回小恋たん企画斧兵制限
  ※) ソウルアックスは覚醒すると戦闘力3ですが、元の戦闘力が2なので使用可としました。

 ≪ 一般兵・槍兵≫
 第4回小恋たん企画槍兵制限
 ※) ガイアの槍使いは覚醒すると戦闘力3ですが、元の戦闘力が2なので使用可としました。

 ≪ 一般兵・射兵≫
 第4回小恋たん企画射兵制限

 ≪ 一般兵・騎兵≫
 第4回小恋たん企画騎兵制限

 ≪ 一般兵・魔兵≫
 第4回小恋たん企画魔兵制限

 ≪ 一般兵・無兵種≫
 第4回小恋たん企画無兵種制限

 ≪ 英雄≫
 第4回小恋たん企画英雄制限
 ※) セブーナは戦闘で敵を倒すと戦闘力+1されますが、元の戦闘力が4なので使用可としました。

 ドローユニット系で使えるのは、大剣の紋章官のみです。
 対戦では1枚でも多くドローした方が有利ですから、これは痛いですね。
 さらに、大剣の紋章官の場合は、後ろに味方の剣兵いることが条件ですから、剣デッキまたは剣兵多めのデッキにしないとドローは望めそうもありませんね。

 食料ブーストユニットもパクノスのみです。
 戦闘力1が禁止されているので、コスト0で使えるのは剣民兵だけです。
 食料事故になりにくい枚数をデッキに入れることになりますかね?

 単デッキで今回の縛りをもろに食らったのは、射兵でしょう。
 魔弓兵しか使えません。
 騎兵と無兵種も単デッキを組むのは厳しそうです。

 その反面、パラディン、旧テジロフ、旧ミョムト、旧トーファイは使えます。
 移動スキルを持った、ラムセス、旧ゼリグ、ワンドラ、ドロシーが使えます。
 そういう点では、前回よりはデッキを組みやすいのかなあと思いました。

 戦術は今回は自由です。

 では早速作ったデッキを発表します。



【More・・・】

1.逆襲のオーダイン
 まずはこちら。

 第4回小恋たんデッキ_1

【コンセプトのようなもの】
 魔兵と言えば召喚はつきものです。
 しかし、対戦で見かける召喚は、ミスリルゴーレム、ティターン、ストーンゴーレム、バルハムートといった戦闘力が奇数のものばかり。
 今回の条件では、これらが使えないので、使用できる召喚はイルフリートとオーダインだけです。
 「コスト2は重い」、「ミスゴで十分」等々の理由で、虐げられてきたオーダインにようやく陽が当ります。

 「待っていた・・・この時を! 今まで嘲ってきた者たちへ、
        我が大いなる力を見せつけてくれるわ!」

 ということで、魔兵デッキを組んでみました。

【デッキ解説】
 ・食料:11枚
  少ないかなあ・・・、少ないかも・・・、少ないような気がする・・・。

 ・一般兵:14枚
  結界術師×2
   前にいる味方ユニットを相手の戦術カードが効かないようにしてくれます。
   できれば影縫いの術者のほうがよかったけど、影縫いは使えませんから・・・。
   でも、これはこれで有効なスキルですよ。

  紅蓮の高等術師×2
   自分の左右にいる敵ユニットのいずれかに1ダメージ与える風変りなスキル持ち。
   魔兵では貴重なATC補正を持っています。

  毒牙の工作員×2
   対槍クリスタル要員。
   コスト1以下の兵種持ちの天敵でもあります。
   でも、相打ち覚悟で来られると、2体しか倒せないんですよね・・・。

  アースクエイカー×2
   布陣したときに敵陣にいる戦闘力1のユニットの行動を封じるスキル持ち。
   行動は封じるけど、移動までは封じないんですよね?
   使ったことないからわからないし、使われたこともあまりないのでわかりません・・・。

  スロヴィアの召喚師×2
   魔兵2体換算になる魔兵のお姉さん。
   コスト2は重いように思えますが、1マスで魔兵2体と考えれば・・・。

  イルフリート×2
   布陣するためには魔兵3体必要です。
   攻撃力は6ありますが、戦闘力2がネックになっているのか?
   でも、パラディンと睨み合えるのは頼もしいです。
   オーダインの影に隠れていますが、彼もこの機会に闘志を燃やしています。

  オーダイン×2
   イルフリート同様に布陣するためには魔兵3体が必要です。
   召喚の中で唯一の兵種持ちです。
   兵種がなくて俊足スキルだったら、もう少し使われたんだろうなと思います。
   このデッキの主役です。

 ・英雄:5枚
  神の落とし物テジロフ(新)
   魔兵デッキなら、こちらを採用します。
   覚醒できれば、パラディンと互角になるだけでなく、魔兵2体換算になります。
   コストも1ですから、殴れるアントワネットと言ったところっでしょうか?

  セグア副将軍ラムセス
   戦術的撤退と同じスキルを持っています。
   コストオーバーしているときは戦術カードと割り切って使います。
   今回はテジロフの応援(?)で参加しています。

  錬金術師アントワネット
   コストが増えたのは成長期なのか、それとも大人の事情と言うやつか?
   でも、魔兵2体換算だから、それほどデメリットではないと思うのは、私が魔兵を使わないから?

  時を翔る聖女クローディア
   本当は魔兵英雄にしたかったが、イーサン&ココットが使えないため、魔兵英雄は4人なので採用。
   彼女を維持するのは、かなり厳しいので、終盤の布陣になるでしょう。

  世界のドロシー
   彼女と相性がいいのは、俊足のオーダインと覚醒したテジロフ程度?
   なぜ採用したかと言われたら、それは彼女が魔兵だからです。
    
 ・戦術:10枚
  ファイヤーストーム、サンダーボルト
   魔兵戦術です。
   戦闘で倒セない場合は、組み合わせて使います。

  魔法の鎧
   魔兵強化戦術。
   ATCだけでなくDEFも付くのが嬉しいです。
   油断して近づいてきた敵を倒しましょう。

  ゲリラ戦術
   このデッキでは対象となるユニットは10体います。
   魔兵とは相性のいいカードの一つです。

  アンブッシュ、挑発、戦術的撤退
   説明省略です。

  現地の案内人
   テジロフ覚醒用に使いたいです。
   テジロフが出遅れた場合はテジロフに、テジロフが早めに布陣できた場合はそのほかのユニットに使います。

  発見された遺跡
   このデッキ唯一のドローカード。
   このカードをドローできるか、使用できるかは、まさしく運次第です。

  迅速な配置転換
   兵種を問わずに使用できるので、オーダインにも有効です。
   オーダインの中立からの攻撃、敵陣1列目からの入れ替えての制圧にどうぞ。


2.とにかく制圧
 つぎはこちら

 第4回小恋たんデッキ_2

【コンセプトのようなもの】
 パラディン使えるしなあ~。旧ミョムトも使えるな~。
 旧テジロフも旧トーファイも使えるな~。
 と思いましたが、そういうのを詰め込むのは好きではないので、パラディンと旧ミョムトを入れて、あとは斧と槍を均等に入れてみました。
 カタール兵はコスト1の中では良ユニットなので採用です。
 剣・斧・槍なのでコンビネーションが可能。
 斧・槍でバリエーションスクラムも可能。
 敵陣で孤立してもフリーファイトで突破と、とにかく制圧を目指しました。

【デッキ解説】
 ・食料:11枚
  これも少ないような・・・。
  まあ、事故ったら、その時はその時で・・・。

 ・一般兵:14枚
  剣民兵×2
   イルフリートを除けば、コスト0で使用できる唯一のユニットです。
   どれだけ頑張れるかわかりませんが、食料事情が厳しいこのデッキにはなくてはならない存在です。

  パラディン×2
   バトルラインの一般兵の中で、最もハイスペックなユニットです。
   普段の対戦でも、相手の食料をチェックして、「パラディンが来るな」 と思うと十中八九来るほどです。
   他の剣兵が剣民兵なので、こいつを積んでも文句はないでしょう?

  ソウルアックス×2
   覚醒すれば戦闘力3になります。
   覚醒してもATC+2なので、他の斧兵と比べると突貫は仕掛けにくいです。
   しかし、覚醒させれば射撃耐性を得るので、なんとか覚醒させたいところです。

  エスキモーの槌使い×2
   味方の槍兵が1体いれば、ATC+4になります。
   敵の戦闘力6を牽制できるのは大きいです。
   ATC+4なら突貫もかけやすいです。

  ガイアの槍使い×2
   覚醒すれば防御力6の強固な壁になります。
   コスト1という軽さも魅力です。
   ソウルアックス同様、覚醒すれば射撃耐性がつくので、是非とも覚醒させたいです。

  フランキスカ×2
   味方の斧兵がいれば、ATC+2になります。
   サンデンスの歩哨のように、陣形に依存しないので、こちらを採用しました。

  カタール兵×2
   一般兵ではこのデッキ唯一の無兵種です。
   コンビネーションやスクラムの対象にはなりませんが、フリーファイトを使えば突貫できます。
   また、ゲリラ戦術の対象にもなるので、使い勝手は広いです。

 ・英雄:5枚
  全ての謎を解くものゼリグ(旧)
   敵を移動させる能力にかけては、他のユニットの追随を許しません。
   どんなデッキにも合うので、腐ることがありません。
   それゆえに、一番多く見かける英雄です。

  絶対勇者ミョムト(旧)
   戦闘力6の英雄からは彼をチョイスしました。
   旧テジロフほど相手の陣形に影響は与えません。
   旧トーファイのように相手の戦術やスキルを無効にしません。
   何よりも制圧できません。
   制圧を目指すデッキで、制圧できない彼はジョーカー的な存在でしょうか?

  戦神ワンドラ
   挑発スキルを持っています。
   使いどころは見極めがいるでしょうが、旧ゼリグと挑発もあるので、積極的に使ってもいいかも。

  時を翔る聖女クローディア
   兵種を問わずに強化できるので採用しました。
   前のデッキ同様、維持するのは難しいので、布陣は終盤になるでしょう。

  伝説の捕食者パクノス
   食料に難があるこのデッキで貴重な食料を持ってきてくれる王様。
   戦闘力4は序盤なら活躍してくれるでしょう。
    
 ・戦術:10枚
  前のデッキと重複していないカードのみを説明します。

  コンビネーション、バリエーションスクラム
   決まれば大きいATC、DEF補正戦術。
   単体でも大きいですが、両方使って敵陣奥に進めば、偽報以外で制圧を防ぐのは難しいはず。

  会心の一撃
   遺跡に次ぐ貴重なドローカード。
   手札に来れば迷わず使う?

  突貫突撃
   制圧狙いなので当然入ります。
   制圧時のセリフを見たい人はどうぞ。

  フリーファイト
   敵陣に前進したけど、固いユニットに阻まれた経験はありませんか?
   そんな時にはこれ!
   味方の援軍が遅れて孤立してしまっても、これがあればもう安心!
   先走ってしまったあなたを助けてくれること間違いなし!


 今回は時間がないので2つだけです。
 ただし、デッキ構築には2つで20分ほどです・・・。
 このデッキを対戦で使用するかは未定です。

 こんなところで、本日は失礼します。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

15:39  |  他の人の企画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiaibl.blog88.fc2.com/tb.php/249-4335c467

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。