2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.04 (Tue)

第7回FNBL 2nd Season 事後レポート

 本日は、保坂さん主催の第7回FNBL 2nd Season の事後レポートです。
 昨日、小恋さん企画第4弾が発表されたので、デッキを組みたいのですが、記事の順番は守りたいので、小恋さんデッキは明日の記事で発表します。
 あと、いまゆしさん主催の第 1回 Glorious Saturday での各対戦の詳細は今日中にはアップしますので、今しばらくお待ちください。

 Lapis さんが完全に混戦から抜け出した大会でしたが、さて、どんな結果や記録が生まれたのでしょうか?

 さて、さっそく事後レポートを始めます。



【More・・・】

1.レポート紹介
 第7回FNBL 2nd Season に関連した記事を紹介します。

 保坂さん(主催者)
  ・FNBL2ndSeason・MVPポイントランキング

 zan さん
  ・第7回FNBL・2ndSeason事後報告と第1回 Glorious Saturday

 シンさん
  ・FNBLレポート~

 マティさん
  ・第7回FNBL・2ndSeason レポート

 Lapis さん
  ・第7回FNBL2ndSeason

 ケーアイ
  ・第7回FNBL 2nd Season 大会レポート


2.優勝予想結果
 優勝予想と言うか、私が注目していたのは、MVPポイントランキング上位で大会に参加した5名の方たちでした。
 それぞれの結果はと言うと・・・。

  いまゆしさん : 6位
  シンさん   : 9位
  マオさん   : 4位
  Lapis さん  : 優勝
  冷凍鯵さん  : 13位

 Lapis さんはもう頭一つ抜けてる感じですね。
 2nd Season は通算16勝2敗、優勝3回、勝率 88.89%、ポイント獲得率 9.13 ですよ。
 連勝記録も自己タイの8連勝ですしね。
 冷凍鯵さんは単独8位になりたいところだったでしょうが、足踏み状態が続きます。
 参加2回目で優勝したので、参加者のマークが厳しいのでしょうかね?

 しかし、今大会の結果により、上位8人が10点差の中にひしめき合っていたのが、Lapis さんが一気に8位との差を20点以上にしました。
 それを追うのがマオさんですね。
 いまゆしさんは5回戦まで行われたため、5ポイント上乗せしてシンさんと FSS さんを抜いて3位に浮上しました。
 不参加の FSS さんと tente さんにとっては総合優勝を狙うには厳しい状況になってきました。
 マスターズがいつ開催されるかわかりませんが、残りはあと2~3回でしょう。
 このまま、Lapis さんが突っ走るんでしょうか?


3.大会概説
 今回の大会を振り返ってみたいと思います。

《1回戦》
 1回戦は、MVPポイント8位以内の参加者がバラけて、つぶし合いとなる対戦はありませんでした。
 Lapis さん、マオさん、シンさん、いまゆしさんは順調に白星で初戦を飾ります。
 しかし、冷凍鯵さんは初参加のマティさんに敗れ、痛い星を落としました。
 初参加組では明日宿さんも見事に白星発進となりました。
 次の2回戦はどのような組み合わせが実現するのか?


《2回戦》
 2回戦では 「いまゆしさん VS シンさん」 のカードが組まれます。
 そして、冷凍鯵さんに勝ったマティさんはマオさんに挑戦します。
 いまゆしさんとシンさんの対戦は、シンさんが勝ちました。
 いまゆしさんは苦しくなります。
 マオさんはマティさんの挑戦を退け、Lapis さんも勝って2勝を挙げます。
 そして、初参加の明日宿さん、2回目の参加となる pika☆さんも2連勝で優勝争いに加わります。


《3回戦》
 古参と新鋭の優勝争いは如何に?
 気になる3回戦の組み合わせは、「Lapis さん VS シンさん」、「マオさん VS pika☆さん」となりました。
 もう一人の全勝の 明日宿さんはレゲー好きさんとの対戦です。
 最近の大会で好調を維持していたシンさんですが、Lapis さんの壁を越えることはできませんでした。
 そして、もう一方の全勝対決は pika☆さんが、マオさんを破りました。
 初参加の明日宿さんもレゲー好きさんに勝って全勝を守りました。
 これで、3戦全勝は Lapis さん、明日宿さん、pika☆さんの3名になりました。


《4回戦》
 結果次第で優勝が決まる可能性がある4回戦の組み合わせは・・・。
 「Lapis さん VS pika☆さん」、「明日宿さん VS GAJU さん」 となりました。
 GAJU さんは第4回大会の準優勝者ですから、実力は申し分ありません。
 そして、全勝対決を制したのは、Lapis さんでした。
 そして、明日宿さんも GAJU さんに勝ち、二人が4戦全勝で並んだことにより、5回戦フラグが立ちました。
 この4回戦では、初参加組のシラヤマンさんが勝利を収め、初参加組全員が勝利を挙げることができました。


《5回戦》
 今回の頂上決戦は、絶対王者・Lapis さんに、初参加の新鋭・明日宿さんが挑む形になります。
 圧倒的な実力で挑戦者を退けるか、それとも世代交代を告げるのか、注目の対戦です。
 引き分けた場合は第5回大会と同様にソロコフで決まりますが、できればすっきりと決めてほしいです。
 気になる結果は、Lapis さんの勝利となりました。
 この大会は 「Lapis さんの、Lapis さんによる、Lapis さんのための大会」 として語り継がれるでしょう(?)
 2位には、参加2回目の pika☆さん、3位と7位には初参加の明日宿さんとマティさんがそれぞれ入賞を果たしました。
 Lapis さんの影に隠れていますが、次から次へと新しい人たちが台頭してきます。
 2nd Season も残り少ないですが、見どころはまだまだ満載のようです。


《エキシビジョン》
 エキシビジョンの参加者は8名でした。
 1st Season から5連勝中のシンさんは、見事に勝利を収めてエキシビジョンの連勝を6に伸ばしました。
 WILさんの記録まで、あと4勝です。

 第7回FNBL 2nd Season の概要はこんな感じでした。


4.使用デッキ結果
 この記事を書いている段階で、保坂さんのレポートが上がっていないので何とも言えません。
 しかし、採用英雄に関しては、私が対戦した範囲内ではありますが、旧ゼリグの採用が多いのではないでしょうか?
 あとは、槍クリスタルや旧ミョムトといった定番の英雄が上位にランクされると思います。


5.入賞者使用デッキ紹介
 上位入賞者8名のうち、5名のデッキを紹介します。
 デッキの説明も紹介します。
 私のデッキは大会レポートで公開しているので、ここでは紹介はしません。

 第7回FNBL_2nd_入賞デッキ_1

  Lapis さんの説明
   斧単に見せかけた延長を作っていたはずなのに、気付いたら斧弓ハイブリッドになってました。
   斧民兵→ピクシーの方がいいと思います。

  明日宿さんの説明
   ひたすらドローを狙うデッキです。
   全部引ければ戦術、戦術英雄あわせて移動系が6枚あるので、2ターンに一枚切るくらいでも大丈夫です。
   プルテジは昔散々使ってたので入れないことにしましたが入れればもう少し安定する、かも?


 第7回FNBL_2nd_入賞デッキ_2

  pika☆さんの説明
   デッキ名はテキトーです、サターナ突貫が決まるとカッコイイので
   こんな名前にしてみました。 斧槍スクラムを安定させるためにアダマスと
   デッドランを入れてますこいつらがいるとサターナ様もやる気出してくれます。

  いまゆしさんの説明
   至って普通です、工夫した点はありません。
   なんというかまぁそのデッキを組む時間がありませんでしたorz
   なんとか6位に入れましたが、プレイングも相まってまだまだどうしようもない感じです。


 第7回FNBL_2nd_入賞デッキ_3

  マティさんの説明
   剣デッキと見せかけてのスプパトデッキ。
   2,3回戦の負けを受けて少し調整した結果がこれです。
   具体的には食料+強行軍→ロングソード兵 ×2に変更しました。
   普通の対戦ではそこそこスプリントが決まりましたがやはり大会ではなかなか難しいですね^^;

  GAJU さんの説明
   ラッパと弓を少々入れた軽めの剣デッキです。
   紋章官を前に出しつつ、ユニットを散らしていき隙があれば強行軍での制圧を狙い、
   延長に入るようであればラッパで強化したユニットで乗り切るというのが基本的な戦い方です。
   ユニットの隙間にサムライを配置すると相手の盤面をかなり制限できるので、うまく散らしながら戦線を維持していきます。


 【食料】
  魔兵デッキのいまゆしさんは6枚ですが、他の方は10~12枚です。
  私のデッキは食料11枚ですから、FNBLでは普通の枚数と言えるのではないでしょうか。
  上位入賞デッキで食料13枚はめったにお目にかかりません。
  食料13枚入れる代わりに、食料ブーストユニットを入れて補う感じです。

 【一般兵】
  優勝の Lapis さんから、3位の pika☆さんまではドローユニットが多いですね。
  私は Lapis さんには実際に40枚全部ドローされましたし・・・。
  カードゲームは、運頼みになりがちです。
  そんな中、1枚でも多くドローして運要素を排除したいという気持ちはわかります。
  普段の対戦でも、ドローしまくるデッキと対戦することがあります。

 【英雄】
  紹介した6デッキ中、4つのデッキで旧ゼリグが採用されています。
  私も旧ゼリグを入れているので、5デッキということになります。
  やはり、使い勝手がいいですよね。
  中立地帯か敵陣にいる相手ユニットに限定されますが、挑発や偽報替わりに使えますし。
  横に移動させられるので、こちらが前進してアドバンテージを得て、なおかつ敵を倒すこともできます。
  それに続くのが、旧ミョムトに槍クリスタルです。
  これも定番の英雄ですね。

 【戦術】
  Lapis さんは5枚ですが、ほかは8~10枚です。
  私は12枚ですから、上位入賞者の中では一番多いです。
  カードの構成は、ほぼ変わりません。
  バトルフォーメーションとバトルエボリューションのカードの採用はせいぜい1枚です。


6.1回戦組み合わせ方法
 今回の緒戦組み合わせは次のとおりでした。
 なお、数字は参加申し込み順、○は部屋立て可、×は部屋立て不可です。
 参加者の敬称は省略させていただきました。

     第7回FNBL_2nd_1回戦組み合わせ

 今回も変わった組み合わせ方だでした。
 まずは、部屋立て可の人と不可の人の組み合わせを抜き出して見ましょう。

     第7回FNBL_2nd_1回戦組み合わせ(部屋立て可否同士)

 本来の参加申し込みが早い順の場合は、徳井さん、pika☆さん、冷凍鯵さん、レゲー好きさんが、遅い順なら、Lapis さん、明日宿さん、フジオカさん、まあさんが部屋立て不可の人と対戦するのですが、今大会で部屋立て不可の人と対戦したのは、冷凍鯵さん、レゲー好きさん、マサmasaさん、GAJU さんでした。
 これは、部屋立て不可での人の中で、一番申し込みが早かった譜風さんが3番目だったので、3番目以降の申し込みで部屋立て可の人をピックアップしたのでしょうか?

 そして、部屋立て可同士の組み合わせは次のようなものでした。

     第7回FNBL_2nd_1回戦組み合わせ(部屋立て可同士)

 残った部屋立て可の人たち10名を5人ずつに分けて、同一グループ内で変則的に組み合わせて、残った者同士を組み合わせています(実際の組み合わせ順はわかりませんけどね)。
 さてさて。1回戦の組み合わせ方法も、段々と手が込んできます。
 果たして次回の組み合わせはどうでしょうか?


7.記録あれこれ
 今大会で達成された記録と通算記録を紹介します。

【2nd Season 記録】
 ・優勝回数
  Lapis さんが優勝したので、2nd Season 3回目の優勝となります。
  同一シーズンでの3回の優勝は初めてです。

 ・連勝
   Lapis さんが5連勝をしたので、第6回大会の2回戦から8連勝を達成しました。
  8連勝は Lapis さんにとってはタイ記録です。
  次回は連勝記録の更新の期待がかかります。
  今回不参加の FSS さんも6連勝中です。
  次回でこの二人の対戦が実現したら、面白いでしょうね。

 ・連続ポイント
  Lapis さんが4大会連続でMVPポイントを獲得しました。
  2nd Season はマオさんの5大会連続が最高です。
  次回でもMVPポイントを獲得すれば並びます。

 ・MVPポイント
  Lapis さんが優勝して一気に12点を上乗せして、30ポイント一番乗りです。
  マオさんは惜しくもあと1ポイント足りませんでした。
  いまゆしさんが、5ポイント獲得して20ポイントを達成しました。

 ・通算20勝
  マオさんが4勝したので、2nd Season の勝利数が21になりました。
  マオさんは20勝一番乗りです。
  それを4勝差でシンさん、5勝差で Lapis さんと ere さんが追います。

【通算記録】
 ・優勝回数
  Lapis さんがFNBL通算5回目の優勝を飾りました。
  Lapis さんのFNBL参加回数は12回ですが、そのうち2回は途中棄権をしています。
  つまり、フルに参加した大会は10回ですから、優勝確率50%というとんでもない結果となります。

 ・勝利数
  いまゆしさんが3勝を挙げて、通算勝利数が30ちょうどになりました。
  あと、私も3勝を挙げたので、通算20勝に到達しました。
  ただし、私の場合はリザーバーでの勝利を含んでいるので正式な記録ではありませんね。

 ・MVPポイント
  Lapis さんが12ポイント獲得したので、通算獲得MVPポイントを 68.5 としました。
  これは、前回首位の FSS さんの 68 を 0.5 上回ったことになります。
  いまゆしさんが5ポイント獲得し、通算獲得MVPポイントを 32 としたので、通算30ポイントを達成しました。

 これ以外の記録については、早いうちに大会まとめサイトに反映したいと思っていますが、時間がとれるかどうか・・・。


 以上で、第7回FNBL 2nd Season の事後レポートを終わります。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

14:05  |  FNBL 2nd Season  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2010年05月04日(火) 15:49 |   |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiaibl.blog88.fc2.com/tb.php/248-eea1c51d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。