2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.04.12 (Mon)

第6回FNBL 2nd Season 事後レポート

 本日は、保坂さん主催の第6回FNBL 2nd Season の事後レポートです。
 今回は事前レポートがないので、優勝予想結果と緒戦組み合せ予想結果がないので、内容的には期待しないで下さい。

 さて、さっそく事後レポートを始めます。



【More・・・】

1.レポート紹介
 第6回FNBL 2nd Season に関連した記事を紹介します。

 保坂さん(主催者)
  ・FNBL2ndSeason・MVPポイントランキング

 zan さん
  ・第6回フライデー・ナイト・バトルライン・2ndSeason 結果報告

 シンさん
  ・第6回FNBL2ndレポート!

 立川子音さん
  ・FNBLに出てきました
  ・FNBLデッキ解説

 tente さん
  ・第6回FNBL2nd

 Lapis さん
  ・第6回FNBL 2nd Season

 ケーアイ
  ・第6回FNBL 2nd Season 大会レポート


2.大会概説
 今回の大会を振り返ってみたいと思います。

《1回戦》
 注目は、前回で4回目の優勝と初連覇を達成した Lapis さんです。
 対戦相手は、第3回大会優勝の冷凍鯵さんという、豪華な組み合わせです。
 保坂さんが、体調が悪くて適当に組んだそうですが、こんな好カードを実現するとは流石です。
 気になる結果は、冷凍鯵さんの勝利となり、Lapis さんの3連覇と連勝記録は夢と消えました。

 前回4位のシンさんは、前回5位のマオさんとの対戦です。
 マオさんはMVPランキング1位、シンさんは7位でもありますから、これも好カードでした。
 結果はシンさんが勝ちました。マオさんは残念ながら、優勝争いから後退です。

 FNBL初参加の pika さんは、MVPランキング8位の game さんとの対戦に勝ち、大会初勝利をあげました。


《2回戦》
 2回戦では、1回戦に負けてしまいましたが、マオさんと第2回大会優勝の ere さんの対戦が組まれました。
 結果はマオさんが勝ち、MVPポイント獲得へ可能性を残します。
 2回戦が終了した時点で、全勝は冷凍鯵さん、tente さん、譜風さん、シンさん、に初参加の pika さんです。
 この中から、抜け出すのは誰でしょうか?


《3回戦》
 優勝を争う5名の組み合わせと結果は次のとおりとなりました。

  冷凍鯵さん ●-○ シンさん
  pika さん   ●-○ tente さん
  譜風さん  ●-○ マサmasaさん

 この結果、全勝はシンさんと tente さんとなり、優勝はこの二人に絞られました。
 これ以外では、マオさんが2勝1敗で4回戦に勝って、MVPポイントの獲得を狙います。


《4回戦》
 4回戦の最大の注目カードは、当然のことながら、シンさんと tente さんです。
 どちらが勝っても、FNBL初優勝ですから、またFNBLに新しい歴史(?)が刻まれます。
 そして、この一戦を制したのは tente さんでした。
 大会の結果は、2位が譜風さん、3位がシンさん、4位がマサmasaさん、5位が game さん、6位はでぇごさんと Lapis さん、そして8位は初参加の pika さんが入りました。
 マサmasa さんとでぇごさんも、初のMVPポイントを獲得しました。
 マオさんは4回戦に敗れ、ポイント獲得ならず。
 これで、MVPポイントランキングは、Lapis さんが単独首位となりました。
 優勝した tente さんは6位に浮上しました。
 ただし、MVPポイントランキング1位と8位の差は9.5ですから、一気にひっくり返る可能性があります。

 恒例のエキシビジョンは、保坂さんの体調が優れないので、今大会は行われませんでした。

 第6回FNBL 2nd Season の概要はこんな感じです。


3.入賞者使用デッキ紹介
 上位入賞者8名のうち、7名のデッキを紹介します。
 デッキの説明も紹介します。

 第6回FNBL_2nd_1位2位

  tente さんの説明
   何の変哲も無い剣単。
   一つあるとすれば現地調達。
   自分のプレイングに合ったとにかく攻める(安定した)剣単だと思います。
   本当は違うデッキを用意していたのですが、
   調整ができなかった・最近少ししか対戦していない・ミスを減らそう
   ということで勝てる扱いやすいデッキを選びました。

  譜風さんの説明
   前回入賞したデッキのマイナーチェンジでの出場となりました。
   一応、変化した点としてドローユニット、クリスタルを投入して延長での戦闘を見据えたデッキにシフトさせました。
   特に直前で入れた山賊がいい仕事をしましたね。
   彼が4枚、5枚と引いてきてくれる試合もありましたし、囮としてもとても優秀です。
   食料が8もあれば延長も安定するのですが、5や6になることもたまにあるのが欠点です。


 第6回FNBL_2nd_3位4位

  シンさんの説明
   バランスのいいデッキを作ろう。
   と、改造していたらこんな形になりました。
   なんか癖のあるバランスデッキです。
   コンビネーションの打つタイミングと、現地を誰に使うかが重要になると思います。

  マサmasa さんの説明
   尖兵とか遺跡とかでカードドローして、パラディン、テジロフ、トーファイ、クリスタルで延長を制す様なデッキ。
   食糧が10もあってユニットがそろっていれば押していけるかなと。
   一応コンビネーションも使えるようにしてあります。
   ちなみにデッキ名は負け続けた時に作った絶対勝てる様なデッキという目的で作ったので、特に意味はありません。


 第6回FNBL_2nd_5位6位

  game さんの説明
   守って最終にクリカードラゴンナイト遊撃辺りを出せればなぁと。
   ユニット破棄が2枚あるので会心パリィよりバンディットを入れました。

  でぇごさんの説明
   槍斧のハイブリッドをメインに覚醒なのでエクス、コンビネーションの頭数+スペルとして魔法剣士を採用。
   兵の数とコンビネーション、クローディアでファイナルドローまでに押し切るのが目的。
   大型ユニット、最終もつれの保険にサジレウスを入れてはみましたが蛇足だったかもしれません。


 第6回FNBL_2nd_6位

  Lapis さんの説明
   ワジュン+大型(一般兵含む)の延長デッキです。
   かなりユニット多めの構築なので、消耗戦を展開した後に、マルクス+ガリィ+ワジュンで延長に入ると大抵勝てます。


 【食料】
  食料は10枚から13枚と前回よりは差は少なかったです。
  ウィニーは少なかったのでしょうか?


 【一般兵】
  一般兵の数は13~18、前回の14~17に比べて差が開きましたが、妥当な数と言えますね。
  ウィニーデッキなら、当然もっと多いのでしょうが、ここ2大会の結果を見るとウィニーで上位入賞は難しいのでしょうか?
  あとは、ロンパイア兵が4つのデッキで採用されているのが目を引きます(前回は1デッキのみ)。
  優勝した tente さんは剣デッキですから当然ですが、味方ユニットが後ろにいれば攻撃力5ですから、序盤の牽制には使えますね。
  ラッパやナルアーの魔法使いを従えれば、攻撃力6、防御力5の強ユニットになります。


 【英雄】
  7デッキ中5つにレイダが入ってますね。
  そう言えば、3回戦で対戦したマオさんもレイダを入れてましたね。
  食料ブーストには欠かせないユニットですから、当然と言えば当然の結果ですね。
  矢ぶすまは使えませんが、射撃1は結構地味に効きますしね。
  それ以外ではクリスタル(槍)と旧ミョムトが3つのデッキで採用されています。
  はたして、今回の大会で最も多く採用された英雄はなんだったのでしょうかね?


 【戦術】
  一般兵が多い Lapis さんは5枚ですが、他の人は8~9枚です。
  内容も定番のカードです。
  ブーストダッシュなんか入れたのは自分だけでしょうか・・・。


4.記録あれこれ
 今大会で達成された記録と通算記録を紹介します。

【2nd Season 記録】
 ・連勝
  Lapis さんが1回戦で破れたので、記録は8連勝で途絶えました。
  しかし、2~4回戦は勝ったので、再び挑戦が始まっています。
  その前を行くのが tente さんで4連勝からさらに伸ばすことができるか?
  さらに、その前を行くのは FSS さんの6連勝です。
  今回は参加していませんが、前回の5回戦は引き分けなので、次回に参加すれば雛鳥りむさんの引き分けを挟んでの9連勝に挑戦です。

 ・連続ポイント
  マオさんがMVPポイントを獲得できなかったので、こちらの記録も5大会連続でストップしました。
  Lapis さんが3大会連続でMVPポイントを獲得しているので、開催数によっては記録を更新する可能性がありますね。

 ・通算10勝
  フジオカさんが1勝、game さんと Lapis さんが3勝を上げて、通算10勝を達成しました。
  通算20勝はまだいませんが、それに一番近いのはマオさんの17勝です。
  次回で達成なるでしょうか?

 ・MVPポイント
  シンさん3位で6ポイントを獲得して、MVPポイントが20となりました。


【通算記録】
 ・勝利数
  Lapis さんが3勝、マオさんが2勝をあげたので、通算30勝を達成しました。
  優勝した tente さんは通算37勝として、通算勝利数トップの FSS さんにあと3勝と迫っています。

 ・MVPポイント
  tente さんが優勝で10ポイント上乗せして、通算45.5ポイントとし、通算40ポイントを達成です。
  シンさんは6ポイントを獲得し、通算24ポイントとなり、通算20ポイントを達成しました。


 今回は簡単ですが、以上で第6回FNBL 2nd Season の事後レポートを終わります。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

12:15  |  FNBL 2nd Season  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiaibl.blog88.fc2.com/tb.php/226-1f00f53e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。