2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.08 (Mon)

追加検証しました

 3日前の「しつこいけど検証」の依頼10に対して、コメントとともに検証依頼をいただきました。
 また、依頼10の結果を見て試したてみたら、こんなことができたとの連絡がありました。

 そこで、本日は依頼10についての追加検証をしてみます。

 メールフォームからいただいている依頼については、名前を伏せさせていただいてますが、今回はコメントとしていただいているので、依頼された方のお名前を表記いたします。



【More・・・】

【追加検証1】
 依頼者:アヤさん
 検証10に関して質問というか確認なんですけど、オルス君は戦闘力が低くて突貫失敗しちゃったけど、突貫の効果そのものは戦闘後ATC付与でも大丈夫なんでしょうか?
 ウィルラさんとか武具とかグローブとかで武装したら…?


【検証のポイント】
 え~と、まずお詫びします。
 私の説明が拙いばかりに、誤解された方もおられると思います。
 検証10-1は、戦闘後の旧オルスの戦闘力がデッドランより低かったために突貫できなかっただけです。
 ということで、戦闘後の旧オルスにATC補正と戦闘力補正を適用した上で、突貫させてみたらどうなるかということを確認します。


◆検証 ~戦闘後のユニットにATC補正と戦闘力補正を適用して突貫~
 下のような布陣と手札を想定します。

 戦闘後に突貫+戦闘力ブースト_1  戦闘後に突貫+戦闘力ブースト_2

 ここで、旧オルスで魔法剣士を攻撃します。
 これで、旧オルスの戦闘力は残り1です。
 そして、パトリーを前進させます。

 戦闘後に突貫+戦闘力ブースト_3

 ここで、ディアドラと旗持ちアックス兵を中立地帯に前進させ、旧オルスにビゼンナガミツと突貫突撃を使用します。
 ここまでは、検証10-1と同じです。

 戦闘後に突貫+戦闘力ブースト_4  戦闘後に突貫+戦闘力ブースト_5

 次に、ゲリラ戦術、良質の武具をオルスに使用して、さらにウィルラを布陣します。
 これで、旧オルスの戦闘力は5になります。

 戦闘後に突貫+戦闘力ブースト_6

 そして、パトリーで旧オルスを押します。

 戦闘後に突貫+戦闘力ブースト_7

 旧オルスは、双剣兵士を倒し、突貫突撃の効果で敵陣億まで進みました。


【結論】
 結論としてはこうなりますね。

「戦闘を仕掛けたユニットに突貫突撃を使用した場合、
  そのユニットの戦闘力が敵のユニットの戦闘力より高ければ突貫できる」


 では、次の検証です。


【追加検証2】
 依頼者:GAJUさん
 最後の突貫突撃についてですが、突貫突撃のカードは使用時にATCが5以上のユニットに「戦闘をしかけてユニットを倒した場合、1マス前進する」という能力を与えるカードです。
 そのため、1度戦闘をしてATCが適用されないユニットであっても戦闘力がなくならない限りは1マス前進することになります。
 ですので、検証10-1のような場合相手の戦闘力の合計が4未満である場合、突貫突撃の効力により制圧することができます。
 とここまで書いて思ったのですが、突貫突撃のカードを使用した後にATCが5未満になった場合も効果が発動するのでしょうか?
 私の予想では発動すると思うのですが、検証していただけないでしょうか。


【検証のポイント】
 GAJU さんの最初の説明は非常にわかりやすいですね。
 私がダラダラと検証したことを、すっきりと説明してくれていますえ。
 GAJU さんからの依頼は、突貫突撃を使用したユニットのATCを5未満にした場合も突貫できるのかということです。
 GAJU さんは突貫できると予想しています。


◆検証 ~突貫突撃を適用したユニットのATCを5未満にして突貫~
 下のような布陣と手札を想定します。

 突貫使用後にATC5未満_1  突貫使用後にATC5未満_2

 旧オルスに、ビゼンナガミツを使用したあとに、突貫突撃を使用します。

 突貫使用後にATC5未満_3  突貫使用後にATC5未満_4

 このあと、ディアドラを後退させて、旧オルスのATCを+6から+4にします。
 ただ、その場合、突貫できたとしても相討ちになるので、旧オルスに良質な武具を使用します。

 突貫使用後にATC5未満_5

 このときの、旧オルスの情報を確認すると、ATC+4ですが突貫突撃のスキルは適用されたままのようです。

 突貫使用後にATC5未満_6

  そして、旧オルスで、敵の旧オルスを攻撃します。

 突貫使用後にATC5未満_7

 すると、旧オルスは突貫して、敵の旧オルスとロングソード兵を倒しました。


【結論】
 今回の結論はこうなります。

 「突貫突撃を適用したユニットのATCが戦闘前に5未満になっても、突貫のスキルは適用される」


 それでは、最後の検証です。


【追加検証3】
 依頼者:ケンボーさん
 ATC5にして攻撃して、戦闘力に変換された後のユニットに突貫突撃を使用したら突貫できますか?


【検証のポイント】
 上の文章では最後に「?」が付いていますが、実際には、ケンボーさんが試されて、突貫できることを確認しています。
 私の方は、それを再現すればいいわけです。


◆検証 ~ATC+5以上にしたユニットで攻撃後に突貫突撃~
 下のような布陣と手札を想定します。

 ATCブースト後に戦闘→突貫_1  ATCブースト後に戦闘→突貫_2

 勇気ある尖兵にゲリラ戦術を使用して、戦闘力を上げます。
 次に、ディアドラと旗持ちアックス兵2体を中立地帯に前進させATC補正をかけます。
 さらに、会心の一撃でATC+1を補正します。

 ATCブースト後に戦闘→突貫_3

 このときの勇気ある尖兵の能力は戦闘力3、ATC+10です。
 千剣の騎士、魔法剣士、メンアットアームズの防御力は12ですから、攻撃後に突貫できれば3体すべて倒せます。

 ATCブースト後に戦闘→突貫_4

 まず、千剣の騎士を攻撃します。
 戦闘をしたので、勇気ある尖兵は戦闘力8となります。
 一見するとATC+5が消えたので、勇気ある尖兵に突貫突撃は使用できないように思えますが、実際には使用できます。

 ATCブースト後に戦闘→突貫_5  ATCブースト後に戦闘→突貫_6

 そして、パトリーで勇気ある尖兵を押します。

 ATCブースト後に戦闘→突貫_7

 すると、勇気ある尖兵は見事に突貫しました。
 どうやら、ATC+5以上にした後に戦闘を仕掛けて、ATCが戦闘力になってもATC+5が適用されたという情報は残るようですね。


【結論】
 今回の結論は次のようになります。

「ATC+5以上のユニットに対しては、
  そのユニットが戦闘を仕掛けたあとも突貫突撃は適用される」


 以上、追加検証の報告でした。

 では、本日はこれで失礼します。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

14:32  |  検証  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2010年03月09日(火) 08:35 |   |  【コメント編集】

コメントありがとうございました。
検証のメールフォームには、疑問に思ったことや、よくわからないことを気軽に投稿してもらってかまいません。
ただ、あまりにも多いと、確認にそれなりの時間が必要なので、報告が遅れるかもしれませんけど(笑)
対戦歴が長い人や、BLCのように情報交換の場がない人にとって、この検証コーナーが手助けになればと思っています。
ケーアイ |  2010年03月09日(火) 17:51 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiaibl.blog88.fc2.com/tb.php/191-b41bede6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。