2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.06 (Sat)

制圧はお早めに

 本日は、私自身の自戒も含めた内容です。
 以前の対戦で、相手の方に突貫突撃を決められて負けたときのお話しです。
 別に、突貫突撃で負けたのは仕方ないことです。

 そのときの対戦は、相手が戦術カード1枚使ってATC補正をすれば突貫制圧できた場面でした。
 ところが、相手はこれでもかというくらいに戦術カードを使用して、必要以上のATC補正を行ったのです。

 勘違いしないでもらいたいのですが、私はそれがいけないといっているわけではありません。
 相手のターンですから、相手が何をしようと構いません。
 そういう点では、kaworuさんのブログの「対戦時のマナー」にもありますが、「私は相手のターンで何をしようが相手の自由だと考えてます。」 に同意です。

 ただ、そのことで起きた結果についても、ちゃんと対応してくださいという話しです。



【More・・・】

 例として、下のような布陣と手札を想定しましょう。
 手札は、左からフリーファイト、コンビネーション、会心の一撃、デッドラン、突貫突撃、槍スクラム4、アンブッシュ、パイクマンです。

  制圧直前_1  制圧直前_2

 手札と布陣から、突貫制圧ができるのは明白です。
 一番手っ取り早いのは、槍スクラム4を使用して、敵陣手前のどちらかのサンデンスの歩哨に突貫突撃を使用する方法です。

 ただし、これで最後だからと言うことで、カードを全部使用することも、別に悪いことではありませんよね。
 例えばこんな感じです。

  1) デッドランを布陣
  2) コンビネーションを使用
  3) 槍スクラム4を使用
  4) サンデンスの歩哨の後ろのマスにいる、長槍傭兵を後退または左に移動
  5) ガードプリンセスの前にいるサンデンスの歩哨を後退
  6) ガンプの格闘兵の前にいるサンデンスの歩哨にフリーファイトを使用
  7) さらに、ガンプの格闘兵の前にいるサンデンスの歩哨に会心の一撃を使用
  8) ガンプの格闘兵の前にいるサンデンスの歩哨に突貫突撃を使用
  9) サンデンスの歩哨でガンプの格闘兵を攻撃して制圧

 7まで行うと、サンデンスの歩哨は戦闘力2、ATC+13です。
 それに対し、ガンプの格闘兵は良質な武具を使用しているとは言え防御力は6ですから、そこまでしなくても 「槍スクラム4+突貫突撃」 で余裕で倒せます。

 そういうことをされると確かにいい気分はしませんが、ここで言いたいことは違います。
 戦術カードを使いまくっているうちにフリーズしても知らないよということです。

 バトルラインでは対戦中にフリーズが起きます。
 そのタイミングはまちまちですが、私の経験上から戦術カードを使ったときにフリーズが起こりやすい感じがします。
 したがって、不要な戦術カードを使うとフリーズが起きる可能性が高くなります。

 私は以前に「自分のターンでフリーズしたら、こちらがどんなに優勢な状況でも、こちらから接続を切る。」と言っています。
 逆を返せば、相手のターンでフリーズしたときは、相手が接続を切るべきと考えているわけです。

 これは私だけの意見ではないと思います(当然、反対の意見もあると思います)。
 バトルラインの対戦で、まだチャットができたときの話しですが、私の負けがほぼ確実な状態で、相手のターンでフリーズが起きました。
 そのときに相手が投了して(このころはフリーズしたときでも投了ができました)、チャット画面に戻りました。
 私は相手に「そちらが優勢だったのに残念でしたね」と言ったところ、相手は「こっちのターンでフリーズしたから、こっちが切るのが当たり前です」と返事をされました。
 その相手の人も、私と同じ考えであることを知って、嬉しく思いました。

 話しが支離滅裂になってしまいましたが、私は相手のターンでフリーズしても接続は切らないので、制圧できるなら最少の手数で制圧した方がいいですよと言うことです。

 こんな偉そうなことを言ってますが、私も同じことをやったことがあります。
 あれは、相手の方にこちらの攻め手を封じられて、ATC補正戦術が使えずに少しストレスが溜まっていた状況でした。
 最後に一発逆転の手札をドローして、ここぞとばかりにATC補正戦術を使いまくって勝ちました。
 思い返すと、大人気ないことをしたと思いますし、あそこでフリーズしていたら悔やむに悔やみきれなかったでしょうね。

 ということで、私も制圧できる時は、最少手数を選択するように心掛けます。

 では、今日はこのへんで失礼します。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

15:22  |  プレイ日記・雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiaibl.blog88.fc2.com/tb.php/189-6e915ee3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。