2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.05 (Fri)

しつこいけど検証

 本日は予告どおり(?)に自分が気になったことを検証した結果をご紹介します。
 とは言っても、以前の 「説明書はちゃんと読みましょう」 で紹介した、ルール説明書の説明を私が間違って解釈していただけですけどね。

 もう一度、そのルール説明書を紹介します。

 ATCとDEFの注意点

 私は上の説明文を読んで、「一度戦闘を行ったユニットには、ATCとDEFは適用されない」と解釈してしまいました。

 ということで、自分の恥を晒しますが、この件について検証をしてみました。

 また、今回の検証中に新たな依頼をもらいましたので、そちらもあわせて結果を報告します。

 いちおう、最初の検証は私が依頼人ということにします。



【More・・・】

【依頼9】
 依頼者 : ケーアイ
 「説明書はちゃんと読みましょう」で戦闘後のユニットをピリカに替えて、ATC補正をつけていましたが、覚醒ユニットの場合はどうなるのですか?


【検証のポイント】
 一度戦闘を行ったユニットを違うユニットに置き換えれば、ATC補正、DEF補正は適用されますが、覚醒ユニットはどうなのかと言うことです。
 サージェント、新オルス、カーヴァイは戦闘すると覚醒できませんし、新テジロフも中立地帯に自分も含めて味方のユニットが4体並んだら覚醒しますから、この検証には向きませんね。
 ということで、ここでは戦闘で敵ユニットを倒したら覚醒する「ガイアの槍使い」と「ソウルアックス」で確認してみます(この2体を検証すればロクマも同様でしょう)。


◆検証9-1 ~ガイアの槍使いで 「攻撃→防御」 ~
 下のような布陣を作りました。
 実際の対戦であった布陣を似せたものです(そのときの布陣を再現するのは時間がかかるためです)
 実際の布陣は次のとおりでした。

 ・良質な武具で戦闘力を強化したカタール兵は「進化する英雄セブーナ」
 ・ライトアタッカーは「旗持ちアックス兵」
 ・「ガイアの槍使い」はファーエによって戦闘力が強化されている

 覚醒検証_1_1

 この状態で、ガイアの槍使いでライトアタッカーを攻撃します。

 覚醒検証_1_2

 ライトアタッカーを倒したガイアの槍使いは、ガイアの水星槍使いに覚醒します。
 ここで、手札にある挑発を使おうとしたのですが、一抹の不安がありました。
 それは、ガイアの槍使いは覚醒すると、戦闘力は2から3に、DEFは+2から+3になります。
 ライトアタッカーへの攻撃で戦闘力を1使いましたが、覚醒による戦闘力補正+1が適用されるので戦闘力は2となります。
 ただ、戦闘後にDEFが+1されているのかがわからなかったのです。
 詳細情報はあくまでも、ガイアの水星槍使いの能力を表示するだけです。
 上の布陣のカタール兵は、実際はセブーナだったので、下手をするとみすみすセブーナを強化してしまう結果になります。
 しかし、ここは腹をくくって、カタール兵に挑発を仕掛けます。

 覚醒検証_1_4

 すると、良質な武具で攻撃力が5となっていたカタール兵とガイアの水星槍使いは相打ちになりました。
 つまり、戦闘を行って覚醒した場合は変則的ですが、違うユニットになったということでしょうか?


◆検証9-2 ~ガイアの槍使いで 「攻撃→DEF補正→防御」 ~
 検証9-1と同じ布陣にします。
 手札にはパリィがあります。

 覚醒検証_2_1

 まずは、レフトアタッカーを攻撃します。
 そして、ガイアの水星槍使いに覚醒した後に、パリィを使います。

 覚醒検証_2_2

 そして、良質な武具で強化したカタール兵に挑発を使います。

 覚醒検証_2_3

 ガイアの水星槍使いは、使用したパリィの分の戦闘力となり生き残りました。
 ここで、私は戦闘で覚醒したユニットには、ATC補正やDEF補正が適用されると思い込んでしまいました。


◆検証9-3 ~ソウルアックスで 「攻撃→ATC補正→攻撃」 ~
 下のような布陣を作りました。
 ソウルアックスでライトアタッカーを攻撃したあとに、ATC補正をしてパトリーで押すという筋書きです。

 覚醒検証_3_1

 最初に、ライトアタッカーを攻撃します。

 覚醒検証_3_2

 ソウルアックスは覚醒して、ソウルブレインアックスになります。
 別ユニットになったのだからATC補正はされていると思いましたが、念のため旗持ちアックス兵を現地の案内人で中立地帯に移動させました。
 パトリーは前進させます。

 覚醒検証_3_3

 そして、パトリーで押すと・・・。

 覚醒検証_3_4

 あれ、ガンプの格闘兵が生き残ってしまいました。
 覚醒して別ユニットになったはずなのに、ATC補正は効きませんでした。
 このあたりで、自分が勘違いをしていることに気づき始めます・・・。


◆検証9-4 ~ソウルアックスで 「攻撃→DEF補正→防御」 ~
 下のような布陣を作りました。
 手札にはパリィと挑発があります。
 余談ですがこの布陣にした直後に、パトリーが必要ないことに気づきました・・・

 覚醒検証_4_1

 ソウルアックスでライトアタッカーを攻撃します。
 検証9-3と同じように、ソウルアックスは覚醒して、ソウルブレインアックスになります。
 今回は、ソウルブレインアックスにパリィを使います。

 覚醒検証_4_2

 そして、ガンプの格闘兵に挑発を使います。

 覚醒検証_4_3

 ご覧のように、ソウルブレインアックスは生き残りました。

 覚醒検証_4_4

 ここで、ようやくバカな私にも理解できてきました。


◆検証9-5 ~ガイアの槍使いで 「防御→ATC補正→攻撃」 ~
 理解できましたが、念のためガイアの槍使いで確認します。
 布陣と手札は次のとおりです。

 覚醒検証_5_1 覚醒検証_5_2

 ガイアの槍使いを前進させ、旧ゼリグを布陣してピクシーを倒します。

   覚醒検証_5_3

 ガイアの槍使いは覚醒しましたが、戦闘力は3なので、カタール兵は倒せません。
 そこで、長槍傭兵を布陣して、槍スクラム4を使用します。

 覚醒検証_5_4

 そして、パトリーでガイアの水星槍使いを押して、カタール兵を攻撃します。

   覚醒検証_5_5

 ガイアの水星槍使いは、見事にカタール兵を倒しました。


◆検証9-6 ~ソウルアックスで 「防御→ATC補正→攻撃」 ~
 しつこいと思われる方もいらっしゃると思いますが・・・。
 ここまできたら、とことんやります。

 覚醒検証_6_1

 まず、ソウルアックスを前進させて、旧ゼリグでバンディットをソウルアックスにぶつけます。

   覚醒検証_6_2

 ソウルアックスは覚醒して、ソウルブレインアックスになります。
 防御で敵を倒したので、ATC+2は有効ですが、このままでは、パトリーで押しても相打ちになります。
 そこで、斧スクラム2でATC補正をかけます。

 覚醒検証_6_3

 そして、パトリーで押します。

   覚醒検証_6_4

 ソウルブレインアックスはフォスタを倒して生き残りました。


【結論】
 戦闘で敵を倒したことで覚醒するユニットは、別のユニットに替わるのではなく、あくまでも戦闘をした同一のユニットとみなされます。
 しかし、戦闘を仕掛けた(攻撃)か戦闘を仕掛けられた(防御)かによって、戦闘後に新たにATC補正やDEF補正は追加できます。
 つまり、結論はこうです。

「攻撃で敵ユニットを倒した場合は、
 新たなATC補正は適用されないが、DEF補正は適用される」


「防御で敵ユニットを倒した場合は、
 新たなDEF補正は適用されないが、ATC補正は適用される」


 まあ、これは私のルール説明書の解釈が甘かったということで、すでにご存知の方はいらっしゃるのでしょうね。


 では、次の検証に移ります。


【依頼10】
 一度戦闘をしかけた後そのユニットのATKを5以上にし、突貫突撃を使った上でパトリーで押すとどうなるんでしょうか?
 検証よろしくおねがいします。


【検証のポイント】
 これは、先の検証で行っているので、結果はお分かりだと思います。
 「戦闘をしかけた」わけですから、攻撃後のATC補正は適用されないでしょう。


◆検証10-1 ~攻撃後にATC補正と突貫~
 下のような布陣を作りました。
 旧オルス君を採用したのは、槍兵や斧兵のようにATC補正やDEF補正がついていないことと、剣兵なので無兵種よりはATC+5しやすいと思ったからです。

   戦闘後突貫_2_1

 旧オルスで双剣兵士を攻撃します。
 これで、旧オルスの戦闘力は残り1となります。

   戦闘後突貫_2_2

 次にディアドラを前進、現地の案内人で旗持ちアックス兵を中立地帯に移動させます。
 そして、ビゼンナガミツと突貫突撃を旧オルスに使用します。

戦闘後突貫_2_3 戦闘後突貫_2_4

 これで、旧オルスは見かけ上は、ATC+6で突貫可能な状態になります。

 戦闘後突貫_2_5

 では、パトリーを前進させて、旧オルスを押します・・・。

   戦闘後突貫_2_6

 しかし、旧オルスはデッドランを倒せませんでした。
 このように、戦闘を仕掛けた(攻撃した)ユニットには、その後、ATC補正や突貫突撃を使用することはできますが、ATC補正は適用されないので、突貫はできません。


◆検証10-2 ~防御後にATC補正と突貫~
 これもすでに、結果はわかると思いますが、防御後にATC補正と突貫を使用してみましょう。
 比較のため、今回も旧オルスを使用しました。
 下のような布陣にしました。

   戦闘後突貫_1_1

 まず、旧ゼリグを布陣して、双剣兵士を旧オルスにぶつけます。

   戦闘後突貫_1_2

 次に、旗持ちアックス兵を前進、現地の案内人でディアドラを中立地帯に移動させます。
 そして、ビゼンナガミツと突貫突撃を旧オルスに使用します。

戦闘後突貫_1_3 戦闘後突貫_1_4

 そして、パトリーで旧オルスを押します。

   戦闘後突貫_1_5

 旧オルスは、突貫でデッドランと双剣兵士を倒して、敵陣奥へ進みました。
 このように、防御して敵ユニットを倒した場合は、ATC補正が適用されるので突貫できます。


【結論】
 今回の結論は、上の依頼9と同じなので省略します。


 以上、検証結果の報告でした。
 では、今日はこのへんで失礼します。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

03:12  |  検証  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

毎回参考になる記事をありがとうございます。
今回の検証10に関して質問というか確認なんですけど、オルス君は戦闘力が低くて突貫失敗しちゃったけど、突貫の効果そのものは戦闘後ATC付与でも大丈夫なんでしょうか?ウィルラさんとか武具とかグローブとかで武装したら…?

P.S.最近ケーアイ様への憧れから(笑)、バトルネットでお名前を見るや挑んじゃってますけどウザかったら自重しますんで…。
アヤ |  2010年03月05日(金) 21:52 |  URL |  【コメント編集】

最後の突貫突撃についてですが、
突貫突撃のカードは使用時にatcが5以上のユニットに、
「戦闘をしかけてユニットを倒した場合、1マス前進する」
という能力を与えるカードです。
そのため、1度戦闘をしてatcが適用されないユニットであっても戦闘力がなくならない限りは1マス前進することになります。
ですので、検証10-1のような場合相手の戦闘力の合計が4未満である場合、突貫突撃の効力により制圧することができます。

とここまで書いて思ったのですが、突貫突撃のカードを使用した後にatcが5未満になった場合も効果が発動するのでしょうか?
私の予想では発動すると思うのですが、検証していただけないでしょうか。
GAJU |  2010年03月05日(金) 22:09 |  URL |  【コメント編集】

アヤさん、コメントありがとうございます。
なるほど、戦闘力を上げたらどうかということですね?
ちょっと検証してみますので、しばらく待っていてくださいね。

それから、憧れ(笑)というのは別にして、対戦は構いませんよ。
ただ、連戦は少し苦手なので、そのへんを注意してくれれば問題ないです。

では、機会がありましたら、対戦をお願いします。
ケーアイ |  2010年03月05日(金) 22:12 |  URL |  【コメント編集】

GAJUさん、コメントありがとうございます。
突貫突撃は、そのときにATC+5となっているユニットになら使用できます。
突貫突撃を適用したあとに、ATCが5未満になっても効果は発動しますが、これも検証します。
しばらくお待ちください。
ケーアイ |  2010年03月05日(金) 22:18 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiaibl.blog88.fc2.com/tb.php/188-ebd66350

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。