2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.25 (Thu)

突貫と勝敗判定

 そろそろ1日くらい更新を休みたいと思いながらも、ネタがあるので更新し続けている今日この頃です。
 本日は依頼があった2件の検証結果の報告です。

 ですが、その前に昨日は嬉しいことがありました。
 それは、当ブログの訪問者数(当ブログでは「休憩者数」としています)が1万人を突破しました。
 さらに、昨日は当ブログを開設して、ちょうど半年という節目でもありました。

 始めた頃は、「こんなブログを見る人がいるだろうか」と不安でした。
 始めたからには見てもらいたいと思ったので、BLCのメンバーには「ブログ始めました」みたいな告知もし、対戦のコメント欄に「ブログ更新中」ということも書きました。
 おかげで、開発スタッフにも紹介(?)してもらえるブログにまでなりました。
 これもひとえに当ブログに足を運んでくれた皆様のおかげです。
 記事に対して、拍手やコメントがいただければ嬉しく思いますし、もらえなくても「いい記事を書こう」という発奮材料になります。
 最初は、一人で始めたブログですが、今では、皆さんに支えられていることを本当に心から実感し、感謝しています。
 今後とも、当ブログをよろしくお願い致します。

 もっといろいろ感謝の気持ちをお伝えしたいのですが、長くなるのでこのへんで。

 では、検証結果の報告に入ります。
 依頼番号は前回からの通し番号です。

 なお、今回の検証結果を昨日の記事に加えておきます。



【More・・・】

【依頼5】
 1、突貫やスプリントの先にアルタニスがいた場合とまるのか(ちょうど戦1なら相討ち?)
 2、旧ミョムトで突貫を使った場合制圧出来るのか。
 どちらもユニットの能力が適用されそうですがこの2つの検証お願いします。


【検証のポイント】
 これは皆さんの中でも興味を持って、実践した人がいるのではないでしょうか?
 旧ミョムトで突貫は、ミッションモードでも確認できそうです。

 予想としては、依頼された方も仰っていますが、アルタニスの「戦闘力2以上のユニットはこのユニットに戦闘を仕掛けることはできない」と旧ミョムトの「このユニットは制圧することはできない」の能力が適用されそうですよね。


◆検証5-1 ~スプリントアックスでアルタニスに突貫 その1~
 下のような布陣を作りました。
 スプリントアックス兵の前に斧民兵、山賊、アルタニスを並べました。
 スプリントアックス兵の攻撃力は4ですから、アルタニスを攻撃する時には、スプリントアックス兵の戦闘力は2になります。

   スプリント検証_1_1

 この状態で、スプリントアックス兵で戦闘を仕掛けます。

   スプリント検証_1_2

 結果は、スプリントアック兵はアルタニスを突破できず、戦闘力2で止まりました。
 やはり、アルタニスの能力が適用されましたね。


◆検証5-2 ~スプリントアックスでアルタニスに突貫 その2~
 依頼内容に「ちょうど戦1なら相討ち?」とあるので、こちらも確認しましょう。
 布陣を次のように変えました。
 スプリントアックス兵の前に、剣民兵、斧民兵、アルタニスを並べます。
 これなら、スプリントアックス兵は戦闘力1でアルタニスに戦闘を仕掛けることになります。

   スプリント検証_2_1

 スプリントアックス兵で戦闘を仕掛けます。
 剣民兵、斧民兵を倒し、戦闘力1でアルタニスに挑みます。

   スプリント検証_2_3

 そして・・・。

   スプリント検証_2_4

 予想どおり、スプリントアックス兵とアルタニスは相打ちになりました。

 では、次は旧ミョムトの検証です。


◆検証5-3 ~旧ミョムトで突貫制圧?~
 次のような布陣を作りました。
 中立地帯にディアドラがいるので、ミョムトはATC+2されています。
 さらに、手札にはビゼンナガミツ、会心の一撃、突貫突撃(右から3番目)があります。

 ミョムト検証_1_1

 さっそく、ビゼンナガミツ、会心の一撃、突貫突撃をミョムトに使います。

 ミョムト検証_1_2

 これで、パラディンに戦闘を仕掛けます。

   ミョムト検証_1_3

 旧ミョムトは、パラディンは倒しますが制圧はしませんでした。
 これもアルタニスと同じく、旧ミョムトの能力が適用されました。


【結論】
 この検証の結論はこうです。

 「特殊能力を持つユニットは、戦闘においてはその能力が優先的に適用される」


 それでは、次の検証に移ります。


【依頼6】
 引き分けの検証をお願いしたいです。
 30ターンを終え、判定が行われ、判定結果は同点にも関わらず画面には「敗北」の文字が2度とも出ました。
 ギャンブルモード、バトルネットでそれぞれ1度ずつ確認しました。
 30ターンを終え、判定が同点の際の勝利、敗北の条件等を検証してほしいです。
 おそらく食料数か30ターンを終えるまでの戦況(兵士カードの撃波数等)が関わってくると個人的には思います。
 どちらともなんとか同点に持ち込んだのは覚えていますので。


【検証のポイント】
 対戦をやられている皆さんなら、すでに経験していることですね。
 検証を行う前に、ルール説明書を確認してみました。
 「第9章 ネットワーク対戦の特別ルールについて」の「勝利条件」の項目には次のように記載されています。

 第9章ネットワーク対戦の特別ルールについて_勝利条件

 さらに、「第9章 ネットワーク対戦の特別ルールについて」の「最終ドローターン」の項目には次のように注意点が記載されています。

第9章ネットワーク対戦の特別ルールについて_最終ドローターン

 しかし、同点の場合はどうなるのかという記載はありませんでした。
 「バトルラインバージョンアップ情報」も確認しましたが、こちらにも同点の際の判定については記載がありません。

 バトルラインの戦績には「勝利」と「敗北」はありますが、「引き分け」という概念はありません。
 今回はそのへんを、自分なりに解釈してみたいと思います。


◆検証6-1 ~戦闘評価が同点の場合~
 下の図のように30ターン終了時に、自分のユニットと相手のユニットが1体ずつ、中立地帯に布陣さています。
 この場合は、戦闘評価が1対1なので同点です。

判定_1_1

 すると、次のように Windows7 側に「敗北」の文字が表示されます。

判定_1_3

 タイムラグがあったので、わずかに遅れて Windows2000 側にも「敗北」の文字が表示されます。

判定_1_4

 このように、戦闘評価が同点の場合は、双方が敗北となります。

 では、もう少し検証を続けましょう。


◆検証6-2 ~30ターンで相手のユニットを全滅~
 次のような布陣を作りました。
 29ターン目に相手がバーバリアンを前進させ、30ターンでこちらの番です。

 判定_2_1

 デッドランが前進しても、判定で負けるのでデッドランはバーバリアンを倒すしかありません。
 そこで、デッドランでバーバリアンを倒します。

判定_2_2

 すると、戦闘評価の結果は双方ともに敗北となります。

判定_2_3

 このように、相手のユニットを全滅させても、こちらのユニットが中立地帯か敵陣に布陣されていなければ、敗北となってしまうわけです。
 これは、前述の「第9章 ネットワーク対戦の特別ルールについて」の「最終ドローターン」の注意点の判定基準に則っています。


◆検証6-3 ~29ターン終了時にお互いのユニットがない場合~
 バトルラインの対戦では、延長時に相手のユニットを全滅させて、相手のターンに順番を回したとき、逆に、自分のユニットを全滅させられて、ターンが回ってきたときは、動かせるユニットがないので敗北となります。
 では、29ターン終了時に、お互いのユニットがない場合はどうでしょうか?
 29ターン開始時に次のような布陣になったとします。

勝利判定_3_1

 バーバリアンはパイクマンを倒すしかないので、当然倒しに行きます。
 結果は相打ちですね。

勝利判定_3_2

 そして、最終30ターンを迎えると・・・。

勝利判定_3_3

 相手には動かせるユニットがないので、相打ちをさせた側の勝利となります。
 このように、お互いのユニットが全滅しても、次のターンが残っていれば、ターンが回ってきた方が敗北ということですね。
 ただし、30ターンで相打ちさせて、お互いのユニットが全滅した場合は、双方が敗北となります。
 それは31ターンが存在しないからです。


【結論】
 以上のように、戦闘評価が同点の場合は、双方が敗北となります。
 バトルラインには引き分けはないので、同点でも勝利か敗北のどちらかの判定をしなければいけません。
 これは、私の推測ですが、バトルラインでは勝利条件を優先しているのではないでしょうか。

 判定による勝利条件は次のとおりです。

 「判定の結果、対戦相手よりスコアが高かった場合」

 つまり、同点ということは、対戦相手よりスコアは高くないので、勝利条件を満たしていないことになります。
 したがって、双方が敗北となるのではないでしょうか。

 ということで、結論はこうしておきます。

 「判定が同点の場合は、勝利条件を満たしていないので双方敗北となる」

 これが正しいかどうかはわかりません。
 もっと理論的に説明ができるのかもしれませんが、私の頭ではこれが精一杯です。


 以上、検証依頼についての結果報告です。

 では、本日はこれにて失礼します。


 ----- 追記!! -----

 依頼6で偉そうに自論を展開しましたが、開発ブログの以前のQ&Aにこんな記載があるのを見つけました。

 引き分けの場合Q&A

 気づくのが遅れてしまいました・・・。
 申し訳ありません。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

14:34  |  検証  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

はじめまして
ふくおか産 |  2010年02月25日(木) 23:49 |  URL |  【コメント編集】

ふくおか産さん、こちらでははじめまして。
昨日は対戦ありがとうございました。
ケーアイ |  2010年02月26日(金) 18:41 |  URL |  【コメント編集】

これからもよろしくおねがいしまうす!
ふくおか産 |  2010年02月26日(金) 21:58 |  URL |  【コメント編集】

検証をお願いしたものです。
同点の際の検討、ありがとうございました。分かりやすかったです。

両者が敗北になるんですね。
てっきり、引き分けで「再戦」になると思ってました。

後、ブログのQ&Aに記載があったとは気づきませんでした。
BOM,R-1 |  2010年02月27日(土) 01:56 |  URL |  【コメント編集】

ふくおか産さん。
こちらこそよろしくお願いします。
ケーアイ |  2010年02月27日(土) 02:22 |  URL |  【コメント編集】

BOM,R-1さん、コメントありがとうございます。
わかりやすいと言っていただけると嬉しいです。

Q&Aは1年以上前の記事なので、私も忘れていました(笑)

これからも何かあれば、気楽に依頼してください。
では~。
ケーアイ |  2010年02月27日(土) 02:26 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiaibl.blog88.fc2.com/tb.php/180-2b48d168

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。