2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.20 (Sat)

説明書はちゃんと読みましょう

 バトルラインの検証について、さらに3件ほどメールがあり、ビックリしている今日この頃。
 ご依頼に応えたいところですが、その前に私が勘違いしていた件について説明しないといけません。

 「シングルモードではありません Part.2」で、ハルバティアンを槍兵、剣兵の順で倒した時に、剣兵に対してATC補正がされないとの内容を書きました。

 それに対して、保坂さんからコメントをいただきました。
 すでに、コメントを読まれた方もいると思われますが、コメントを読んで納得がいきました。
 コメントをいただかなければ、ずっと勘違いをし続けたわけですから、コメントを寄せてくれた保坂さんには大変感謝しています。

 では、保坂さんのコメントを私なりに咀嚼して説明したいと思います。



【More・・・】

◆ATCとDEFはスキルではない◆
 バトルラインのルール説明書の「第2章 布陣、移動、戦闘」の「戦闘」の最後の方に、次のような注意点の記載があります。
 ATCとDEFの注意点

 上の説明にもあるように、戦闘をしてATCまたはDEFが適用された後に、再度戦闘を行ってもATCやDEFは適用されないので、私が試したハルヴァティアン突貫や、「反応があったので」で試した、「移動する略奪者+パトリー」も、これによりATC補正が適用されなかったわけです。
 特に「移動する略奪者」は中立地帯に進んだので「戦闘力+2、ATC+2」のスキルが発動しますが、戦闘を行った後なので、上の説明にあるようにATC+2が適用されなかったのでしょう。

 そして、「ATCとDEFはスキルではない」というのは、非常に重要なポイントです。
 これについては、保坂さんのコメントにあるように、旧トーファイを例にして説明します。

 旧トーファイのスキルは 「このユニットは自身に向けられた敵ユニットのスキルと戦術カードの効果を受けない」 です。
 もし、ATCとDEFがスキルだったら、ベルセルクは旧トーファイを倒せませんし、装甲槍兵も旧トーファイと相打ちになりません。
 よって、ATCとDEFは説明書に記載されているとおりスキルではないのです。

 旧トーファイで、ふと思ったのがレディーフェンサーが旧トーファイを駿足スキルで攻撃できるのかということです。
 ちょっと気になったので、次のような布陣にして、レディーフェンサーの移動範囲を確認してみました。

     レディーフェンサースキル

 すると、レディーフェンサーの移動範囲に旧トーファイが含まれます。
 レディーフェンサーのスキルは、相手に対するスキルではなく、レディーフェンサー自身へのスキルですから、旧トーファイのスキルによって無効にされることはありません。
 ん、するとベルセルクのATC+5もベルセルク自身へのスキルと考えればトーファイを倒せるのでしょうかねえ。
 こんなことを考えるときりがありませんね。
 説明書に「ATCとDEFはスキルではない」と記載されているわけですから、ATCとDEFをスキルとして考えることがナンセンスです。


◆戦闘したユニットがまったく別のユニットになればATCとDEFは補正される◆
 戦闘したユニットには、新たなATCとDEF補正はされませんが、戦闘したユニットを別のユニットに変えれば話しは別です。
 その例を次にしまします。

 まず、次のような布陣になったとします。

     ATC補正1

 上の布陣の状態でレディーフェンサーでバンディットを攻撃して、レフトアタッカーとパトリーを前進させます。

     ATC補正2

 レディーフェンサーは戦闘をしたので、レフトアタッカーによるATC補正を受けません。
 この状態でパトリーで押し出してもパラディンは倒せません。
 そこで、レディーフェンサーをピリカに替えます。

     ATC補正3

 ピリカは戦闘をしていないので、レフトアタッカーによるATC補正が適用され、攻撃力は7になります。
 この状態で、パトリーでピリカを押せば、パラディンは倒せます。

     ATC補正4

 覚醒ユニットについては確認しませんでしたが、覚醒ユニットはまったく別のユニットに替わるわけではないので、1回戦闘した後はATCとDEFの補正は受けないと思います。


 あと、戦闘力補正ついても、保坂さんからコメントいただいていますが、こちらの方は検証依頼の内容と同じ例が記載されているので、その検証報告の中で触れさせていただきます。
 これで、コメントの内容をちゃんと把握した説明になっているかは不安ですね・・・。

 今回のことで、言えることはただひとつ。今日のタイトルと同じです。

 「説明書はちゃんと読みましょう」

 開発の方にもなんかイチャモンをつけたような形になってしまっていたので、この場を借りてお詫びいたします。

 ということで、今日はこのへんで失礼します。
 明日は、検証報告の予定です。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

13:31  |  検証  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiaibl.blog88.fc2.com/tb.php/175-dc6db00a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。