2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.10 (Wed)

デッキ公開(17)

 一昨日のしょーもない記事に、思いがけないほどの拍手をいただきました。
 ありがとうございます。

 これもクリスタルのおかげですね。
 さすがハイクオリティ王女です。

 さて、本日はデッキ公開です。
 公開するのは、現在対戦で使用している女性デッキです。
 現在使用している8つのデッキのうち6つ目です。
 残りの2つも今月中に公開します。

 では、デッキ公開の開始です。


【More・・・】

1.デッキ構成
 デッキ構成は次の通りです。

 女性デッキB
 デッキ名は「Women Team B」です。

 前の女性デッキが「Team A」だったので、単純に「Team B」にしました。
 男が混じっていますが、私の中では2人は兄妹と解釈しています。
 制圧時の台詞が「わたしが先に行くの!」なので、やや無鉄砲な妹を心配した兄がついて来たのはいいけれど、まわりが女性ばかりで、居心地が悪いという設定です。


2.デッキ解説
 では、簡単にデッキの解説をします。

 食料 : 11枚
  私のデッキでは定番の枚数です。

 一般兵 : 13枚
 ロンパイア兵×2
  後ろのマスに味方がいると、ATC+2となる剣兵。
  「Team A」から引き続き参戦です。

 ハスカール×2
  味方が破棄されたときに、1体につきATC+2となる斧兵。
  こちらも「Team A」から引き続きの参戦です。

 エスキモーの槌使い×2
  味方の槍兵が布陣されていれば、ATC+4となる斧兵。
  このデッキは、剣斧槍の一般兵を均等に入れているので、ATC+4にするのは難しくありません。
  攻撃力6なら、相手も迂闊に近づけません。

 ガイアの槍使い×2
  相手を戦闘で倒すと覚醒して、戦闘力3、DEF+3になる槍兵。
  条件はつきますが、覚醒すればヴァージンパイクと防御力が同じになります。
  ということで、ヴァージンパイクに替わって採用しました。

 フランキスカ×2
  味方の斧兵が布陣されていれば、ATC+2となる槍兵。
  エスキモーの槌使いの槍兵版です。
  このデッキ構成なら、ATC+2は容易です。

 サージェント×2
  最初はコスト2の重めの騎兵。
  覚醒すれば、剣兵になります。
  騎兵スキルをうまく使って、相手をかき回したいところです。

 ウルフヘズナル
  自身が最前線にいれば、戦闘力が+2となる無双の無兵種。
  「Team A」では2体入れてましたが、今回は1体です。

 英雄 : 5枚
 セグア副将軍ラムセス
  布陣したときに騎兵以外の味方1体を空いている左右、または後ろのマスに移動させます。
  有能な移動スキルを持っているので「Team A」から引き続き参戦です。

 無限の戦士カーヴァイ(新)
  騎兵から斧兵、斧兵から騎兵と覚醒を繰り返すことができます。
  サージェントよりコストが軽いので、個人的には使い勝手がいいです。
  駿足を活かして、次のターンでやられそうなユニットの後ろに移動して覚醒させられます。

 世界樹の守人マナ
  戦闘するときに駿足になります。
  コスト1のレディーフェンサーです。
  味方の後ろにつけて強ユニットを倒すも良し、弓兵の牽制にも使えます。

 戦神ワンドラ
  布陣したときに挑発をかまします。
  ラムセスと同様に貴重な移動系英雄です。
  私にとっては使用頻度が高い英雄です。

 八極燕隠流サキラ
  味方の斧兵と槍兵がそれぞれ2体ずつ布陣されているときに覚醒します。
  覚醒すれば攻撃力、防御力ともに6の強いユニットになります。
  このデッキでは英雄も含めて、斧兵5体、槍兵5体なので、最初にこれらのユニットを消耗してしまうと覚醒は厳しくなります。
  戦闘力は4なので、「射撃2+矢ぶすま」や「大洪水」で倒されるので、過信は禁物です。

 戦術: 11枚
 コンビネーション
  「Team A」に比べて、剣斧槍の兵種持ち多いので、決まる機会は増えました。
  当然、勝負を決めるときに使いたい1枚です。

 会心の一撃
  ATC+1の効果を持つドローカード。
  ATC強化よりも、次のドローに期待といったところです。

 パリィ
  DEF+2の効果を持つドローカード。
  こちらは守備力強化が主体です。
  手札が厳しくても、使うのは我慢します。

 突貫突撃
  ATC+5の味方が敵を倒したら、1マス前進できます。
  後ろのマスに味方がいるロンパイア兵、斧兵が布陣されているときのフランキスカ、素の状態のエスキモーの槌使い、味方を自滅または相打ちさせた後のハスカールなどにコンビネーションを使えば、使用対象になります。
  「Team A」に比べて決めやすくなりました。

 アンブッシュ、挑発、戦術的撤退
  説明は省略します。

 強行軍
  戦闘力3のユニットを2マス移動できる移動系カード。
  使用対象は一般兵ならロンパイア兵、覚醒したガイアの槍使い、サージェンに無双状態のウルフヘズナル。
  英雄ならマナに覚醒したカーヴァイとサキラです。
  ラムセスや戦術的撤退と組み合わせるといいです。

 発見された遺跡
  中立地帯に布陣されている味方の数だけカードをドローできます。
  駿足スキル持ちがいるので、2枚以上はドローできます。

 フリーファイト
  敵陣に味方ユニットが1体だけのときに、そのユニットのATCを+3します。
  使用するタイミングは、コンビネーションを使った後の突貫狙いといったところでしょうか。
  カードのスキル上、対戦を決める場面での使用になります。

 バリエーションスクラム
  味方の斧兵と槍兵がそれぞれ2体ずつ布陣されているときに、斧兵と槍兵をATC+2、DEF+2にします。
  コンビネーションよりは対象範囲も狭く、強化も弱いですが中盤あたりにうまく決めれば、その後の戦いが有利に進められそうです。
  布陣されているユニットの位置により、コンビネーションを使うか、こちらを使うかを判断します。


3.戦い方
 このデッキは「Team A」より、兵種を持ったユニットを多く採用しています。
 そのため、各兵種をバランスよく布陣した上で、コンビネーションやバリエーションスクラムによって、相手を倒して制圧を目指すことになります。
 移動系も挑発と戦術的撤退を2回使用できるので、うまく相手の陣形を崩したいところです。
 「Team A」のように突然布陣のピリカや戦術無効のトーファイがいないので、各ユニットが力を合わせていかないと制圧は難しいでしょう。
 このデッキで狙う戦い方は次の2つです。

  ・ATC強化による突貫制圧
  ・移動系と組み合わせた強行制圧


4.ユニットの布陣
 このデッキのユニットの優先順位を紹介します。
 なお、これは私の個人的な見解です。

 1位 ウルフヘズナル
  1枚しかないので、初手にくることは稀ですが、最前線にいないと意味がないので布陣します。
  相手が弓の時に、矢ぶすまを使ってくれればありがたいです。

 2位 ロンパイア兵、エスキモーの槌使い、ガイアの槍使い
  兵種持ちでは、この3つを優先します。
  ロンパイアは後ろに味方がいないとスキルを使えません。
  エスキモーの槌使いは、単体でも攻撃力が4あるので、そこそこ戦えます。
  ガイアの槍使いは、覚醒させたいので早めに布陣させるのがいいと思います。

 5位 フランキスカ、ハスカール、無限の戦士カーヴァイ、世界樹の守人マナ
  フランキスカは斧兵が布陣されている状態で出したいです。
  ハスカールは攻撃力が低いので、カウンターは取りにくいですが、味方ユニットを相打ちさせてうまくATC強化できるように布陣します。
  カーヴァイは戦線を霍乱または、覚醒させて牽制やカウンター狙い。
  マナは駿足スキルを活かせる位置に布陣です。

 9位 サージェント、戦神ワンドラ、八極燕隠流サキラ
  サージェントはコスト的に重いので、他のユニットが倒されて食料に余裕が出てきてから布陣がいいでしょう。
  サキラは、覚醒条件を満たしていたらコストオーバーでも布陣します。
  ワンドラは戦線が膠着した状態を打開する局面で使いたいです。

 12位 セグア副将軍ラムセス
  このデッキの構成と勝ちパターンを考えると、取って置きとして温存したいです。
  相手の状況に応じては、戦術的撤退がドローできれば、積極的に使ってもいいですけどね。


5.以前の女性デッキとの比較
 以前に使用していた「Women Team A」と比較します。

 食料
  「Women Team A」より1枚減らしました。

 一般兵
  「Women Team A」よりも1体増やしました。
  コスト0の優良ユニットであるピクシー、攻撃力のあるウーシューの巫女を外すのは迷いましたが、コンビネーションを使える機会を増やしたかったので、剣斧槍の兵種持ちのユニットで固めました。
  ウルフヘズナルが残っていますが、コスト2なら、レディーフェンサーかヴァージンパイクと替えた方がいいかもしれませんね。

 英雄
  「Women Team A」からの残留はラムセスとワンドラです。
  強ユニットのピリカ、トーファイ、戦闘力底上げのクローディアを外しました。
  追加したのは新カーヴァイ、マナ、サキラです。
  英雄の構成としては弱体化した感じですが、それぞれのスキルを活かせれば、「Women Team A」と遜色ない戦いができると思っています。

 戦術
  「Women Team A」と同じく11枚です。
  ただし「現地の案内人」を使う必要性はないと判断したので抜きました。
  替わりに追加したのが「バリエーションスクラム」です。


6.対戦成績
 最後にこのデッキの対戦成績を紹介します。

 使用期間 : 12月25日~
 対戦成績 : 40勝34敗
 先攻時  : 26勝14敗 (12月分の対戦は含みません)
 後攻時  :  6勝18敗 (12月分の対戦は含みません)
 勝率    : 54.0%

 「Women Team A」より落ちました。
 ただ、先攻の場合と、後攻の場合で明らかに差が出ています。
 このデッキは制圧狙いですから、先攻の方が勝率がいいのは当たり前と言ええば、当たり前ですね。
 英雄の構成を見直せば、また変わってくるかもしれませんね。


 では、これで女性デッキの紹介を終わります。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

15:57  |  デッキ構築・公開  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

なるほど、作成デッキのバリエーション豊かさは
さすがはいj…達人という感じですな。

またデッキ作成時にじっくり見た上でいろいろと参考にさせていただきますので、対戦の際には宜しくお願い致しますぜー
あほ777@会社 |  2010年02月10日(水) 20:38 |  URL |  【コメント編集】

青777さん、コメントありがとうございます。
名前変えてもわかりますよ(笑)
というか変えた範囲には入りませんね。

昨日はメタデッキでの対戦ありがとうございました(笑)
メタデッキだったおかげで、コンビネーションが最終ターンまで残ってくれました(笑)

こちらこそ、また対戦を宜しくお願いします。
それから、最後に一言、会社からコメントしないよーに(笑)
では~。
ケーアイ |  2010年02月10日(水) 21:30 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiaibl.blog88.fc2.com/tb.php/166-e0d3fb0f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。