2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.12.28 (Mon)

デッキ公開(11)

 さて、本日も予告どおりデッキ公開です。
 公開するのは、24日まで使用していた女性デッキです。

 では、さっそくデッキを紹介します。



【More・・・】

1.デッキ構成
 デッキ構成は次の通りです。

 女性デッキA
 デッキ名は「Women Team A」です。

 本来ならデッキ名は「姐さん達に告白し隊 Ver 3.0」とすべきですが、バトルフォーメーションが出たときに、女性デッキを3つ作る予定でしたので、「Team A」としました。
 結局、女性デッキはこれしか作らなかったのですが・・・。


2.デッキ解説
 では、簡単にデッキの解説をします。

 食料 : 12枚
  今までの女性デッキと変わりません。

 一般兵 : 12枚
 ロンパイア兵×2
  後ろのマスに味方がいると、ATC+2となる剣兵。
  コスト1の剣兵では唯一の女性ということで採用しました。
  後ろに味方がいれば攻撃力5なので、相手の牽制には役立ちます。

 ハスカール×2
  味方が破棄されたときに、1体につきATC+2となる斧兵。
  バトルフォーメーションでは、女性斧兵はアマゾネスやアックスシュパリエもいましたが・・・。
  コスト1なので、こちらを採用しました。

 ヴァージンパイク×2
  自陣の空いているマスに布陣できる槍兵。
  バトルフォーメーションでは、イペリンの大盾兵士もいましたけどね。
  やはり、守りに不安があるので、残留させました。

 ウーシューの巫女×2
  中立地帯と敵陣にいれば、ATC+4となる魔兵。
  弓には弱いですが、強化されると戦闘では倒しにくいユニットです。
  ATC+4なので、少しのATC強化で突貫の対象になります。

 ピクシー×2
  コスト0の優良な無兵種。
  初手に食料がなくても、布陣できるのは心強いです。
  弓に強いユニットの後ろにつけて前進させるのもいいでしょう。

 ウルフヘズナル×2
  自身が最前線にいれば、戦闘力が+2となる無双の無兵種。
  無双状態なら、防御力6のユニットを仕留められます。

 英雄 : 5枚
 セグア副将軍ラムセス
  布陣したときに味方1体を空いている左右、または後ろのマスに移動させる英雄。
  女性デッキのため、ゼリグは入れられないので採用しました。
  ゼリグほどの汎用性はありませんが、有能な移動スキル持ちです。

 でんこうせっかのピリカ
  味方のユニットと入れ替えて布陣ができる特殊な英雄。
  敵陣手前だと、挑発で潰される場合があるので、できれば敵陣奥で替えたいですね。
  このユニットを倒すために、相手は戦術を使わざるを得ないでしょう。

 格闘戦士トーファイ
  相手の戦術、スキルが効かない英雄。
  挑発も偽報も効かず、大洪水でもびくともせず、射撃も受け付けないので、厄介この上ないユニットです。
  倒すためには、ほとんどの場合で戦術を使用する羽目になります。

 戦神ワンドラ
  布陣したときに挑発する英雄。
  ラムセスと同様に貴重な移動系英雄です。
  使いどころを見極めたいです。

 時を翔る聖女クローディア
  中立地帯か敵陣にいる味方の戦闘力を1上げる英雄。
  コスト3なので、このデッキの食料枚数では布陣し続けるのは厳しいです。
  決着をつける際のダメ押しにするか、一時的にその場をしのぐために使うか、考えさせられるときがあります。

 戦術: 11枚
 コンビネーション
  一般兵の剣、斧、槍が2体しかいないので、使う機会は多くないでしょう。
  でも、決まれば大きいので、運頼み程度に入れてみました。

 パリィ
  DEF+2の効果を持つドローカード。
  守備力を強化して、次のドローに期待したいときに使えるといいですね。

 突貫突撃
  ATC+5の味方が敵を倒したら、1マス前進できます。
  使いたいのは敵陣手前ですが、状況によっては中立地帯で使って、一気に敵陣奥へというのもありです。

 ゲリラ戦術
  コスト1以下で戦闘力3未満のユニットの戦闘力を+2するカード。
  このデッキでは対象となるユニットが7体なので、そのときの状況によって、使うユニットを選べます。
  一番いいのは強行軍を仕掛けるときです。

 アンブッシュ、挑発、戦術的撤退
  説明は省略します。

 強行軍
  戦闘力3のユニットを2マス移動できる移動系カード。
  戦術カードと組み合わせると、クローディア以外のユニットが対象になります。
  このデッキの勝ちパターンの一つです。

 現地の案内人
  一気に中立までユニットを運ぶカード。
  基本的にはウーシューの巫女に使いたいカードです。
  ウルフヘズナルに使ってもいいですね。

 発見された遺跡
  中立地帯に布陣されている味方の数だけカードをドローできます。
  ヴァージンパイクがいるので、かなりの確率で2枚以上はドローできます。

 フリーファイト
  敵陣に味方ユニットが1体だけのときに、そのユニットのATCを+3します。
  ウーシュー、ピクシー、ハスカールに使えば突貫可能です。
  後ろのマスに味方がいれば、ロンパイアも突貫対象になります。


3.戦い方
 このデッキでの戦い方は、弓に強いウルフヘズナルで前進させつつ、その間に、ウーシューやピクシーという戦えるユニットを布陣させていきます。
 攻め込まれそうな場合は、ヴァージンパイクで防ぎます。
 アマゾネスやルナがいないので、今までの女性デッキのように、自陣を手薄にはできないので守りのほうにも気を配らなければなりません。
 そうしながら、次の3つのうちいずれかを状況によって選択します。

  ・敵陣奥で味方ユニットをピリカに替える
  ・戦術等で補い、どのユニットからでも強行軍を仕掛けられるようにする
  ・ATCを強化して、突貫突撃を仕掛ける


4.ユニットの布陣
 このデッキのユニットの優先順位を紹介します。
 なお、これは私の個人的な見解です。

 1位 ウルフヘズナル
  最前線にいないと能力が活かせないので、初手に食料があれば迷わず布陣します。

 2位 ウーシューの巫女
  中立地帯に進まないと、強さが発揮できませんから、早い段階で布陣したいです。

 3位 ピクシー
  食料がドローできなくても布陣できますからね。
  ウルフヘズナルやウーシューの巫女と同時に布陣できれば大きいです。

 4位 ロンパイア兵、ハスカール
  コスト1なので、食料がドローできなくても布陣はできます。
  布陣して、次のドローに期待します。

 6位 ヴァージンパイク
  自陣の空いているマスに布陣できるので、多少布陣が遅れても問題はないでしょう。
  早い段階で布陣してもかまいませんが、前進しても挑発で潰される可能性は高いです。

 7位 格闘戦士トーファイ
  コスト3ですから、このデッキでは早くても5ターン目以降の布陣になります。
  その前に、ユニットを布陣していれば、さらに布陣が遅れます。
  最初の第一波攻撃が潰されてからでも遅くはないと思います。

 8位 セグア副将軍ラムセス、戦神ワンドラ
  布陣が固まり、敵を陣形を崩したい時に布陣します。
  戦術と合わせれば、挑発と戦術的撤退を2回使えるわけですから積極的に使ってもいいかもしれませんね。

 9位 時を翔る聖女クローディア
  コスト3ですから、トーファイ、ピリカを布陣した場合、維持できるコストはないと思います。
  強行軍を仕掛けるときか、攻撃力が足りない場合などに使う感じですかね。

 順位なし でんこうせっかのピリカ
  このユニットは、任意のタイミングで布陣しますからね。
  勝負所と見たら、布陣するので順位なしです。


5.以前の女性デッキとの比較
 以前に使用していた「姐さん達に告白したい Ver 2.0」と比較します。

 食料
  Ver 2.0 と同様に12枚です。

 一般兵
  Ver 2.0 は10体でしたが、2体増やして12体にしました。
  外したのは、レディーフェンサー×2とアマゾネス×2。
  追加したのは、ロンパイア兵×2、ハスカール×2、ウルフヘズナル×2です。
  Ver 2.0 はバトルフォーメーション以前のデッキなので、コスト的には同じです。

 英雄
  ネルとルナを抜いて、ラムセスとクローディアを入れました。
  ネルとルナの能力変更に伴い、移動系の強化と戦闘力のアップを狙いました。
  ネルとルナのトータルコストは、バトルフォーメーション以前なので5です。
  ラムセスとクローディアのトータルコストは4なので、若干軽くなりました。

 戦術
  一般兵を2体増やしたので、2枚減って11枚になりました。
  抜いたのは、「会心の一撃」、「良質な武具」、「偽報」、「帰還の狼煙」です。
  入れたのは、「突貫突撃」と「フリーファイト」です。
  お分かりのように、突貫制圧をしやすくするためのチョイスです。


6.対戦成績
 最後にこのデッキの対戦成績を紹介します。

 使用期間 : 9月19日~12月24日
 対戦成績 : 118勝79敗
 勝率    : 59.9%

 Ver.2の勝率が61.8%ですから、勝率は下がりましたね。
 だけど、女性デッキはムラッ気があって、勝率が大きく変化します。
 先月は勝率50%でしたが、今月は勝率68%ですし。
 やっぱり、女性の扱いは難しいですね。


 では、これで女性デッキの紹介を終わります。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

13:28  |  デッキ構築・公開  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiaibl.blog88.fc2.com/tb.php/132-9f1f3dd7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。