2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.12.25 (Fri)

覚醒する者たち

 昨日の「Ver 3.00.00」で紹介できなかった、覚醒したユニットについて紹介します。

(c)2008-2009 8-senses.All Rights Reserved.
【一般兵】
バトエボ覚醒_1


【英雄】
バトエボ覚醒_2
バトエボ覚醒_3


 以上です。

 ・・・・・・・・・・・・これで終わるのもなんなので、ちょっと覚醒するユニットについて、私なりの意見というか戯れ言を述べようかと思います。



【More・・・】

1.覚醒タイプ
 覚醒ユニットは一般兵が4体、英雄が5体です。
 一口に覚醒と言っても、覚醒手段は次の3タイプに分かれています。

 ・無条件自律型
  任意のタイミングで自由に覚醒できるユニットです。

 ・条件付自律型
  自分自身の行動で、条件を満たしたときに覚醒できるユニットです。

 ・他律型
  他のユニットと連動しないと覚醒できないユニットです。


2.無条件自律型
 これに該当するのは、一般兵ならサージェント、英雄なら戦狂のオルス無限の戦士カーヴァイです。
 この3体は、すべて兵種は騎兵で駿足持ちです。
 騎兵ですから、変に条件をつけると覚醒しずらくなるので、覚醒条件がないというのは納得です。

 2-1.サージェント
  覚醒すると、コスト2、戦闘力3、DEF+1の剣兵・メンアットアームズになります。
  覚醒後はコスト2のロングソード兵です。
  そう考えると、ロングソード兵で着実に前進してもいいと思います。
  しかし、早めに中立地帯を抑えたい場合や、布陣の遅れを挽回したい場合など使う機会はありそうです。

 2-2.戦狂のオルス
  第1段階の戦狂のオルスは騎馬民兵。
  第2段階のロード・オルスはナイト。
  最終段階のホワイトナイト・オルスはパラディン。
  できれば、英雄らしくすべての段階でプラスαが欲しかったところですが・・・。
  まあ、オルスらしいと言えばそれまでです。
  覚醒するたびにコストが1増えます。
  せめて、最終段階でコスト2で戦闘力6なら、活躍の場を与えられたのかも知れませんが・・・。
  でも、使いたい衝動に駆られるのは、私ができない子が好きだからでしょうか?

 2-3.無限の戦士カーヴァイ
  覚醒すると、コスト1、戦闘力3、ATC+2のハンマー・カーヴァイになります。
  コスト1で戦闘力3の斧兵は、魅力がありますね。
  射撃2に耐えられる斧兵は、一般兵でコスト3、英雄でコスト2ですから。
  しかも、元の騎兵にも戻れると言うのも面白いです。
  斧単や斧槍ハイブリッドデッキに入れてみてもいいのではないでしょうか。


3.条件付自律型
 これに該当するのは、一般兵ならソウルアックスガイアの槍使い、英雄なら蒼い戦士ロクマです。
 覚醒条件は、「戦闘で敵を倒したら」です。
 ロクマは戦闘力が4、ソウルアックスも攻撃力が4なので、敵を倒すという条件はそれほど難しくはないでしょう。
 ガイアの槍使いも戦闘力2なので、戦術を使えば戦闘力1~2のユニットは倒せます。

 3-1.ソウルアックス
  覚醒前は、戦闘力は丸盾斧兵、攻撃力は勇気ある尖兵と同じです。
  覚醒すれば、ソウルブレインアックスになります。
  戦闘力が3で、ATC+2ですから、ハンマー・カーヴァイと同じです。
  カーヴァイでも言いましたが、コスト1で戦闘力3の斧兵は貴重です。
  斧単デッキ、斧槍ハイブリッド、または、覚醒デッキに入れると面白そうですね。

 3-2.ガイアの槍使い
  覚醒前は、戦闘力がアップしないサンデンスの歩哨です。
  覚醒すれば、ガイアの水星槍使いになり、戦闘力3、DEF+3です。
  言うなれば、コスト1の精鋭リバーヒル槍兵です。
  槍デッキに精鋭リバーヒル槍兵を入れているなら、入れ替えてみてもいいかもしれません。
  このユニットを2体いれて、2体とも覚醒させた上で、ファーエ(旧)を布陣したら・・・。
  トータルコスト5で、装甲槍兵2体布陣となります。
  まあ、ギャンブル的な要素が強いですが・・・。
  槍単デッキ、斧槍ハイブリッド、覚醒デッキに入れるといいかもしれません。

 3-3.蒼い戦士ロクマ
  覚醒前は、戦闘力4、DEF+1の無兵種です。
  コスト1ですから、すぐ布陣できます。
  攻撃力5なので、覚醒するのはそれほど難しくはないでしょう。
  覚醒すれば、コストは1増えますが、戦闘力6の流れ星ロクマになります。
  それだけでも強力ですが、剣、斧、槍の兵種を持つので、コンビネーションが可能です。
  単デッキでコンビネーションを狙うなら、加えてもみるのもいいでしょう。


4.他律型
 これに該当するのは、一般兵ならエクスの魔剣兵、英雄なら神の落とし物テジロフ八極燕隠流サキラです。
 覚醒条件は様々ですが、単独では覚醒できません。

 4-1.エクスの魔剣兵
  最初はコスト1、戦闘力3の剣兵ですから、他のコスト1の剣兵と同じです。
  このユニットが、中立地帯か敵陣にいるときに、味方のユニットが覚醒することが条件です。
  覚醒すると、コスト1、戦闘力5の剣兵・エクスの天尊魔剣兵になります。
  敵を倒しても食料が減らない、高給取りの老兵です。
  戦闘力3ですから、単独で中立地帯や敵陣に進むのは難しいと思います。
  他の味方ユニットと組んで、進ませるのがいいでのではないでしょうか?
  戦闘力5なら、スナイパーボウでも落ちなくなるので、うまく覚醒させたいですね。

 4-2.神の落とし物テジロフ
  最初はコスト1、戦闘力4の魔兵です。
  単純に戦闘力だけを見れば、戦狂のオルス(旧)、パクノスと同じです。
  スナイパーボウで落ちないと言う点では、オルス(旧)より上です。
  パクノスはコスト2ですが、食料を増やすので実質のコストは1ですから同じですね。
  そうすると、魔兵戦術が使える分、パクノスより上となりますかね。
  覚醒条件は、「中立地帯で自分を含めた、味方4体がいる場合」です。
  一番覚醒条件が厳しそうですが、魔兵デッキならそれほど難しくはないでしょう。
  覚醒すれば、革命児テジロフとなり、戦闘力6で魔兵2体分と見なされます。
  旧カードほどの凶悪さはないかもしれませんが、魔兵戦術が使えるのは大きいです。
  強力な召喚に頼らずに、充分戦えると思います。

 4-3.八極燕隠流サキラ
  最初はコスト2、戦闘力2、ATC+2、DEF+2の斧と槍の兵種持ち。
  サンデンスの歩哨のコストが1増えたら、スキルが自動発生したという感じでしょうか?
  覚醒条件は、「自分以外に味方の槍兵、斧兵がそれぞれ2体以上いる」ことです。
  覚醒後は、現実の戦士サキラとなり、戦闘力4、ATC+2、DEF+2の斧と槍の兵種持ち。
  防御力が高い斧兵、攻撃力が高い槍兵ですね。
  覚醒条件を見る限り、斧単、槍単ではなく、斧槍ハイブリッドのデッキとの相性がいいでしょう。


 覚醒ユニットについて述べましたが、今さら私が言わなくても、いいような内容ですね・・・。
 まあ、戯言と思ってスルーしてください。

 あと、既存カードの「現地の案内人」が食料カウントが5でないと使えなくなりました。
 これで、今までの初手「ギア+案内人」というポピュラーなコンボができなくなりました。
 今回のバトルエボリューションのカード内容を見れば、納得もできますね。

 では、本日はこのへんで失礼します。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

14:44  |  アップデート  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2009年12月25日(金) 22:39 |   |  【コメント編集】

●食料がいらないデッキを組んだのですが

今日対戦していただいたSHINOです。
いつも食料不足で泣くので食料のいらないデッキを組んでみました。
適当に組んだのですがどうでしたか?
最近、始めたばっかりなのでいろいろと至らない点はあると思いますがよろしくお願いします。
SHINO |  2009年12月27日(日) 00:56 |  URL |  【コメント編集】

SHINOさん、コメントありがとうございます。
そして、こちらこそ対戦ありがとうございました。

食料なしデッキですか~、確かにそれなら食料事故の心配はいりませんよね。
食料なしデッキは、前から使う人はいましたね。

そういうデッキでも、旧ゼリグやワンドラを入れて、戦術カードとして使う人もいますし、食料なしデッキといっても人それぞれで、対戦していて「なるほどな~」と感じることもあります。

もし、今の食料なしデッキがしっくりこないなあと思ったら、雛鳥りむさんの「雛小屋」で民兵雪崩というデッキが公開されています(URLは下記)ので、参考にしてみてはどうでしょうか。

http://lim-0.paslog.jp/article/1212667.html

私はデッキを組むときは、食料をギリギリまで削るので、食料事故は前提としています。

それでは機会があれば、また対戦をお願いします。
ケーアイ |  2009年12月27日(日) 01:57 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiaibl.blog88.fc2.com/tb.php/129-699dee56

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。