2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.12.18 (Fri)

開発公式ブログより

 新エキスパンションまで、1週間となりました。
 開発ブログも毎日更新され、新カード情報が公開されてますね。
 新カードの中では、すでに何人かの方が述べていますが、「斥候兵」から危険なものを感じます(イラストも違う意味で危険ですけど)。

 今日は、そんな開発ブログの 12/15 の「久しぶりのQ&A」について、私なりの所感を述べてみようと思います。

 一応、お断りしておきますが、これは私の個人的な見解を述べるものです。
 決して、開発スタッフの批判や、質問された方を非難するものではありません。



【More・・・】

【Q1】
 バトルネットでギャンブルモードができないのはなぜですか?

《所感》
 確かにギャンブルモードで気軽に対戦するというのは面白いと思います。
 そして、開発の回答にあるように、「手軽にギャンブル→カード配布がいまいち→切断」というのを防ぐために、実装していないというのも納得できます。
 まあ、今の画面ままでは、相手が普通に対戦したいのか、ギャンブルモードで対戦したいのかがわからないので、ギャンブルモードによる対戦ができるようするためには、画面を変更しないといけないですね。

 ただ、ギャンブルモードの対戦も実装された直後は、それなりに流行るとは思いますが、何回かやれば飽きてしまいそうな気がします。
 私自身は、ギャンブルモードはBPを手軽に増やして、カード入手を容易にする「救済モード」と考えています。
 ギャンブルモードで対戦すると、デッキ構築から行うので、対戦を開始するまでに時間がかかりますしね。
 私は対戦をスムースに行いたいので、バトルネットでギャンブルモードによる対戦ができるようになっても、利用する機会は少ないと思います。


【Q2】
 強い人が多すぎて初心者の自分はネット対戦で勝てない。ランク別に分けて欲しいです。

《所感》
 私が対戦を始めた頃と比べ、プレイ人口は増えているので、対戦を始めたばかりの人が勝つのは、確かに難しいでしょう。
 そして、条件を平等にするためには、「ランク」という概念も必要だと思います。
 ただ、ランク分けの境界線が微妙ですよね。
 レートで分けるのか、対戦回数で分けるのか、勝利数で分けるのか、勝率で分けるのか、どれも「帯に短し、襷に長し」だと思います。
 さらに、戦績リセット、名前変更ができるので、誰でも見かけ上は「初心者」になることができるというのも問題だと思います(戦績リセットや名前変更をするのがいけないと言う意味ではありません)。

 私の意見としては、「ランク分けしなくてもいいのでは?」という感じです。
 それは、バトルラインはカードシミュレーションゲームなので、運的な要素があるからです。
 アクションゲームなら、強い人には何をしても勝てないということはありますが、カードゲームの場合は、初心者でも強い人に勝てる可能性があります。
 現に、私は初心者の方に、なす術なく負けたことが数知れずあります。

 ただ、初心者の人の中には、レートの高い人ばかりが部屋に入ってくる「初心者狩り」みたいな目に遭っている人もいるようなので、そういうのを避ける意味では、ランク分けは必要かもしれません。


【Q3】
 第一弾のカードの○○を修正して欲しい。

《所感》
 開発の回答は、「パズルモードとの兼ね合いで修正できない」となってます。
 ○○に何が入るのかは、人それぞれでしょうが、パズルに影響するからという回答には「?」です。

 私も修正して欲しいカードがあります。
 それは、プルルのスキルをドロシーのように、スキルを使った次のターンは使えないようにするというものです。
 この意見に、反対する人はいると思いますが、FNBLなどの大会でプルルを入れたデッキが数多く上位に入賞していますから、プルルのスキルは最強、いや、最凶と言えると思います(もちろん、プルルを使いこなすには、かなりのプレイングスキルが必要です)。
 プルルと同じく、パトリーのスキルも替えて欲しいと言う意見もありますが、自陣奥にいてもスキルが使えるプルルとスキルを使うためには、前進しなければいけないパトリーでは倒される危険度に差があるので、パトリーはそのままでもいいかなと思います。

 話しが逸れましたが、開発の回答に「?」なのは、対戦とパズルのどちらが優先されるべきかと言うことです。
 パズルを投稿している人たちの問題は素晴らしいです(未だに解けない問題があるくらいですから・・・)。
 ただ、バトルラインというゲームの重点は、やはりオンライン対戦だと思うのです。
 パズル問題の更新が高いなら、対戦と同等の重要性を認めますが、今の更新頻度なら対戦を重視すべきではないでしょうか。
 新エキスパンションが出るので、それによって状況が変わるかもしれませんけどね。


【Q4】
 なぜ○○は英雄じゃなくて一般兵なんですか?

《所感》
 これについては、開発の回答に納得です。
 私は普段の対戦で、7つのデッキを使っていますが、使用している英雄は重複しているので22名です。
 バトルフォーメーション以前に、使用していた英雄を含めても28名です。
 現在の英雄の数は72名ですから、半分にも及びません。
 ですから、英雄になって使わなくなるよりは、一般兵となった方が使うかもしれません。


【Q5】
 デッキの公開機能はなんのためでしょうか? 公開したほうがいいの?

《所感》
 開発の回答では、初心者の勉強用的な位置付けのようですね。
 確かに、強い人と対戦したあとに、その相手のデッキが見ることができるのはいいことです。
 私は、デッキ公開をしていませんが、ブログでデッキを公開しています。
 現在の対戦で使用しているデッキは3つしか公開していませんが、年内には残りの4つも公開します。
 ということで、私と対戦した人は、このブログのカテゴリーの「デッキ構築・公開」よりデッキをご覧ください。
 私以外のバトルライン関係のブログを持っている人も、ブログでデッキを公開していますから、その中から自分に合いそうなデッキを選んで、対戦してみるのもいいと思います。


【Q6】
 バトルレートの数字的に上手い人の基準ってどれくらいですか?

《所感》
 一言で言いましょう。

 「あんなの飾りです。 初心者さんにはそれがわからんのですよ」


【Q7】
 うまい人が多くてバトルネットでなかなか勝てません( ´_ゝ`)

《所感》
 Q2でも言いましたが、プレイ人口は増えているので、対戦を始めたばかりの人が勝つのは難しいです。
 「勝って奢らず、負けて腐らず」というのは大事ですが、やはり、負ければ悔しいですよね(悔しいと思うのは、腐るとは違います)。
 私も初心者の方と対戦すると、慣れてない様子がわかるときがあります。
 だけど、それを笑ったり、バカにすることはありません。
 それは、私自身が通ってきた道ですから。
 最初は思うように勝てなくても、うまい人や強い人(念のため言っておきますが、私はどちらにも当てはまりません)と対戦していくうちに、布陣の仕方や戦術を使うタイミングは覚えていきます。
 ですから、「勝てない」ことを、それほど気にする必要はありません。
 大事なのは、強くなるために自分なりに考え、努力することだと思います。
 セガチューで例えるなら、こんな感じでしょうか。
 
    第13話グリーンヒル

 開発の方でも、初心者のための勝ちにつながる考え方講座みたいなのはやるようなので、そちらにも期待したいですね。


 以上、私の個人的な見解を述べさせていただきました。
 私の見解に、賛成の人、反対の人がいると思います。
 これを見て、気分を害された方がいれば、お詫びします。
 皆さん、いろんな考えを持って対戦をしていると思いますが、あくまでゲームですから楽しむことに重点をおいてプレイしたいですね。

 では、今日はこのへんで失礼します。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

14:24  |  プレイ日記・雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://keiaibl.blog88.fc2.com/tb.php/122-c1e478b9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。