2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.21 (Mon)

フィーリング・バトルライン(検証編・まとめ)

 本日もフィーリング・バトルラインです。
 昨日で食料を除くすべてのカードとの相性確認結果を報告しました。
 今回は、食料カードとの相性確認報告と、一般兵、英雄、戦術に分けたランキングを発表します。

 では、さっそく始めます。


1.食料カードとの相性確認
 新バトルラインではなくなってしまうカードなので、ここで確認しておかないといけません。
 ですが、今までのように食料39枚に目的のカード1枚というデッキ構成にはできません。
 また、適当に一般兵、英雄、戦術を39枚詰め込んで、食料1枚にすればいいというものではありません。
 そこで、今回の確認のために次のように確認用のデッキを作りました。

 1)一般兵、英雄、戦術の全てのカードを平均ドローターン数の昇順に並び替える
 2)並び替えたカードの140番目(ちょうど真ん中の順位)とその上位19枚、下位19枚をデッキに組み込み、食料カードを1枚加える
  ※ ただし、英雄は5枚しか入れられないので、その場合は1つ繰り上げます。

 このデッキ構成にすると、食料以外のカードのドロー率はすべて60%で、平均ドローターン数も中間に属します。
 このデッキで食料カードが60%であれば、相性は普通、ドロー率が80%以上なら相性は良い、40%以下なら相性は悪いと言えるでしょう。

 そして、確認した結果は次のとおりでした。

 食料確認結果

 先攻でのドロー率は80%、後攻でのドロー率は40%でした。
 先攻の方はやや食料少なめでも大丈夫ですが、後攻の場合は多少多めに入れた方がいいみたいですね。
 まあ、あくまでもドローユニットや、食料ブーストユニットを入れなかった場合の話しです。


2.一般兵相性ランキング
 続いては、一般兵の相性ランキングの発表です。
 ランキングは先攻部門、後攻部門、総合部門の3つで行いました。
 ランキング付の際の優先順位は次のとおりです。

 【先攻部門および後攻部門】
  1) 平均ドローターン数が少ない方を上位とする
  2) 平均ドローターン数が同じ場合は、ドロー率のいい方を上位とする
  3) 平均ドローターン数とドロー数が同じ場合は、早いターンでドローした回数が多い方を上位とする
  4) 上記の1~3が同じ場合は同位とする

 【総合部門】
  1) 先攻と後攻の平均ドローターン数の平均値が少ない方を上位とする
  2) 平均値が同じ場合は、先攻と後攻のドロー率の差が少ない方を上位とする
  3) 平均値とドロー率の差が同じ場合は、先攻、後攻の双方で布陣できた方を上位とする
    (先攻なら平均ドローターン数が19以下、後攻なら20以下)
  4) 先攻、後攻の双方で布陣できなかった場合は、先攻、後攻のいずれかで布陣できた方を上位とする
  5) 早いターンでドローした回数が多い方を上位とする
  6) 上記の条件で差がでない場合は同位とする

 これから発表するランキングには、平均ドローターン数とドロー率しか記載していません。
 したがって、平均ドローターン数とドロー率が同じでも順位が異なるカードがありますが、それは上記の優先順位に基づいた結果です。

 では、一般兵のTOP10の発表です。
 カードの下の値は上が平均ドローターン数、下がドロー率です。

   一般兵・1~3位
   一般兵・4~6位
   一般兵・7~8位
   一般兵・9~10位

 TOP10以外のランキングは以下からご覧ください。

  11~30位ランキング
  31~50位ランキング
  51~70位ランキング
  71~90位ランキング
  91~110位ランキング
  111~130位ランキング



2.英雄相性ランキング
 続いては、英雄の相性ランキングの発表です。
 一般兵と同様に先攻部門、後攻部門、総合部門の3つで行いました。
 ランキング付の際の優先順位も一般兵と同じです。

 では、TOP10の発表です。

   英雄・1~3位
   英雄・4~6位
   英雄・7~8位
   英雄・9~10位

 TOP10以外のランキングは以下からご覧ください。

  11~30位ランキング
  31~50位ランキング
  51~70位ランキング
  71~93位ランキング



2.戦術相性ランキング
 最後は、戦術の相性ランキングの発表です。
 部門分け、ランキング付の優先順位は同じです。

 では、TOP10の発表です。

   戦術・1~3位
   戦術・4~6位
   戦術・7~8位
   戦術・9~10位

 TOP10以外のランキングは以下からご覧ください。

  11~30位ランキング
  31~56位ランキング



 ということで、5月7日から始まったフィーリングバトルラインも46日目で終わりました。
 概算で1日6枚ずつ確認をしたことになりますね。
 長かったのか、短かったのかわかりません。
 このような企画記事に付き合ってくれた皆様方には、ただひたすら感謝です。

 これにて、フィーリング・バトルライン検証編を終わります!


 そして、しばらく間を空けますが、近いうちに フィーリング・バトルライン実践編 を開始したいと思います。
 実践編の概要は決まっていますが、詳細な点をもう少し煮詰めないといけません。
 詳細が決まり次第、当ブログで発表いたします。

 そんなわけで、むしばらくフィーリングバトルラインにお付き合い願います。

 では、本日はこのへんで失礼します。
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

12:00  |  フィーリング・バトルライン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.20 (Sun)

フィーリング・バトルライン(戦術編) ~その3~

 昨日の即席デッキ大会のレポートが思いのほか手間取り、更新が遅れてしまいました。
 更新を期待していた人(?)には、申し訳ないことをしました。

 本日はフィーリング・バトルラインです。
 戦術の最後です。

 残りの暗殺からマジックソードまでの結果発表です。


1.確認結果一覧
 まずは、先攻・後攻でのドローの確認をした結果です。

戦術確認結果その3

 【平均ドローターン数とは?】
  5回試してそのカードをドローしたターンの平均値です。
  ただし、目的のカードがドローできなかった場合は、最終ドローターン以降もカードをドローし続けたと仮定して、最後にそのカードをドローするターン数(先攻なら35ターン、後攻なら36ターン)を適用しています。

 【ドロー率とは?】
  5回の間に目的のカードをドローした確率です。
  たとえば、5回中3回ドローできた場合は、ドロー率は60%となります。


 戦術カード56枚×5回で、280回確認したわけですが、ドローできたのは先攻で172回、後攻で187回でした。
 パーセントにすると、先攻で61%、後攻で66%です。
 前回はパーセント表示していませんが、差は2%程度だったので、今回は先攻のドローが悪すぎたのか、後攻のドローが良すぎたようです。


2.ドローするターン数
 ドローしたターン数についての結果は次のようになりました。
 ちなみに、前回までのもの含んだ累計です。

各ターンにおけるドロー回数(戦術その1~3・先攻) 各ターンにおけるドロー回数(戦術その1~3・後攻)

 初手でドローが多いのは相変わらずですが、先攻の初手ドローは最後まで伸び悩みました。


3.ドロー率とその回数
 ドロー率の回数は次のようになりました。
 こちらも前回までの累計を含んでいます。

ドロー率と回数(戦術その1~3・先攻) ドロー率と回数(戦術その1~3・後攻)

 先攻の方は、前回までははっきりとした階段状になっていましたが、今回の結果でその差がほとんどなくなりましたね。
 と言うことは、ドロー率が40%、60%のものが多かったということですね。


4.相性のいい戦術? ~その3~
 さて、今回の確認で私と相性いい戦術は次のようになります。
 優先順位はこれまでと同じく、ドロー率→平均ドローターン数です。

戦術との相性その3(先攻) 戦術との相性その3(後攻)

 ご覧のように、やはり先攻のドロー率が悪いですね。
 それに対して、後攻はまたもや相性100%が複数でました。
 これで、相性100%の戦術カードは合計10枚ですよ・・・。
 喜んでいいのか微妙な組み合わせですけどね。


 と言うわけで、一般兵130、英雄93、戦術56の全279種類のカードについて、相性確認が終わりました。
 次回は、今までのまとめとして、相性ランキングを報告します。


 「え、なんですか?」

 「食料の相性確認はしないのかですって?」

 「ご安心ください、食料の相性確認もやります!」

 まあ、デッキの組み方に工夫が必要ですけどね。

 こんな感じで、今回のフィーリング・バトルラインはここまでです。
 では、失礼します。

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

15:30  |  フィーリング・バトルライン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.18 (Fri)

フィーリング・バトルライン(戦術編) ~その2~

 本日は、まりもさん主催の即席デッキ大会です!
 なんか、主催者の記事よりも、私のブログ記事で大会情報を確認している方もいるらしいので、一応ここでも告知しておきます。
 詳しい(?)ことは、こちらをご覧ください。

 本日はフィーリング・バトルラインです。
 今回は戦術の2回目です。
 だんだんとゴールが近づいてきます。

 今回は、ゲリラ戦術から発見された遺跡までです。


1.確認結果一覧
 まずは、先攻・後攻でのドローの確認をした結果です。

戦術確認結果その2

 【平均ドローターン数とは?】
  5回試してそのカードをドローしたターンの平均値です。
  ただし、目的のカードがドローできなかった場合は、最終ドローターン以降もカードをドローし続けたと仮定して、最後にそのカードをドローするターン数(先攻なら35ターン、後攻なら36ターン)を適用しています。

 【ドロー率とは?】
  5回の間に目的のカードをドローした確率です。
  たとえば、5回中3回ドローできた場合は、ドロー率は60%となります。


 前回からの累計すると、ドローできたのは190回中、先攻で121回、後攻で131回でした。
 後攻の方がドローできていると言えますが、分母が大きいのでそれほど大きい差ではありません。


2.ドローするターン数
 ドローしたターン数についての結果は次のようになりました。
 ちなみに下の結果は前回の結果も含めています。

各ターンにおけるドロー回数(戦術その1~2・先攻) 各ターンにおけるドロー回数(戦術その1~2・後攻)

 初手でドローする回数が多いというのは変わりませんが、先攻と後攻でかなり差がありますね。
 先攻では、終盤にドローする機会が多いようです。


3.ドロー率とその回数
 ドロー率の回数は次のようになりました。
 こちらも前回の結果も含んでいます。

ドロー率と回数(戦術その1~2・先攻) ドロー率と回数(戦術その1~2・後攻)

 先攻が階段状になってきましたね。
 前回は60%を中心に均等だったんですけどね。
 これは、今回は先攻の方が、後攻よりドローできているということでしょう。


4.相性のいい戦術? ~その2~
 さて、今回の確認で私と相性いい戦術は次のようになります。
 優先順位はこれまでと同じく、ドロー率→平均ドローターン数です。

戦術との相性その1~2(先攻) 戦術との相性その1~2(後攻)

 やはり若干、先攻の方がドロー率80%以上のカードが多かったですね。
 しかし、後攻は今回もドロー率100%が4枚という、驚異的な結果が出ました。
 これで、後攻のドロー率100%のカードは7枚となりました。

 残りの戦術は18枚です。
 ということで、次回で戦術編は最後ですね。

 ということで、今回のフィーリング・バトルラインはここまでです。
 では、失礼します。

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

12:00  |  フィーリング・バトルライン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.14 (Mon)

フィーリング・バトルライン(戦術編) ~その1~

 本日はフィーリング・バトルラインです。
 今回から戦術編に入ります。

 まずは、ファイヤーストームから突貫突撃までです。


1.確認結果一覧
 まずは、先攻・後攻でのドローの確認をした結果です。

戦術確認結果その1

 【平均ドローターン数とは?】
  5回試してそのカードをドローしたターンの平均値です。
  ただし、目的のカードがドローできなかった場合は、最終ドローターン以降もカードをドローし続けたと仮定して、最後にそのカードをドローするターン数(先攻なら35ターン、後攻なら36ターン)を適用しています。

 【ドロー率とは?】
  5回の間に目的のカードをドローした確率です。
  たとえば、5回中3回ドローできた場合は、ドロー率は60%となります。


 ドローできたのは100回中、先攻で62回、後攻で68回でした。
 やや、後攻の方がドローできているようですが、まだ戦術は残っているので、どうなるかはわかりません。


2.ドローするターン数
 ドローしたターン数についての結果は次のようになりました。

各ターンにおけるドロー回数(戦術その1・先攻) 各ターンにおけるドロー回数(戦術その1・後攻)

 初手でドローする回数が多いのは変わりませんね。
 まあ、初手でデッキ全体の約4分の1のカードを引くので、当たり前でしょうか。


3.ドロー率とその回数
 ドロー率の回数は次のようになりました。

ドロー率と回数(戦術その1・先攻) ドロー率と回数(戦術その1・後攻)

 後攻の方がドローできているので、こういう結果になりますね。
 ただ、戦術20枚中3枚で100%と言うのは、良すぎる気もします。


4.相性のいい戦術? ~その1~
 さて、今回の確認で私と相性いい戦術は次のようになります。
 優先順位はこれまでと同じく、ドロー率→平均ドローターン数です。

戦術との相性その1(先攻) 戦術との相性その1(後攻)

 後攻で槍スクラム4が、今までの最高記録の 4.4 を上回る 4.0 を記録したのも束の間で、矢ぶすまが先攻で 2.6 という驚異的なターン数をたたき出しました。
 まあ、理論上は先攻で 1.0、後攻で 2.0 という値が出る可能性もありますが、この記録を残りのカードで上回るのは厳しいでしょう。
 今回の確認では、槍スクラム4、ファイヤースト―ム、パリィとの相性が先攻と後攻の両方でいいようです。

 今回のフィーリング・バトルラインはここまでです。
 では、失礼します。

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

13:18  |  フィーリング・バトルライン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.10 (Thu)

フィーリング・バトルライン(英雄編) ~その5~

 本日はお約束どおり、フィーリング・バトルラインの英雄編の第5弾です。
 英雄編の最後になります。

 最後は伝説の侵略者イ・ベイザーから魔像ジョイメルまでです。


1.確認結果一覧
 まずは、先攻後攻での各英雄のドローの確認した結果です。

英雄確認結果その5

 【平均ドローターン数とは?】
  5回試してそのカードをドローしたターンの平均値です。
  ただし、目的のカードがドローできなかった場合は、最終ドローターン以降もカードをドローし続けたと仮定して、最後にそのカードをドローするターン数(先攻なら35ターン、後攻なら36ターン)を適用しています。

 【ドロー率とは?】
  5回の間に目的のカードをドローした確率です。
  たとえば、5回中3回ドローできた場合は、ドロー率は60%となります。


 英雄93種類に対して5回ずつ試した結果は全465回になります。
 そのうち、先攻で283回、後攻では285回ドローできました。
 先攻、後攻ともほぼ差はありませんでした。
 前回までは、後攻の方がドローが良かったので、最後は後攻でのドローが悪かったことになります。


2.ドローするターン数
 全英雄のドローしたターン数についての結果は次のようになりました。

各ターンにおけるドロー回数(英雄その1~5・先攻) 各ターンにおけるドロー回数(英雄その1~5・後攻)

 傾向は前回と同様です。
 初手を除いた他のターンでのドロー回数の差は先攻で7、後攻で17でした。
 初手以外で最もドローが多かったのは、先攻で3ターン眼、後攻で4ターン目、逆に最もドローが少なかったのは、先攻で9ターン目、後攻で10ターン目と、これも先攻と後攻で同じ結果でしたね。


3.ドロー率とその回数
 全英雄のドロー率の回数は次のようになりました。

ドロー率と回数(英雄その1~5・先攻) ドロー率と回数(英雄その1~5・後攻)

 こちらも前回までと同じ傾向です。
 先攻は60%うを平均にして、若干相性がいい感じなのに対して、後攻は相性のいい英雄と悪い英雄で分かれています。


4.相性のいい英雄? ~その5~
 さて、今回の確認で私と相性いい英雄は次のようになります。
 優先順位はこれまでと同じく、ドロー率→平均ドローターン数です。

英雄との相性その5(先攻) 英雄との相性その5(後攻)

 ご覧のように、後攻のドロー率が悪いことが分かると思います。
 前回までは5%近く後攻の方がドロー率が良かったのに、最後でほとんど差がなくなりました。

 さて、すべての一般兵と英雄についての確認が終わりました。
 これで 「最も相性のいいユニットを検証」 という依頼は果たしたことになります。

 しかし、仮に相性のいいユニットでデッキを組んでも、戦術との相性が悪ければ意味がないのではないかという疑問が残ります。
 ごく一部からは戦術もがんばってという意見もありますしね。

 そういうわけで、フィーリング・バトルラインは次回より戦術編に突入します!

 私の今の心境をカッコ良く表現すると次のような感じです。

第25話_神の落ちモノ

 ゆ○○ん、ごめんなさい・・・。

 今回のフィーリング・バトルラインはここまでです。
 では、失礼します。

テーマ : ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

13:25  |  フィーリング・バトルライン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。